MOS資格・パソコン資格

MOS資格と簿記2級だったらどっちを取得した方が良い?

今回は、MOS資格と簿記2級のどちらを取得したらよいかを調べてみました。

どちらも人気の資格で気になるところですよね。

どちらも取得したらよいのはわかりますが、どちらか1つを取るとしたらどっちが良いのかを調べました。

結論:比較対象が間違っている

結論:比較対象が間違っている

MOS資格というのは、Office製品に関する知識を証明する資格になります。

そのため、一般的な会社などで使用するパソコンスキルに問題ないのかということを証明する資格になります。

対して、簿記資格というのはビジネスにおける「仕分け」がどれくらいできるのかを証明する資格になります。

そのため、募集している業種によってどちらの資格が重要視されるかというのが変わってきます。

一般的な事務職の場合にはMOS資格を保有していることで、パソコンスキルは問題ないと証明することができるため、採用の際に有利にはたらくかもしれません。

しかしながら、経理職などを募集している際にはMOSの資格の有無よりも簿記の資格を保有しているかどうかが業務的に重要視されることが多いです。

経理職でもパソコンを使用することはありますが、パソコンのスキルではなく「仕分け」がどれくらいできるのかという指標の方が重要視する必要があるからです。

自分がどういった職種に応募しようとしているのかによって、どちらの資格を取得するべきか判断するようにしましょう。

パレハの安心MOS講座

簿記2級は取得しにくい

簿記2級は取得しにくい

これから簿記試験を受けようと考えられている方の場合、簿記2級からではなく簿記3級から受験することをおすすめします。

特に初めて簿記試験を受験する場合には簿記2級の試験内容は難しく、挫折してしまうことも考えられます。

初めて簿記試験を受験する場合には、対策の書籍などを書店などで確認してみて理解できるのか?について確認してみることをおすすめします。

反対に会社である程度の経理業務の経験がある方であれば、2級から受験しても内容的には理解しやすく受験してみてもいいかもしれません。

大切なことは自分のこれからのキャリアプランをしっかりと明確にして、どういった順番で資格を受験していくと効率がいいのかを理解しておくことです。

簿記は年に数回しか試験が無い

簿記は年に数回しか試験が無い

簿記試験は年間で数回しか開催されません。

しっかりと試験対策をすることはもちろん重要ですが、1度不合格になってしまうと次のチャンスまで待つ必要があります。

そのため、何度も試験に不合格になってしまうと時間だけが過ぎ、自分のキャリアプランに遅れが出てしまうことも考えられます。

もちろん、数を受ければいいというわけでもありません。

何度も何度も試験を受けることによっていつかは試験に合格することはできるかもしれません。

簿記試験の内容は「仕分け」の内容をしっかりと理解しておくことが重要ですので、コツコツと知識を付けていく方がビジネス現場でも役に立つことが多いです。

間違っても簿記資格を取得することを目的にするのではなく、簿記に関する知識をつけることを目的にするようにしてください。

MOS試験は、頑張れば1週間で取れる

MOS試験は、頑張れば1週間で取れる

簿記試験と比較するとMOS試験はしっかりと時間をかけて学習することができれば1週間で取得することも可能です。

MOS試験にはWord、Excel、PowerPointなどのそれぞれのOffice製品に対して、一般とスペシャリストの2つの試験区分があります。

一般は基本的なOffice製品それぞれの使い方についての試験内容がメインで、スペシャリストの試験ではよりビジネスシーンで使用される応用的な内容がメインになります。

Office製品を日常的に使用している方や、パソコンに自信のある方の場合には試験内容は比較的難しいと感じることはないでしょう。

しかしながら、これだけ聞いただけでは自分がどれくらいのパソコンスキルがあるのかを判断することは少し難しいかもしれません。

MOS試験の内容に関して気になる方は、書店などで過去問題集などが販売されていますので、試験内容を確認してみることをおすすめします。

MOS試験の受験を検討していない場合であっても、自分自身のパソコンスキルを判断する材料になりますので一度確認してみましょう。

MOS資格は、試験が受けやすい

MOS資格は、試験が受けやすい

簿記試験とは異なり、MOS資格の試験は年に何度も受験するチャンスがあります。
MOS資格の試験は試験会場ごとに試験日が設定されています。

少ないところで月に1回、多いところになると毎週開催されているため、受験するハードルが簿記試験と比較すると低いといえます。

MOS試験会場はパソコン教室や商工会議所など幅広い場所で開催されていますので、自宅付近や会社、学校などの周辺に試験会場はないのかを一度ネットで検索してみてください。

試験内容も簿記試験と比較すると比較的簡単であり、試験が開催される頻度も簿記試験よりも高いため、気軽に受験することが可能です。

MOS試験と簿記試験のどちらを選んだらいいのかと悩まれている方の場合には、まずはMOS試験を受験してみることをおすすめします。

まずはMOS試験の勉強を通して、試験勉強のスケジュールを計画する癖をつけて、合格することを目標にしましょう。

そして合格したのちに、MOS試験の対策と同じ要領で簿記試験に挑めば後戻りなく効率よく試験対策ができることでしょう。

パソコン教室パレハのライン登録

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら