Windows基本操作 タイピング トラブル対応 パソコン基本操作 ブログ

キーボードのホームポジション突起は「F」と「J」取れた時の対応法

更新日:



今回はキーボードのホームポジションのトップ記事についてお話をします。

キーボードには突起物がついている

キーボードには自然と下を見なくても、指の位置を配置できるように「突起物」が付いてます。

そのボタンは「F」と「J」です

左の指は「F」

左の指は「F」です。その位置において、自然と横に指を順々に置いていってください。

「D」が中指

「S」が薬指

「A」が小指

というように置けるかと思います。

右の指は「J」

右の指は「J」です。

自然と

「K」が中指

「L」が薬指

「;」が小指

と指がおけるかと思います。

ホームポジションとは

「左手がF」「右手がJ」に置けたら、自然とその横に真横に指を置いて行きます。

その場所を「ホームポジション」といいます。

ホームというのは「家の事」「家」には必ず戻ってきますね。その戻ってくるところをホームポジションと言います。

突起物がついている

基本的に「F」と「J」には突起物がついています。下を見なくても入力できるようにする為です。

突起物が磨耗したり、取れたら

この突起物ですが、何らかの弾みで取れたり、磨耗してなくなったりすることもあります。

あとは、元々ない場合。

これがなくなると非常に非常に行いにくくなります。どこに突起物があるんだろうと言う感じがわからなくなるのです。

そこで出てくるのが「この商品」です。突起物であればどんなものでも良いのですが、この辺が割りと使いやすかったです。

透明なので目立ちません。ぜひこれを使ってみてください。そうすればまた新しいキーボードを下なくても対応が可能です参考にしてください。

 

 

 

-Windows基本操作, タイピング, トラブル対応, パソコン基本操作, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.