トラブル対処法

デスクトップパソコンとノートパソコン買うならどっち?

更新日:

デスクトップパソコンとノートパソコンどちらが良いか?

悩ましい問題です。

やっぱりああすればよかった…と思わないようポイントを押さえて選べるといいですね。

どちらを選べば良いのか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

今回は判断基準についてお話をしていきます。

詳しい動画解説

結論:用途に応じて異なる

どっちでも大丈夫です^^

用途によって変わります。家庭内に置く場所がないならノートパソコンがお勧めです。

最近のノートは高性能でよくある勘違いが「デスクトップのほうがノートパソコンよりも性能が良い」というものです。

昔はそうでしたが最近は変わりません。

なので性能だけでお考えであればノートパソコンが良いでしょう。

まずはデスクトップパソコンとノートパソコンの違いとそれぞれの強みを知っておくことが大切です。

インターネットを見たり、ExcelやWordを使って仕事をしたりとパソコンを使ってできることについては、デスクトップパソコンもノートパソコンも同じです。

ただ、実際には見た目や性能、使い勝手は全く違うので、それぞれの特徴を理解したうえで正しく選んでいくことが必要となってきます。

デスクトップパソコンとノートパソコンのそれぞれの違いを解説

選び方としてはまず、「用途」を第一優先に決めることが良いです。

家で使用するのがメインならばデスクトップパソコン、カフェや出先で頻繁に使用するならばノートパソコンを選ぶ必要が出てきます。

また、パソコンの平均寿命は約5年と言われています。洗濯機や冷蔵庫と同じようにパソコンに微弱な電気を流している家電の扱いなので、内部的なシステム破損や表面的なパーツの破損があるためです。

場合によっては7年、10年と使用も可能ですが、だんだんと動作が遅くなったりもしますので、長めに使用したい方にとっては後からパーツを取り外し可能なデスクトップパソコンを選ぶという考え方も得策です。

価格帯としては、基本的に小さく軽量化してパーツを組む必要があるノートパソコンのほうがデスクトップパソコンよりも高めの価格になっているケースが多いです。

デスクトップパソコンの特徴

  • 本体が大きく重たいので持ち運びに向かない
  • ディスプレイ、キーボード、マウスなどの機器は本体とは別
  • 自作したり、パーツを増設したりカスタマイズができる
  • パーツを取り外しやすいのでノートパソコンよりも修理代が安い
  • 価格帯は安価なものから高価なものまで幅広い(性能も価格に合わせて変動)

ノートパソコンの特徴

  • 本体が軽いので持ち運んでどこでも利用できる
  • ディスプレイ、キーボード、マウスなど本体にすでに埋め込まれている
  • 購入した時点で完成されているので、基本的にあとからパーツを増設できない。
  • 軽量化されたパーツを使用するので基本的にデスクトップパソコンより割高なものが多い。
  • デスクトップパソコンよりも高めの価格設定、高価になればなるほど性能は上がる。

デスクトップパソコンとノートパソコン選ぶ決め手を解説

普段からインターネットを見たりメールをしたり、Excelを使ったりという一般的な使い方をする場合はどちらを選んでも問題ありません。

しかし、購入時には最低限のスペックにすると快適にパソコンを利用できます。

パソコンのパーツも様々なメーカーから様々な部品が出ているので一概に言えません。

一般的に家電量販店などで購入する場合に注目したいのは、CPU(パソコンの頭脳に該当する部分)はIntel core i5以上がオススメです。

メモリ(パソコンの作業スペース)は8GB以上のものを選択するとサクサクとパソコンが動きます。

販売されているパソコンの横にスペック表があることがほとんどなので、以上の2点に注目すると良いでしょう。

これを基準に数字が低いものは安価、逆に数字が上がると高価なパソコンになってきます。

デスクトップパソコン、ノートパソコンそれぞれの特徴を理解できたら、実際に購入した後にパソコンをどのような形で使用していくのかイメージすることが大切です。

自宅でずっしりと腰を据えて仕事をしたい場合はデスクトップパソコン、カフェや事務所など場所を問わず仕事をしたい場合はノートパソコンといったような形。

また、動画編集やイラストを描くなど専門的な使い方をする方はパソコンの選び方にも注意が必要です。

そのソフトが動く環境を作ったり、絵が綺麗に映るようにグラフィックボード(パソコンの映像に関わるパーツ)の増設など必要になるケースがあります。

その場合はデスクトップパソコンを購入するほうが無難です。

もしくはスペックの高いノートパソコンを購入するということも必要です。

使うソフトが購入するパソコンで動作するか、使用条件を満たしているか事前に確認しておくようにしましょう。

まとめ

デスクトップパソコン、ノートパソコンの選び方は「用途」によって決めることが大切です。

最も違う部分としては、大きさ重さ、持ち運びやすさになるので、どこでパソコンを使用するのかを基準に選ぶと良いでしょう。

自宅以外のカフェなどでパソコンを使用する予定がある方は、必然的にノートパソコンという選択になってきます。

逆に動画編集など専門的なソフトを動かす予定がある方はスペックが高く、あとからパーツを増設できるデスクトップパソコンを選択するのが無難です。

また、一般的にパソコンの寿命は5年と言われているので、5年間何を目的にパソコンを使うかをイメージすると決めやすいかもしれません。

 

 

全国55カ所 パソコン教室キュリオステーションのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

トップページへ

キュリオステーションの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

キュリオステーションFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・ザ・キュリオ在宅ワーク詳細はこちら

-トラブル対処法
-, ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved.