パソコン教室コラム

パソコン教室の検定対策講座で学べることって何?

パソコン教室で学べる検定講座って?

パソコン教室で学べる検定講座って?

パソコンを使う機会が多くなり、仕事でも使用頻度の高いOfficeソフト(Word・Excel・PowerPoint)のMOS資格を取得する人も増えています。

そこで注目されているのが、コンピュータに関する知識を証明できる資格です。

今回は、効率よく勉強するためにパソコン教室で開講されている「日商PC」と「P検」の資格対策講座で何が学べるのかをご紹介します。

オンラインでパソコン学べます

日商PC検定対策講座

日商PC検定対策講座

日商PC検定とは

日商PC検定とは

Word(ワード)やExcel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)が使えるだけなく、ITの知識やスキルを習得し証明する試験です。

試験は、「日商PC検定試験(文書作成)」と「日商PC検定試験(データ活用)」、「日商PC検定試験(プレゼン資料作成)」の3科目です。

それぞれの科目ごとに級レベルがあり、文書作成とデータ活用は基礎的なレベルのBasicから3級、2級、1級とレベルがあります。

プレゼン資料作成については、3級、2級、1級のみで、Basicはありません。

それぞれの級で求められるスキルのレベルが異なり、ざっくりいうと

  • Basic:基本的な操作スキルがあり、企業実務に対応することができるレベル
  • 3級:実務に必要とされる基本的な知識・スキルがあり、正確かつ迅速に業務に活用することできるレベル
  • 2級:実務に必要とされる実践的な知識・スキルがあり、責任者として多岐に渡り活用できるレベル
  • 1級:実務に必要な知識・スキルがあり、企業の責任者として管理・活用することができるレベル

といった感じです。

こんな人にオススメ

こんな人にオススメ

  • パソコンのスキルアップしたい方
  • 就職や転職のために資格を取得したい方
  • キャリアアップを目指す方
  • 効率よく学びたい人

講座内容

講座内容

講座は、3科目で級ごとに開講している所が多いです。

学習内容は、実務問題と知識問題がカバーできるようカリキュラムが構成されています。

Basicでは知識問題はありませんが、3級以上では、各科目の知識問題以外に、一般的なパソコンやITに関する知識問題が出題されますので、講座ではそちらも学習することが可能です。

■知識科目の一例

  • ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークの実践的な知識
  • ソフトウェアの業務データの連携
  • 複数のソフトウェア間での共通操作
  • ネットワークを利用した業務の進め方や情報収集など

文書作成(ワード)

文書作成(ワード)

文書作成Basicの講座内容

講座の概要:基本的な操作スキルの取得で、業務に対応ができるレベルを目指す

  • 文字の書式の設定
  • 文字列の移動やコピー、挿入や削除
  • 文書の書式設定や体裁の整え方(文字列の配置・インデント・タブ・均等割り付けなど)
  • 罫線の設定
  • 表の作成や編集
  • 図形の操作

といった基礎的なことを学ぶことができます。

一般的にパソコン教室でWord(ワード)の基礎講座で学習する内容に近い傾向です。

文書作成3級の講座内容

講座の概要:実務で活用できるビジネス文書の知識とスキルを身につけ、正確かつ迅速な処理ができるレベルを目指す

  • 表題やあいさつ文の設定
  • レイアウト設定
  • 検索や置換
  • ファイルの保存や整理・管理
  • ライティングや文書作成における文法や表現法、漢字や慣用句

等のビジネス文書の作成にかかわる、ソフトの機能や操作方法、マナーを学ぶことができます。

文書作成2級の講座内容

講座の概要:実務で活用できるビジネス文書の知識とスキルを身につけ、管理や整理・分析ができるレベルを目指す

  • ファイリングや共有の文書管理
  • 文書作成における文法や表現法、漢字や慣用句
  • ライティングの文章表現や文書構成
  • レイアウト、デザイン、表やグラフ
  • 写真や図解・テンプレート

データ活用(エクセル)

データ活用(エクセル)

データ活用Basicの講座内容

講座の概要:基本的な操作スキルの取得で、業務に対応ができるレベルを目指す

  • 数値や文字の入力
  • 相対参照・絶対参照
  • 行や列の挿入・削除
  • 表示形式の変更
  • データの配置やサイズの変更
  • グラフの作成
  • データベースの活用
  • 関数(SUM、AVERAGE、IF、INT、ROUND、ROUNDUP、ROUNDDOWNなど)

データ活用3級の講座内容

講座の概要:実務で活用できるデータの取り扱いの知識とスキルを身につけ、正確かつ迅速な処理ができるレベルを目指す

  • 書式設定や表示形式
  • 売上構成比(前年比、構成比、目標達成率など)
  • 複合グラフの作成やグラフの書式設定
  • 関数(SUM、AVERAGE、COUNT、COUNTA、IF、VLOOKUP、ROUND、RANKなど)
  • ピボットテーブルや小計

データ活用2級の講座内容

講座の概要:実務で活用できるデータの取り扱いの知識とスキルを身につけ、管理や整理・分析ができるレベルを目指す

  • 書式の設定
  • 小数点以下などの表示形式
  • 関数(SUM、AVERAGE、COUNT、COUNTA、IF、VLOOKUP、ROUND、RANKなど)
  • ピボットテーブル
  • グラフの作成とグラフの書式設定
  • 売上構成比(前年比、構成比、目標達成率など)
  • ABC分析やパレート図

プレゼン資料作成(パワーポイント)

プレゼン資料作成(パワーポイント)

プレゼン資料作成3級の講座内容

講座の概要:実務でひな形や既存の資料を活用し、正確かつ迅速に作成ができるレベルを目指す

  • プレゼンの基礎知識
  • テーマの設定
  • 文字の入力や修正
  • 箇条書き
  • ヘッダーとフッター
  • SmartArtの挿入
  • 表や図形、グラフの作成

プレゼン資料作成2級の講座内容

講座の概要:実務でひな形や既存の資料を活用し、適切で分かりやすいプレゼン資料が作成できるレベルを目指す

  • プレゼンの企画、構成など
  • レイアウト技術、デザイン技術
  • グラデーションの書式設定
  • 写真の挿入、加工
  • 表やグラフの加工
  • 画面切り替え効果などのアニメーション設定
  • 動画や音楽の活用

講座料金

講座料金

講座料金はスクールでも異なりますが、さらに受講するコースのレベル(級)によっても異なります。

また、受講に必要な学習時間も変わります。

個人のスキルや、パソコン教室のカリキュラムにもよりますが、Basicであれば5~10時間程度の学習、3級は10~20時間程度、2級は20~30時間程度は見ておきましょう。

受講料は公開していないパソコン教室が多いです。

料金は、必要な学習時間が長いものほど高くなっていく傾向にありますので、目安として3万円は最低ラインとして考えておきましょう。

Basicから2級については講座を開講している教室はありますが、1級レベルになるとなかなかありません。

近くに教室がない場合は、オンライン講座や通信講座などを検討しましょう。

オンライン講座などであれば、全国どこの教室でも受講可能です。気軽に相談してみましょう。

P検(ICTプロフィシエンシー検定)対策講座

P検(ICTプロフィシエンシー検定)対策講座

P検とは

P検とは

P検とは、総合的なICT活用能力を証明する試験でICTを利用する人すべてを対象とした試験です。

試験のレベル(級)は広く、1級・2級・準2級・3級・4級・5級があり、パソコンの初心者向けのレベルから、中学生や高校生が受験するレベル、またビジネスなどの実務で活用しているスキルが高い人までを対象とした試験です。

学習指導要綱に準拠していることから、中高生、大学生の受験者も比較的多いです。

P検に合格することで、ICTの知識や活用スキル、問題解決力が証明される試験です。

履歴書に記入してアピールに役立つのは準2級以上で、特に評価が高い傾向です。

こんな人にオススメ

こんな人にオススメ

  • コンピュータのスキル身につけたい人
  • 就職・転職でICTのスキルをアピールしたい人
  • ICTのスキルを身につけてキャリアアップを目指したい人
  • 効率よく学びたい人

におすすめの資格です。

講座内容

講座内容

P検のレベル(級)は、1級・2級・準2級・3級・4級・5級で6段階ありますが、5級については、パソコンの入門レベルなので、講座自体があまりありません。

同様に1級も開講している教室は少ないようです。

近くにパソコン教室が無い場合は、オンライン講座の受講を相談してみたり、通信講座を利用して学習を進めるのが良いでしょう。

P検4級対策講座

  • タイピング
  • ワープロ
  • 表計算
  • ネットワーク
  • 情報モラル
  • セキュリティ
  • コンピュータに関する知識

P検3級対策講座

講座概要:基本的なICT活用による業務の実施と問題解決が、自分でできるICT知識・スキルを有するレベル

  • タイピング
  • ワープロ
  • 表計算
  • ネットワーク(LAN)
  • 情報モラル
  • セキュリティ
  • コンピュータに関する知識

P検準2級対策講座

講座概要:高度なICT活用による業務の実施と問題解決ができ、応用的なICT知識・スキルを有するレベル

  • タイピング
  • ワープロ
  • 表計算
  • プレゼンテーション
  • ネットワーク(LAN)
  • 情報モラル
  • セキュリティ
  • コンピュータに関する知識

P検2級対策講座

講座概要:ICTを有効活用する総合力を持ち、ネットワーク上のトラブル対処を含む、高度なレベルで問題解決ができるレベル

  • ワープロ・表計算・プレゼンテーションを活用した実技
  • ネットワーク(LAN)
  • 情報モラル
  • セキュリティ
  • コンピュータに関する知識

講座料金

講座料金

こちらの受講料もスクールにより異なります。

また受講するコースのレベル(級)によって講座の料金、必要な学習時間も変わります。

個人のスキルや、パソコン教室のカリキュラムにもよりますが、4級であれば15~20時間程度の学習、3級は20~25時間程度、準2級は25~30時間程度、2級は30~40時間程度は最低でも見ておきましょう。

受講料は公開していないパソコン教室が多いです。

受講料は学習時間の長さに比例して高くなる教室が多いので、目安として最低ラインで3万円は考えておきましょう。

受講料金や必要な学習時間(レッスン数)については、受講されるパソコン教室に確認しましょう。

まとめ

まとめ

どちらの検定資格の対策講座も、一番難しいレベルの1級の講座がある教室は少ないようです。

デジタル化が進む社会において、オフィス製品の操作スキルだけではなく、そういった環境の中でパソコンやインターネットなどの知識も求められる時代になりました。

就職や転職でWord、Excel、PowerPointといったソフトのスキル証明を取得する人は多いですが、合わせて、「日商PC」や「P検」などのコンピュータに関するスキルを身につけ、それを証明する資格を取得することは、能力のアピールはもちろんのこと、他者との差別化にも非常に有効です。

まずは通える範囲にあるパソコン教室を探して、無料の体験レッスンを受けて、インストラクターの教え方はどうなのかなど確認してみましょう。

受講料や必要な学習時間、その教室で受験が可能なのか、また教室の受験者の合格率はどれくらいなのかなど含めて、通われる教室を選ぶことをおすすめします。

合格保証が付いている教室の方がサポートがしっかりしていて安心ですね。

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら