タイピングテクニック トラブル対応テクニック

キーボード|ホームポジションの突起が取れた時の対処法

更新日:



今回はキーボードの突起物が取れた時の対処法をお話します。

突起物が磨耗したり、取れたら「専用シール」で対応する

この突起物ですが、何らかの弾みで取れたり、磨耗してなくなったりすることもあります。

あとは、元々ない場合。

これがなくなると非常に非常に行いにくくなります。どこに突起物があるんだろうと言う感じがわからなくなるのです。

そこで出てくるのが「この商品」です。突起物であればどんなものでも良いのですが、この辺が割りと使いやすかったです。

透明なので目立ちません。ぜひこれを使ってみてください。そうすればまた新しいキーボードを下なくても対応が可能です参考にしてください。

「3M」さんが出されている「しっかりつくクッションゴム」です。

小さな突起物として使えるので便利です。

大きさがいくつかありますが、パソコンなので小さいものが良いですね。

下記アマゾンに飛びます↓↓↓

キーボードの「F」と「J」には「突起物」がついている

キーボードには自然と下を見なくても、指の位置を配置できるように「突起物」が付いてます。

そのボタンは「F」と「J」です

左の指は「F」

右の指は「J」

突起物があると戻りやすいのわかりやすい

基本的に「F」と「J」には突起物がついています。下を見なくても入力できるようにする為です。

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国から、問い合わせを多くもらう。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

おすすめ記事

-タイピングテクニック, トラブル対応テクニック

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.