フランチャイズ

フランチャイズの違約金は高額?注意したいポイントを解説

  1. HOME >
  2. フランチャイズ >

フランチャイズの違約金は高額?注意したいポイントを解説

自営業として独立を目指す人の中には、フランチャイズの契約を締結して起業される方も少なくありません。

各業界独自の豊富なノウハウや経験値などを得られるメリットがあり、さまざまな業界でフランチャイズ形態は増えてきています。

しかし一方で、フランチャイズの契約終了時のトラブルも増えてきているのが現状です。

その多くは違約金の発生。契約時の条件に何らかの違反があった場合に、本部から請求される費用のことです。

この記事ではフランチャイズ契約の違約金について、種類や注意しなければいけないポイントなどをご紹介します。

これからフランチャイズでの独立を検討される方、今まさに契約終了を検討されている方はぜひ参考にしてください。

フランチャイズの主な契約終了方法

フランチャイズ契約では多くの場合に契約期間が定められています。

何も問題がなければ更新を行い、契約は継続されていきますが、契約の終了を希望するケースでは次の3つの契約終了方法があります。

どのような方法があるのか、1つずつ見ていきましょう。

中途解約

契約期間の途中で契約終了することを中途解約または任意解約といいます。

多くの場合、中途解約では違約金が発生し、保証金の返還などもありません。

契約書に中途解約時の条項について記載されている場合は、「すべての条件に合意している」とみなされるため、違約金が発生する場合もその金額に従う必要があります。

契約書に契約期間や中途解約に関する条項が記載されていない場合は、本部と加盟者が話し合いを行い、合意に達する必要があります。

契約終了

定められた契約期間満了を迎え更新をしない場合は、契約終了となります。

定められた契約期間をきちんと終了しているため、違約金は発生しないことがほとんどです。

注意したいのは、自動更新です。契約期間の満了前に「契約終了する」という申し出を行わないと、新たな契約更新が行われてしまいます。

契約終了をする場合にどのような手続きを取るのかについて、契約を交わすときにきちんと確認することが大切です。

契約解除

加盟者側に重大な過失があると、本部は契約の解除を行うことができます。

主に契約に違反した場合や、法律に抵触する場合などがこれに当てはまります。

違約金が発生するのは当然ですが、問題が大きくなってしまった場合は本部側が訴訟を起こし、裁判になってしまう可能性もあります。

違約金の発生する契約終了方法とは

契約の終了には主に3つのパターンがありますが、違約金が発生する可能性のある契約終了方法は次にあげる2つの方法です。

契約終了を検討する時には、以下の事由に該当しないかどうかを見極める必要があります。

中途解約の場合</h3>

中途解約は、基本的に加盟者側が行うものです。

どんな事情であれ、契約期間を履行できないということになるので、違約金は発生します。

違約金の金額は各企業によって異なります。

契約書に記載されていることがほとんどですが、万が一記載がない場合は、契約時に確認することが必要です。

違約金があまりにも高額で納得ができず、裁判で争うケースなども見られることから、トラブルが発生してしまうことも少なくありません。

契約終了の場合

契約終了は加盟者側に過失があった場合、本部が契約解除を申し入れる措置です。

フランチャイズ本部の看板を背負っていることになるので、企業イメージを著しく傷つけるような行為や、契約に違反した行為などがあった場合に適用されます。

契約終了の場合は違約金だけではなく、損害賠償なども請求される可能性があります。

非常に高額な支払いになることがほとんどなので、契約時に必ず確認しなければいけません。

これだけは注意!契約書で確認しておきたいポイント

どんな契約でも、契約を行うときには契約書に合意し、サインなどを行います。

特にフランチャイズ契約の場合は、説明会などを行い、質問や疑問を解決する機会を設けていることがほとんどです。

次に挙げる3つの項目は、契約前に必ず確認しなければいけない項目です。

「知らなかった」では済まされないことで、後々トラブルにつながる可能性も否定できません。

すでに契約をしている人も契約書をきちんと確認してみましょう。

契約期間

フランチャイズの契約には、契約期間が設定されています。

多くの企業が5年・10年といった比較的長期間の契約であることが多いため、契約時に確認しましょう。

また更新時に必要な手続きや、契約期間変更ができるかどうかなども併せて確認しておくと安心です。

違約金の種類と金額

違約金が発生する場合の契約終了方法や、該当する条項などをきちんと把握しておきましょう。

どのようなケースで違約金が発生するのか、算出方法はどうなっているのか、違約金の支払い方法なども確認する必要があります。

違約金があまりにも高い・現金一括払いなど支払方法に無理があるなどの場合は、契約前に検討する時間を持つことも必要です。

ロイヤリティー

ロイヤリティーとは、

“フランチャイズ契約では、独自のノウハウ伝授の対価として支払うもの。”

引用:辞典・百科事典の検索サービス|Weblio辞書(https://www.weblio.jp/content/%E3%83%AD%E3%82%A4%E3%83%A4%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3

とされています。多くのフランチャイズでは月ごとに商標やシステムなどを利用する対価として支払うケースが多く、契約時に歩合か固定かなどについて合意する必要があります。

ロイヤリティーの金額は各企業によって異なります。非常に高額な設定となっているケースもあるため、フランチャイズ契約をするときは絶対に確認しなくてはいけない項目です。

まとめ

フランチャイズの違約金は、契約解除や中途解約のときに発生します。

中には本部との話し合いで違約金が発生しなかったり、減額されたりすることなどもありますが、ほとんどの場合かなり高額な金額を請求されてしまいます。

トラブルを防ぐためには、まずフランチャイズ契約の際に契約書の内容をきちんと確認することが最も重要です。

わかないことや不安なことがあれば、契約前に解消するべきです。

そして納得に行かない場合は、契約自体を見直す必要も出てくるでしょう。

多くのメリットを持つフランチャイズ契約。

後になって多額の違約金を抱え込んでしまわないように、慎重に検討することが大切なのです。

-フランチャイズ

© 2021 教室ビジネス 集客どっとこむ Powered by AFFINGER5