MOS資格・パソコン資格

MOSに年齢は関係あるの?年齢層?何歳から?

MOS資格は何歳くらいの方が受験されるのか?

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を取得する際は、年齢が気になる人も多いのではないでしょうか。

「自分の年齢で会場に行ったら場違いではないか」という不安のために、申込みを躊躇している人もいるかもしれません。

しかし、全国でMOS試験を受験している人の年代は、10~60代以上まで、実にさまざまです。

学生からシニアまで、幅広い年代の人が、それぞれの目的で資格を取得しています。

そのため、特定の年代だけが浮いてしまうことはありません。

MOSに興味がある人は、あまり年齢を気にせず、思い切って挑戦してみてください。

受験者の中で最も多い年代は、10~30代までです。

就職や転職のために勉強する人が多いため、若い層が積極的に取得する傾向があります。

試験対策のためにパソコン教室の講座を受講する人も、どちらかというと若い世代が目立ちます。

とはいえ、シニアの人が受験していると浮いてしまうほどではありません。

全体で見ると若い人が多めになりますが、40~60代以上の人も多く受験しています。

MOS資格は年齢に関係なく受験できるので、若くないことに不安を感じている人も、遠慮なく試験を受けてみましょう。

MOS資格は小学生でも受けれる?年齢制限は?

MOS資格を取得する人の年代が幅広い理由は、年齢制限がないからです。

年齢によって受験できなくなることはないため、資格に興味がある人は、誰でも挑戦することができます。

もちろん、子供であってもまったく問題はありません。

試験に合格すれば、きちんとMOS資格を取得することができます。

ただし、未成年の場合は少しだけ制限があるので、注意しておきましょう。

未成年が受験する場合は、保護者の同意を得る必要があります。

基本的に制限のないMOS資格ですが、同意なしでは試験を受けることができないので、ルールを守って申込むことが大切です。

また、複数回受ける際のルールも、事前に確認しておきましょう。

MOS資格では、年齢に関係なく、再受験の際に一定の時間を空ける決まりになっています。

2回目の試験は24時間、3回目以降は48時間が経過していないと、再受験することができません。

親の同意を得ていても、しっかり待たなければ再挑戦はできないので、不合格になった場合は落ち着いて行動してください。

MOS資格は何歳くらいが合格しやすい?

MOS資格の学習は、普段からオフィスソフトを使い慣れている人であれば、より理解しやすくなります。

WordやExcel、Powerpoint、Accessなどの基本的な操作が身についている、一から勉強する人よりも、スムーズに対策ができるのです。

そのため、学校や会社で日常的にオフィス関連製品を使っている若い世代は、試験に合格しやすくなります。

10~30代の人は、積極的に受けてみてください。

MOS資格の合格率は、一般のスペシャリストで約80%、上級者向けのエキスパートで約60%とされています。

そのため、比較的難易度の低い試験となっていますが、合格のしやすさには個人差があるため、油断は禁物です。

試験の内容には、日常の中で使わないような専門的な知識や情報も含まれています。

若い世代であっても、念入りに試験対策を行い、しっかり準備を整えてから受けるようにしてください。

ある程度知識をもっている人であれば、まったくの初心者よりも短い時間で対策を終わらせることができるでしょう。

50歳を超えてもMOS資格は取得できる?

MOS資格は、50歳以上の人でも問題なく取得することができます。

若者向けのイメージを抱く人もいますが、実際には50代以上の受験者も多く、年齢に関係なく合格できるものです。

年齢を考えて悩んでいる人も、ぜひ挑戦してみてください。

「50を超えていると勉強で苦労しそう」という不安も、あまり気にする必要はありません。

MOS資格の学習は、年齢というよりも、WordやExcelに普段から触れていることが重要になってきます。

いつも使っている人や、すでに基礎を身につけている人であれば、50代であってもそれほど苦戦することはありません。

パソコン初心者は1日1時間の勉強で2~3ヶ月かかるといわれますが、経験者はより短い期間で合格レベルに達することができるでしょう

オフィス製品をまったく使ったことがない人でも、時間をかけて勉強すれば、十分に合格は可能です。

基本的に誰でも取得できる資格なので、興味がある人は申込んでみてください。

60歳を超えてMOS資格にチャレンジする意味はある?

60代以上の方がmos資格を取得する際は、「本当に意味があるのか?」という疑問を感じてしまうこともあるでしょう。

オフィス製品の資格を取得しても、現役で働いている若い世代と違い、仕事でいかす機会は基本的にありません。

再就職するシニア世代もいますが、多くの人は定年後のゆったりした生活の中で活用方法を探すため、意味について考えてしまうのです。

しかし、それほど難しく考える必要はありません。

仕事で使うことはないとしても、WordやExcelの基本を習得できれば、いろいろとできることが広がります。

日常の中でも、家計簿や健康管理のために、大いに活用することができるでしょう。

学んだ知識や技術を、他の誰かにボランティアで教えるという活動もできます。

合格へ向けて真面目に学習することは、脳トレにもなるため、チャレンジが無駄になることはありません。

年齢に関係なくプラスになる部分が多い資格なので、興味を抱いた人は、スキルアップを目指してがんばってみてください。

MOS資格の全体像を知りたい方は別記事にまとめております。下記をご覧ください。

mos試験を調べているを表現している画像
MOS資格とは?|パソコンの人気資格を徹底的に調べてみた

今回の記事は「MOS資格とは?|パソコンの人気資格」について書いております。
そもそもMOS資格って何?という方が多いと思います。
人気パソコン資格MOSについて詳しく解説してみました。

続きを見る

もっと詳しく

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

パソコン教室パレハの在宅ワーク

パソコン教室パレハの在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-MOS資格・パソコン資格

メールフォーム

メールフォーム

LINEはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

お電話はこちら

© 2021 パソコン教室パレハ