ブログ

エクセルできる人(使える人)ってどのくらいのレベル?|就職スキルレベルを分析

更新日:


求人票に書かれる「Word・Excelができる人」 実際に求められるスキルとは?

求人票には、WordやExcelができる人と書かれているケースが多いです。

しかし条件が漠然としており基本的な使い方ができれば良いのか、

それともマクロを使いこなせるレベルなのかわかりません。

この条件が書かれているときに求められているのは、高度なIT企業でない限り

基本的なPCスキルのみです。電源のオンオフができる基本的なPCスキルに加え、

Wordなら文字の入力と印刷、Excelなら簡単な入力ができれば問題ありません。

求人票にはWordやexcelが出来る人と書かれている物が多くあります。

実際にどの程度使えるかは企業によって異なりますが、Wordの場合であれば、

文章の入力や段落の作成が出来る事は必須条件になります。

excelの場合では簡単な表計算が出来たり、マクロを組むことが出来るレベルの物を

求められる事もありますので、注意が必要です。

関数を使う事が出来れば、求人票にかかれている条件をクリアしていると

考えることが出来ます。

 

「エクセルを開いて保存したものをドキュメントに入れた後でデスクトップへ移動する」意味が分からないなら基本理解不足

基本的なPCスキルがあれば条件を満たせるとはいえ、ある程度の知識がないと

上司や同僚の指示を理解できないケースもあります。たとえばExcelを開いて

保存したファイルをドキュメントに入れてデスクトップに移動すると言われても、

基本的な知識がないと言葉の意味が全くわからないでしょう。実際にやってみると

拍子抜けするほど簡単な操作ですから、事務職としては働くなら最低限のスキルや

知識は理解しておく必要があります。excelでは、操作方法を熟知していないと

基本的に理解が不足していると考えることが出来ます。

仕事でexcelを利用する場合には、口頭で指示を貰うことになるので、

指示通りの作業を行うことが出来ないと理解度が低いと見られて、

評価も低くなりますので注意が必要です。ファイルの移動は初歩の初歩に

なりますので、覚えておいて損をすることはありません。ファイルの移動を

することが出来ないとメールなどに添付する作業も出来ませんので、

必ず覚える必要があります。

 

ブラインドタッチは出来て当たり前

パソコンを使ったデスクワークをするなら、手元を見ずに文字を打てる

ブラインドタッチは必須です。ブラインドタッチができると文字の入力速度が上がり、

仕事も効率的に行えるようになります。しかし近年はスマートフォンが普及した影響から、

キーボードに触ったことがない学生も増加しています。そのためブラインドタッチが

できずに採用されてから苦労することになるので、日頃からパソコンにも触って

練習しておくことが重要です。excelやWordで入力をする際には、キーボードを

見ながら入力をすると速度が遅くなりますので、ブラインドタッチが出来る事は

当たり前です。ブラインドタッチが出来ないと効率良く作業をする事ができません。

ブラインドタッチは就職をする前に自分で練習をして覚えておく必要があります。

指を置く位置ときちんと覚えることで、誰でも簡単にブラインドタッチを

覚える事が出来ます。学生の間は時間があるので、就職活動前に

覚えて置くことが大切です。

 

ワードを軽視している人が多いです|文字打つだけがワードではない

Wordはキーボードで文字を打って、企画書などの書類を作るだけだと

思うかもしれません。そのためWordは簡単に使えると思っている人も多くいますが、

実際には様々なことができるソフトです。文字を打つだけでなく表や図を作成したり、

簡単な画像処理もWordだけで行うことができます。使い方を理解しておけば企画書などの

書類もわかりやすさがアップするので、軽視せずに少しずつでも高度な機能を

使いこなせるようになりましょう。Wordは文字を打つだけが、Wordではありません。

文章を作成して綺麗に見せることが出来るように段落をつけたり、番号をつけたりする事が

出来るレベルでないとWordを使いこなしているとは言えない状態です。Wordを

軽視していると作業をする際に何度もやり直しをさせられる事になりますし、

やり直しが多いと作業効率を落とすことになります。その為、Wordは軽視せずに

最低限利用をすることが出来る知識を身につけることが大切です。

 

主に使うのはワードとエクセルだが資料作成やチラシ作成に使えるパワーポイントも使えるほうが良い

パソコンのデスクワークで使用するのは、基本的にはWordとExcelです。そのためWordと

Excelさえ使えれば困ることはありませんが、PowerPointも使えると仕事の幅が広がります。

PowerPointを使用すれば、様々な資料やチラシを簡単に作成可能です。表やグラフを

使った資料ならわかりやすく相手にも伝わりやすくなり、チラシの宣伝効果も

高められるので、余裕があれば使いこなせるようになりましょう。仕事で利用を

するものはWordやexcelが多くなりますが、それ以外にも資料作成をしたり、

チラシ作成をしたりする事もあります。Wordやexcelでは、それらの資料作成を

することが難しいので、PowerPointを使えるようにしておくのがベストです。

PowerPointなら様々な資料作成を簡単に行うことが出来ます。

スライドショーなども利用することが出来るので、PowerPointなら

わかり易い物を作ることが可能です。

 

 


 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!


おすすめ記事

-ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.