資金・費用・経費

開業資金の融資審査に通る方法|重要な3つの項目と通らない3つの理由

  1. HOME >
  2. 資金・費用・経費 >

開業資金の融資審査に通る方法|重要な3つの項目と通らない3つの理由

自己資金が足りないため、開業資金として融資を受けたいと思っても、審査に通るか不安という方は多いです。

そこで開業資金の融資審査における重要な3つの項目と審査に通らない3つの理由を紹介していきます。

融資審査前に何をすれば良いのかわからないという方は参考にしてください。

開業資金の融資審査における重要な3つの項目

開業資金の融資審査において、特に重要なのは以下の3つの項目です。これらの項目を意識して審査に臨むことで融資が通る可能性が高くなります。

  • 自己資金
  • 開業業種の経験の有無
  • 事業計画書の内容

それぞれ解説していきます。

低資金でも開業は可能

開業するときに大きな障害になるのが「資金」です。

開業するには多額の資金が必要だと思い込んでいませんか?実は、低資金で起業している人は少なくありません。

自己資金が足りない、足りるかどうか心配という場合に、低資金でも開業できるビジネスについて解説しています。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

低資金で開業できる仕事|費用を抑えて独立する方法

開業したい時の大きな障害となる資金問題。 「開業したいけど、資金が足りるか心配」という方は多いです。 そこでこのページでは低資金で開業できるビジネスを紹介していきます。 開業の実態を紹介 低資金で開業 ...

続きを見る

資金ゼロからの起業

自分でビジネスを始めるときにまず考えるのは「資金」のことかもしれません。

そもそも資金がないという人や、資金を使って始めても、失敗したらと考えるとリスクを負いたくないという場合もあるでしょう。

資金なしで始められるなら、起業したい!と思いますか?

まずは興味のある仕事をコストゼロで始めてみるのはいかがですか。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

資金なしで始められる仕事5選とそれぞれの特徴を紹介

自分でビジネスを始めたいと考えた時に、ネックになるのが多くの仕事は資金が必要なことです。 資金がないという方も、資金を使ってリスクを負いたくないという人もいるでしょう。 しかしいくつかの仕事は資金なし ...

続きを見る

支援制度も利用しよう

自己資金が足りない場合には、融資を受ける以外に方法はないのでしょうか。

資金面で役立つもののひとつに「独立開業支援」があります。国や自治体の助成金や補助金などの支援制度はどんなものがあるのでしょうか。

『利用しないともったいない!』と言える支援制度について、知っていて損はありません。

利用できるものは最大限活用しましょう。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

独立開業支援にはどんなものがあるの?徹底的に調べてみた

今は会社員として日々頑張って働いていても、いつかは独立・開業してお店を持ちたいと考えている人もいるでしょう。 しかし、独立開業には何かとお金や時間がかかりますし、本当に成功するのか不安になってしまいま ...

続きを見る

自己資金

自己資金は、事業の成功の可能性と融資対象者の適性を測る重要な指標となります。

自己資金の確認時には、面談で通帳を見せることが多いです。次の3つのポイントが見られます。

自己資金の金額

融資希望額に対して、適正な自己資金額が準備されているかを確認されます。

自己資金が十分でない場合、準備を怠っている印象を与えてしまい、大きなマイナスです。

日本政策金融公庫から創業融資を受けるための自己資金比率の要件は2014年より融資額の10分の1に緩和されました。

しかし3分の1以上が望ましいです。

自己資金の準備方法

自己資金がどのように準備されたのか以下の点を中心に確認されます。

  • 自己資金は毎月の給料から貯蓄したものか
  • 自己資金額と給料の整合性はあるか
  • 消費者金融などからの借入はないか

不審な入金、出金

通帳に多額の出金や出金の記録がある場合、不審に思われます。理由を説明できるようにしましょう。

昔から貯めていたお金を口座間移動したときや、資産を売却したとき、株式の売却、親からの支援などの際には、証憑を用意しておきます。

開業業種の経験の有無

開業経験がある方が、融資審査に通りやすいです。

日本政策金融公庫は「現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方」は自己資金要件を満たす必要がない例外としています。

