プログラミング

プログラミングと英語|将来必要な2大スキルを同時に学ぶと効果的な理由

更新日:


プログラミングの習得には、最低限の英語力があることが望ましい

ITの発達により、転職や就職で有利になるスキルとして大きな注目を集めているのが「プログラミング」です。

AIの発展も予想されており、これからの社会人にとってもっとも重要な能力になるとも言われます。

ところがこのプログラミング、実は最低限度で構わないのですが英語力があるほうが習得に有利なのです。

基本的に用語やコードが全て英語であるため、「全然わからない」「英語嫌い」という方はなかなか身に付けるのに苦労するでしょう。

プログラミングと英語を学ぶべき理由。プログラミングに注目が集まっている理由

AIが人間の仕事を奪うという心配もされるなか、実際に単純な事務作業などは一部機械に取って代わられています。

しかし、プログラミングが出来ればAIを使役する側になれるため仕事がなくなる心配もなく、それどころか今後ますます需要が高まる分野です。

また、グローバル化が進み人やモノ、お金や何より情報が世界中を行きかう時代ですから英語が出来るということは世界を相手に仕事をするうえでの必須条件とも言えるものですから、両方とも必要になります。

「英語」と「プログラミング」の共通点。将来必要となるスキルは「英語」と「プログラミング」

プログラミングは、IT化、グローバル化にフィットしておりそれらとともに今後どんどん成長していく余地がある分野です。

英語も同様で、情報が行き渡るようになれば世界の主要なテクノロジーは英語での開発が主流ですから、翻訳など待たずにそういった情報を入手して活用できます。

このスピード感がこれからの時代には大切であり、したがって英語とプログラミングは両方とも欠かすことのできないスキルとして今後重要性を増すと見られています。

プログラミングと英語は「セット」で習得するべきなのか?

英語とプログラミングがこれからの世代にとって重要なことは先述した通りですが、セットで学ぶのかバラバラで学ぶべきかという問題があります。

結論から言うと、「セットで習得する」ほうがずっと効率的に身に付けることが出来るでしょう。

英語の単語を習っても、使う機会がなければ忘れてしまうものです。

しかし、プログラミングのほうで実際に使いつつ学んでいけばつねに反復の機会が与えられるため、単語などの定着率がぐんと上がります。

セットで習得することがおすすめです。

英語とプログラミングが同時に学べる場所が増えている

英語とプログラミングははそれぞれ別の教室で習うというイメージが強いですが、実際にはこの二つの重要性を認識して両方を学べるという塾・学校が増えてきています。

バラバラの学校で学ぶよりも、「プログラミング向けの英語」「英語を勉強中という前提でプログラミング」を教えてくれる場所のほうが圧倒的にわかりやすく、効率よく学習することができるでしょう。

信頼できる学校を探して、早いうちからそこに通っておくのが今の時代をたくましく生き抜くコツだと言えます。

プログラミングが行われる環境とは?

プログラミングを行う際に使うのは、基本的に英語です。

実際に行われる環境を見てみると、初歩的なHTMLコードにはHeadやBodyといった英単語がいくつも使われています。

コード中に使われている英単語は、どれも中学生レベルなので英語に不慣れでも難しくはありません。

しかし英単語の意味を正しく理解していれば、それだけプログラミングの理解度も変わってきます。

スムーズにプログラミングをするためには、英語は必須の環境です。

プログラミングに必要な英語力とは?

プログラミングに必要な英語力は、読む・書く・聞くの3つです。

外国人と接する機会がないなら、あるに越したことはありませんが話す能力は必要ありません。

具体的に読む能力はプログラミングに関する情報を読んだり、書く力は必要な英語のスペルを間違いなく書ければ問題ありません。

聞く能力も英語の動画を聞き取れば良いので、高校卒業レベルとプログラミング業界で使われる単語を理解できていれば、英語で困ることはないでしょう。

プログラミングに英語は必要

プログラミングで使われる英単語は、基本的に日本人でもわかりやすい中学レベルばかりです。

そのため英語は不必要という考え方をしてしまいがちですが、プログラミングで英語が必要になるのはコードを読んだり、書いたりするだけではありません。

海外のサイトで資料を閲覧したり動画を視聴したりして、最新の情報を収集する必要があります。

ネイティブレベルの英語力は要求されませんが、コードや資料を理解できるだけの力があると様々な場面で役立ちます。

どのようにプログラミングと英語を勉強すれば良いのか?

中学や高校レベルの英語に不安があるなら、まずは基礎から徹底して学ぶのがおすすめです。

基本的な文法をしっかりと身に付けておけば、読む・書く・聞くの3つは困ることがありません。

また学校を卒業してあまり英語を使っていないなら、海外のプログラミングに関する情報に触れてみましょう。

興味のある分野の記事や動画を見ることによって、英語力はぐんぐんと伸びていきます。

英語力を伸ばすと同時に情報収集もできるので、おすすめの方法です。

「プログラミング力」と「英語力」があると出来る事

英語力があると、様々なコードを書くときにスムーズです。

コードを見たときの理解力は違いますし、書くときもスペルを間違えたり時間もかかりません。

また海外の技術系ブログや動画を読んだり見られるようになると、常に最新の情報を入手できるようにもなります。

プログラミングは日々進化しており、最新の情報をチェックすることは大事です。

海外から最新情報を仕入れておけば、スキルアップにつながりプログラミングにも役立つでしょう。

子供向けプログラミングの関連記事はこちら

子供でも読める|子どもにおすすめプログラミングの本一覧|スクラッチ

プログラミングは何歳から学ばせたら良い?お悩みのお母さん急増

小学校でのプログラミング教育必修化で世の中が子どもがどう変わるか?

プログラミングと英語|将来必要な2大スキルを同時に学ぶと効果的な理由

英語とプログラミングのどっちを先に子供に学ばぜる?必要なのは?

子ども向けプログラミング・マインクラフトってどんなもの?

子ども向けプログラミング教材はどんなものが良い?

静岡市でオススメの子供向けプログラミング教室一覧

広島市の子供向けプログラミング教室を調べてみた

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!


-プログラミング

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.