起業・開業

開業資金の平均はいくらかかる?業種別に解説します

  1. HOME >
  2. 起業・開業 >

開業資金の平均はいくらかかる?業種別に解説します

開業を考えているオーナーの場合、気になるのが開業資金といえるでしょう。

どの程度の開業資金が必要なのかは、店舗の規模や各業種によっても異なるものです。

開業資金が分かれば、日本政策金融公庫や金融機関から融資を受けるためにも、どのくらいの自己資金を用意すべきか判断できるようになります。

スムーズに開業するためにも開業資金の平均をリサーチしておくことは大切なので、ここでは各業種別で開業資金の平均金額を解説していきます。

カフェで開業する場合

多くの人が開業に憧れを持つのがカフェです。

資金にゆとりができた中高年の方にとって、学生時代に流行したマンガといえば自宅の1階をカフェにした模写が印象深いともいえます。

カフェはテナント、自宅、移動式があり、立地条件や坪単価で大きく変動しますが、100~1,000万円程度となります。

開業資金の平均でみると500万円前後は必要といえるでしょう。

カフェに求められるのはゆったりとした開放感がある作りで入りやすい雰囲気も大事です。

内装工事に費用がかかるのが特徴的です。

新規参入がしやすく、ライバルが多いのもカフェならではの苦悩ともいえるでしょう。

飲食店で開業する場合

居酒屋や焼き肉、回転寿司、中華料理などカフェよりも料理がメインとなりそうな業態の場合、換気用のダクト1つとっても追加工事が必要となるケースがあります。

厨房のレイアウトでも内装工事費用が大きくかかることもあるでしょう。

ファミリー層をターゲットにしている店舗の場合、テーブル席を多く配するなど少し大型店舗にしないといけませんから都会に近いとなると高額の家賃が発生してしまいます。

各業種で開業資金も異なりますが、300~1,500万円とくらいの相場といえます。

平均では500~700万円となり、居抜き店舗の場合には開業資金を抑えることができますが、新築の場合は1,000万円を超える資金が必要になるケースがあります。

エステやネイルサロンで開業する場合

女性に人気の仕事といえばエステやネイルサロンです。

近年ではお店を構えない出張型のスタイルも人気があります。

テナントでお店を構える場合では300~1,000万円ほどの開業資金が必要となります。

リピーターが付きやすい業態ですし、落ち着いた空間を演出させるためにも、ある程度内装工事にコストをかけた方が無難といえるでしょう。

開業資金の平均では600万円前後になりますが、専用の器具をリースする場合、運転資金を使わないように注意が必要です。

美容室で開業する場合

美容師に憧れる人が多いのはいつの時代も同じといえます。

美容室で開業する場合には店舗の広さはもちろん、専用の機械を揃えないといけません。

内装工事よりも設備投資に費用がかかってしまうのが特徴といえるでしょう。

美容室を開業するには500~3,000万円は開業資金が必要です。

1~2人で開業する場合には同時間に来店するお客自体が1~2人程度ですので、店舗も大きい物件を擁しません。

従業員を2人~3人ほど雇う場合は、同時間帯にスタッフ以上のお客を集客しなくてはなりませんので、リクライニングチェアを含めた設備投資と店舗の規模により、1,000万円を超える開業資金が必要になってくるケースもあります。

学習塾などスクール系で開業する場合

少子化の波が大きいとはいえ、学習塾や英会話、パソコン教室といったスクール系の需要はまだまだ求められています。

将来へ向けて必要となる知識やスキルを身に付けたいと思う親や社会人が多く見受けられるようになったからです。

教材費やパソコン・タブレットなどの通信費、システム登録料に維持費、意外なところで光熱費が運転資金を圧迫していきます。

開業資金は100~1,000万円で平均的には5~600万円で店舗を構えることができます。

クリニックで開業する場合

医療の分野でクリニックを開業する場合、やはり設備投資にお金がかかります。

主に耳鼻科・眼科・歯科などがありますが、どれをとっても専用の設備が必須です。

清潔感のある空間を作らないといけませんし、診察室や処置室、待合室は別で用意する必要があるので、どうしても店舗は広くなってしまいます。

都心や駅前、住宅街など立地条件にもよりますが、開業資金は1,000~10,000万円と比較的高額な資金が求められます。

士業で事務所を借りて開業する場合

弁護士や税理士、弁理士、社会保険労務士、公認会計士といった士業で開業する場合、自宅をオフィスにすることも考えられますが、クライアントと対面して話す機会が多い業種ですので、事務所を借りて開業することが多くなります。

ただ、テナント自体の広さはそれほど必要ではないでしょうから、開業資金を安く抑えることも可能といえます。

家賃のほかにも光熱費や通信費に毎月のコストがかかりますので、集客が見込めない最初の数か月は十分な運転資を用意しておかなくてはなりません。

開業資金の平均は500万円前後といえます。

まとめ

開業するにあたって立地条件や業種によって異なりますが、開業資金を安く抑える努力は必要です。

クリニックのように開業資金が高額になるケースもあり、開業したい業種に対して自身がどれほどの自己資金を用意できるか、どのくらい開業資金が必要かはしっかりとリサーチする必要があるでしょう。

-起業・開業

© 2021 教室ビジネス 集客どっとこむ Powered by AFFINGER5