このことからも、開業業種の経験の有無を重視されていることは明らかでしょう。

経験がなければ審査に通らないというわけではありませんが、可能性が低くなり、融資額も小さくなる傾向があります。

可能であれば、1年程度でも起業したい業種で働いて経験を積むことをおすすめします。

事業計画書の内容

3つ目のポイントが事業計画書の内容です。事業計画書は決まったフォーマットはないため、自由に記述します。

要点を押さえたわかりやすい事業計画書を作成しましょう。

特に重要なのは次の4つです。

創業計画書

金融機関指定のものが用意されているケースが多いです。以下の内容を記述します。

  1. 創業の経緯
  2. 経営者の略歴等
  3. 取扱商品・サービス
  4. 取引先・取引関係等
  5. 従業員
  6. お借入れ状況
  7. 必要な資金と調達方法
  8. 事業の見通し(月平均)
  9. 自由記述欄

ただし指定のものだけでなく、事業に役立ちそうな自身の経験、セールスポイント、販促方法にクローズアップしたオリジナルの創業計画書も併せて提出する方は多いです。

売り上げ計画書

売り上げ計画書を1ヶ月単位で3年分ほど用意します。主観的な予想ではなく、客観的なデータに基づき売り上げを達成できると考える根拠を明らかにしながら作成していきましょう。

類似企業や、類似店舗のデータを可能な限り収集して役立てることをおすすめします。

損益計画書

開業後にかかる費用を1ヶ月単位で3年分ほど用意します。

人件費や光熱費などの固定費は毎月同じで良いので、できるだけ正確に計算しましょう。

変動費も売り上げ計画書で計算した売り上げとの整合性に注意しながら計算していきます。

資金繰り表

資金繰り表は一定期間における現金の収入や支出を表にしたもので、資金のショートや黒字倒産を防ぐ目的で利用されることが多いです。

資金繰り表も1ヶ月単位で3年分ほど用意します。

開業資金の融資審査に通らない3つの理由

次の3つに当てはまる場合、開業資金の融資審査に通らない可能性が高いです。

  • 信用情報に問題がある
  • 副業に対する融資
  • 希望額が高い

それぞれ解説していきます。

信用情報に問題がある

信用情報に問題点がある方は「融資をしても、返済を怠るのではないか」と思われてしまいます。本人に限らず、株主や役員、両親の信用情報も重要です。以下の経験がある方は注意しましょう。

  • クレジットカードやカードローン、携帯電話代金の返済延滞
  • クレジットカードの強制解約
  • 債務整理
  • 代位弁済

なお過去に滞納があった方でも、5年-10年経過すれば信用情報はリセットされます。

副業に対する融資

副業で融資を受けるのは難しいです。

株や不動産への投資などを除く一般的な副業であれば、融資は可能ですが、難易度は高くなります。

希望額が高い

自己資金に対して希望額が高いと、融資の審査に通りにくいです。

日本政策金融公庫の平均融資単価は700万円程度と言われており、最頻値は300万円から500万円と言われています。

700万円を超える融資は難しいと考えましょう。

まとめ

開業資金の融資審査では、「自己資金」「開業業種の経験の有無」「事業計画書の内容」が重要になります。

機関によって異なりますが、日本政策金融公庫などでは融資審査に一度落ちると半年は審査を受けることができません。

可能な限り自己資金を貯め、開業予定の業種を経験したうえで、説得力のある事業計画書を作成し、万全な状態で開業融資審査を受けましょう。

自己資金なしで新規開業資金を集める方法とは?0円からの起業

上記の記事では、さまざまな融資の制度を解説しているので、ぜひ参考にしてください。

-資金・費用・経費

© 2021 教室ビジネス 集客どっとこむ Powered by AFFINGER5