MOS資格・パソコン資格

MOS資格のパワーポイントってどんな資格?徹底的に調べてみました

MOS(microsoft office specialist)はオフィスソフトを使いこなせるパソコンスキルのレベルを証明する資格です。人気度、認知度共にトップクラスです。

受験科目は、Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)、Access(アクセス)、Outlook(アウトルック)の5科目があります。

特にビジネスで使う機会が一番多いのはエクセルですが、会議の資料作成やプレゼンなど、パワーポイントは大事な場面で活用することが多いソフトです。

また、就職や転職の際にも、パソコンの資格を取得している方がよいとされる傾向が強いですので、資格は取得しておいて損はないでしょう。

そこで今回は、MOS PowerPoint(パワーポイント)についてどのような試験かまとめてみました。

MOS資格パワーポイントってどんな試験?

MOS資格パワーポイントってどんな試験?

MOSパワーポイントがどんな試験なのか、まずは解説します。

そもそも、パワーポイントというのは、マイクロソフト社が開発したアプリです。

会社の会議やプレゼンテーション、セミナーや勉強会などでよく利用されているので、見たことがある人も多いのではないでしょうか。

このパワーポイントは、同じマイクロソフト社のエクセルやワードと共によく使われるソフトなのですが、活用するにはそのためのスキルを向上させる必要があります。

パワーポイントの特徴

エクセルは表計算ソフトなので、関数などを使用したデータベースや計算、グラフなどのデータ処理に活用されることが多く、いかに効率よく作成し使えるようにするかという所が実務でも要になります。

また、ワードでは案内文などであれば全体的な体裁を整えつつ、バランスの良い文書にしたり、長文であれば目次や脚注などを活用し読みやすい文書にするという所がポイントになります。

一方、パワーポイントは上記の両方を活かす技術が必要です。1枚のスライドにパッと見て読みやすい文章、わかりやすいデータの表示など大きなスクリーンに映すからこそのスキルが必要不可欠になります。

そのスキルを問われるのがMOSパワーポイントで、合格すればそのスキルを証明することにつながります。

パレハの安心MOS講座

こんな人にオススメ

こんな人にオススメ

  • 会社での仕事をもっと効率よくこなしたい
  • もっとプレゼンの資料をわかりやすく作成したい
  • 就職や転職のためにスキルを身につけたい
  • 基礎から学びつつ資格も取得したい

業務の効率を上げたい人はもちろん、資格を取得して企業面接でアピールしたい人にもおすすめの資格です。

就職や転職のアピールとして資格取得を目指している人は、エクセルとワードも併せて取得するとさらに良いでしょう。

MOSパワーポイントをザックリ解説

MOSパワーポイントをザックリ解説

  • プレゼン資料を作成したり、資料集を作る仕事に就くなら取得したほうが良い
  • パワーポイントを使ったことがなく全体像を知りたい人
  • 履歴書に書ける資格が何もない人
  • 必要な勉強時間:30~80時間(個人差があります)
  • 全国のパソコン会場で受けることが出来る
  • 試験時間は50分
  • マークシートではなく実技試験
  • 試験代金は10,780円(学割の場合8,580円)

このあたりがザックリとしたポイントになります。

あなたは当てはまるでしょうか?

MOS PowerPointの試験概要

MOS PowerPointの試験概要

MOSパワーポイントを詳しく解説してきますね。

MOSパワーポイントは、MicrosoftのPowerPointを使ったプレゼンテーションの作成および管理、編集能力や画面表示を見ながらの操作全般をチェックするための実技試験になります。

バージョン

バージョン

2022年4月の現段階でMOS PowerPoint(パワーポイント)のバージョンは

  • MOS PowerPoint 365&2019
  • MOS PowerPoint 2016
  • MOS PowerPoint 2013

となっていて、最新の試験は「MOS PowerPoint 365&2019」となっています。

企業で使用しているのが2016というような特別な理由がない限りは、その時点での最新のバージョンを受験するのがオススメです。

パワーポイントの主な機能は、スライドマスターの編集や変更や更新・書式の設定や切り替え・アニメーションの挿入・スライドショー関連・アウトライン・印刷など複数あります。

それらのスキルを目的に合わせて使用できるのかどうかを、MOSパワーポイントの実技試験では試されます。

プレゼンテーションの作成や編集のスキルは、仕事で必要とされることが多いです。

ですので単に知識やスキルを頭で覚えるだけにとどまらず、実際の仕事で活用できるのが魅力です。

その意味も強いので、MOSパワーポイントの資格を取得メリットは小さくありません。

パソコン教室のパワーポイント講座で、しっかりと学んでから受験する人もいます。

レベル

レベル

MOSパワーポイントは、どのバージョンについても一般レベルのスペシャリストしかありません。

試験時間

試験時間

試験時間は50分となっています。

受験資格

受験資格

MOSパワーポイントに受験資格はないので、誰でも受験が可能です。

受験料

受験料

MOSパワーポイントの受験料は

  • 一般:10,780円(税込)
  • 学割:8,580円(税込)

となっています。学割なら税込でも10,000円以下です。

学割を利用して受験する際は、受験当日に必ず学生証を持参しましょう。

合格発表

合格発表

合否は試験終了直後に、画面に結果が表示されます。

当日は、試験結果を印刷した用紙を受け取って帰れます。

認定証は後日4~6週間くらいで自宅に郵送されますが、それまでに資格を取得したことの証明が必要な場合には、デジタル認定証で証明が可能です。

ワードやエクセルと同様に、MOSの中で重要視されている資格の1つなので、就職や転職の際にもアピールになりますね。

MOSパワーポイントの試験内容

MOSパワーポイントの試験内容

MOSパワーポイント公式サイトには下記のように出題範囲が記載されております。

  • プレゼンテーションの管理
  • スライドの管理
  • テキスト、図形、画像の挿入と書式設定
  • 表、グラフ、SmartArt、メディアの挿入
  • 画像切り替え
  • アニメーションの適用
  • 複数のプレゼンテーションの管理

このあたりがザックリとした試験範囲になります。

詳しくは下記をご覧ください。

項目内容
プレゼンテーションの管理スライド、配布資料、ノートマスターの変更
プレゼンテーションのオプションや表示を変更する
プレゼンテーションの印刷設定を行う
スライドショーを設定する、実行する
共同作業用にプレゼンテーションを準備する
スライドの管理スライドを挿入する
スライドを変更する
スライドを並べ替える、グループ化する
テキスト、図形、画像の挿入と書式設定テキストを書式設定する
リンクを挿入する
図を挿入する、書式設定する
グラフィック要素を挿入する、書式設定する
スライド上の図形を並べ替える、グループ化する
表、グラフ、SmartArt、3Dモデル、メディアの挿入表を挿入する、書式設定する
グラフを挿入する、変更する
SmartArt を挿入する、書式設定する
3Dモデルを挿入する、変更する
メディアを挿入する、管理する
画面切り替えやアニメーションの適用画面切り替えを適用する、設定する
スライドのコンテンツにアニメーションを設定する
アニメーションと画面切り替えのタイミングを設定する

このあたりが試験範囲となります。

MOS資格パワーポイントの特徴・難易度

MOS資格パワーポイントの特徴・難易度

MOSパワーポイントの難易度は、それほど高いわけではありません。

何も学ばずにいきなり合格できるほど簡単ではないものの、実際に仕事で使っていたりしっかりと対策して受験すれば、高確率で合格できるぐらいの難易度です。

MOSのエクセルやワードやアクセスと比較した場合、パワーポイントのほうが簡単だといえるでしょう。

なぜならパワーポイントには、上級レベルのエキスパートがないからです。

資格取得が飛び抜けて難くないという特徴があるため、取得しやすさを優先する人にMOSパワーポイントはおすすめです。

もしも難易度が高かったら、繰り返し受験しなければいけないリスクがあります。

ですがMOSパワーポイントの難易度なら、一発合格を十分期待できます。

また実践的な資格ですから、職場で活用したい人が受験する傾向が強いのも特徴の1つです。

基礎はもちろん応用まで幅広く問われる内容の試験ですから、合格すれば職場でパワーポイントを有効活用できるようになります。

MOS資格パワーポイントのおすすめ勉強法

MOS資格パワーポイントのおすすめ勉強法

独学で学習をする場合

独学で学習をする場合

MOSパワーポイントは、ソフトとテキスト教材や問題集を購入すれば独学での勉強が可能です。

ですので独学に自信がある人は、MOSパワーポイントの概要と問題の出題範囲一覧や科目などを確認してチャレンジするのも間違いではありません。

日頃からパソコンを使い慣れている人でPCスキルがある人は独学でも十分合格できるでしょう。

テキストにCD-ROMが付属されています。インストールすると本番さながらの模擬試験をすることができます。

採点も分析もしてくれるので、受験までの目安にもなりますね。

インターネットから、便利な学習ツールなどもダウンロードができるので、活用してみるといいでしょう。

パソコン教室での学習がオススメな人

パソコン教室での学習がオススメな人

ですが独学は厳しいと感じて自信がない場合は、パソコン教室のパワーポイント講座の受講がおすすめです。

パソコン教室のパワーポイント講座は人気なので、受講者数は少なくありません。

グループで受講する場合もあります。

パソコン教室の場合、受講者が理解やすいように情報た注意点をまとめたオリジナルのテキストを使っていたり、じっくりと丁寧に講師が解説やサポートをしてくれる環境が魅力です。

またわからない部分はすぐに聞けますし、比較的楽しみながら学べるのもパソコン教室の良さです。

MOS試験の試験会場になっているパソコン教室なら、さらに良いですね。随時試験会場であれば、生徒さんの一番いいタイミングで受験することができるでしょう。

「どんな講座なのか不安だ」という人のために、まず価格を気にせず無料で講座のレッスンを体験できる有名なパソコン教室もあります。

もしもMOSパワーポイントを独学できそうにない場合は、パワーポイント講座のあるパソコン教室が紹介されているサイトをネットで検索してみて下さい。

MOS資格の勉強方法や勉強時間合格までどのくらいかかるか調べてみた

MOS資格パワーポイントの勉強をするメリット

MOS資格パワーポイントの勉強をするメリット

パワーポイントの勉強をすることには、いくつかのメリットがあります。

まず第一に挙げたいのは、パワーポイントが会社の仕事やサービスで役立つ点です。

たとえば営業で使うグラフ・表・コンテンツ・図形・画像なども含めたプレゼン資料の作成や制作を、何から何まで自分でできるようになります。

さらに企画を出す際の企画書の作成もできるようになりますから、事務作業面での効率アップを見込めます。

またプレゼン資料や企画書のクオリティを高められるのも、パワーポイントの勉強をするメリットです。

プレゼン資料や企画書は、ただ作成すれば良いわけではありません。

冒頭にお話ししたように、パッと見て伝わりやすい、わかりやすいということがパワーポイントには求められます。

クオリティが高いプレゼン資料や企画書ほど、内容が相手に伝わりやすいです。

つまりパワーポイントの勉強を一切していない人より、仕事の成果が出やすくなるのは言うまでもありません。

さらにパワーポイントのスキルを身につけて自由自在に使いこなせるようになれば、スペシャリストとして教える側の立場に昇進する可能性もあります。

昇進すれば昇給も見込めますし、周囲からの信頼も厚くなります。

パワーポイントを勉強すれば、これらのメリットに期待できます。

MOS資格パワーポイントの試験日程・申し込み方法

MOS資格パワーポイントの試験日程・申し込み方法

試験には全国一斉試験と随時試験の2通りの形式がありますが、どちらも内容に違いはありません。

試験会場は全国各地にありますから、基本的にはどこに住んでいても受験可能です。

ただ全国一斉試験よりも、随時試験のほうが実施されている回数が多いので、計画も立てやすく受験しやすいです。

一斉試験

一斉試験

全国一斉試験は、ネットにて申し込みできます。

試験は毎月1回もしくは2階の頻度で実施され、試験当日の1ヶ月半前ぐらいのタイミングから申し込みの受け付けが始まります。

ただ申し込み手続きの前には、受験者IDの登録と受講料の支払いを行う必要があります。

申し込み後に詳細を記載した受験票が郵送されますので、内容を確認し用意したうえで試験会場に行って受験して下さい。

随時試験

随時試験

一方の随時試験は、各試験会場ごとで個別に試験が開催されます。

試験会場は全国に1,700以上ありますので、自宅近くの安心できる会場で受験可能です。

試験の申し込み方法ですが、試験会場でできます。

受験者IDの登録が必要なのは、全国一斉試験と同様です。

試験当日になったら、会場に行って受験して下さい。

試験に合格すれば、それを証明する認定証が発行されます。

申し込みの締め切りはだいたい2週間前くらいがほとんどなので、特に独学の人は計画的に学習スケジュールを組むことが必要です。

パソコン教室で学習する人で、随時試験の会場になっている教室を選んだ方は、一番いいタイミングで受験ができるでしょう。入会前に確認しておくといいですね。

MOS資格について詳しく知りたい方は下記をご覧ください。

MOS資格とは?|パソコンの人気試験を徹底的に調べてみた

パソコン教室パレハのライン登録

ココがおすすめ

パソコン教室へのお問い合わせはこちらから

お問い合わせはこちら

    【 お名前 *必須

    【 携帯電話 *必須

    【 ご希望授業 *必須
    実店舗レッスンオンラインレッスン企業研修パソコン修理依頼

    【 ご質問などあればご記入ください 】

    お問い合わせいただきありがとうございます。送信ボタンを押した後、下に「内容を送信しました。ありがとうございます。」とでれば送信完了です。「090-9503-8923」の電話番号にておかけします。説明会の日時を決めさせて頂けたらと思います。

    お問合せリンク画像

    ココがおすすめ

    オンライン対応しております

    オンライン対応しております

    パソコン教室でのレッスン」も「Zoom(ズーム)」を利用した「オンラインレッスン」どちらも対応可能です。

    パレハのパソコンレッスンは、オンラインなのに「生で質問」出来るのが特徴です。

    詳しくは下記をご覧ください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハ直営校

    パソコン教室パレハ直営校

    ■ パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

    ■ パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

    ■ 広島市西区にあるパソコン教室パレハ横川校|マンツーマン教室

    ■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校・静岡市葵区伝馬町校

    ■ オデッセイCBT・サーティファイ試験申込パソコン教室パレハ伝馬町校

    ココがおすすめ

    パソコン教室パレハグループ加盟校

    自信をもってご紹介できるパソコン教室

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    下記はパレハグループ加盟校となります。

    料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

    ■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

    ■ 岩出市にあるパソコン教室 「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

    ■ 愛知県名古屋市緑区にある有松パソコン教室

    ■ 愛知県名古屋市緑区にあるパソコン教室 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

    ■ 福岡県福岡市中央区にある福岡市パソコン教室平尾校

    ■ 福岡県福岡市中央区にある 「福岡市パソコン教室平尾校」の公式サイトはこちら

    ■ 調布市にあるパソコン教室キュリオステーションつつじヶ丘店

    ■ 調布市にあるパソコン教室「キュリオステーションつつじヶ丘店」の公式サイトはこちら

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

    ■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

    全国加盟校一覧

    全国のパソコン教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

    ココがおすすめ

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    オンライン形式をご希望の方はこちら

    東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Zoomを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

    オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

    ココがおすすめ

    パソコン教室講座一覧はこちら

    パソコン教室講座一覧はこちら

    他にもパソコンの講座は多数ございます。

    詳しくは下記をご覧ください。

    パソコン教室の受講コース案内(講座のご紹介)

    ココがおすすめ

    パソコン教室に関連する情報はこちら

    こちらも是非ご覧ください

    ココがおすすめ

    MOS資格の情報はこちら

    MOS資格は役に立たない?使えない?|役に立つ人と立たない人の違いがある

    MOS資格|履歴書への正しい書き方完全公開|2022年最新版

    MOSエキスパートとスペシャリストの違い|パソコン講師が徹底解説

    MOS資格は独学で取得できる?初心者でも合格できる具体策を公開

    MOSのMac版はありません|資格を取得する方法公開

    MOS受験料一覧|各バージョンや項目の価格はこちら

    ココがおすすめ

    パワーポイント操作の詳しい情報

    パワーポイントとは?|初心者向けに解説&使い方|動画付き

    パワーポイントで動画のサムネイルを作る方法|動画解説付き

    パワーポイントでチラシ作成方法|わかりやすい動画解説付き

    パワーポイントでオートシェイプ(図形)の使い方|動画解説

    メールの画像

    メールはこちら

    ラインの画像

    LINEはこちら

    電話の画像

    お電話はこちら