タイピング

タイピングお勧めサイト紹介

仕事でもパソコンを使うことが当たり前となっている昨今、パソコンの基本スキルといえる「タイピング」はできなければ仕事にならないほど重要なスキルです。

特にビジネスでは単純に文字を入力できるだけではなく、正確性やスピードも求められることが多く、多くの方が自分の入力速度に悩んだり、早く打てるように練習をしています。

今回の記事では、タイピングのスキルを習得するメリットや習得できなかったときのデメリットの解説とともに、タイピングの練習ができるサイトなどを紹介します。

ぜひ参考になさってください。


タイピングにはちょっとしたコツがあります。

タイピングが苦手な方向けに「パソコン教室パレハのLINE友達登録」をするだけ(無料)で「パソコンに役立つ豪華15大特典」をお送りしております。

タイピングはもちろん、パソコンが苦手な方に役立つ特典を15個ご用意しております。

良かったら下記からご登録ください。

ブラインドタッチライン登録

無料LINE登録はこちら

タイピングとは

タイピングとは、パソコンなどのキーボードを使って文字の入力をすることを言います。

文字の入力(タイピング)を専門としている人のことを「タイピスト」と呼びます。

タイピングの語源は「タイプライターの使用」から来ているようです。

タイピングに似た言葉で「ブラインドタッチ」や「タッチタイピング」という言葉があります。

実はどちらの言葉も同じ意味で、「手元を見ずに、前を見て文字を入力すること」を言います。

ただ、「ブラインドタッチ」については「ブラインド」という言葉が「盲目」という意味を含むことから、差別的な表現になるということで、あまり使われない言葉になっています。

最近では「タッチタイピング」という表現の方が使われています。

ビジネスでは、正確なタイピングをすることが求められるので、画面を見ながら入力が出来るタッチタイピングのスキルの習得を目指す方も多いです。

タイピングは必要か?

タイピングは、パソコンのスキルの一つとして考えられています。

特に昨今、スマホは使えるけどパソコンが使えないという人も増えており、スマホのフリック入力は早いものの、パソコンのタイピングは遅い…ということも少なくありません。

もちろん、プライベートはそれで特に問題はないのかもしれませんが、仕事となると話が変わってきますよね。

仕事でパソコンを使う人、入力作業の多い人にとってはタイピングスキルは必要ですし、ワードやエクセルなどのOfficeソフトを使うにしても、メールなどを打つにしてもタイピングのスキルは必要不可欠と言えます。

パソコンをまったく使わない人にとっては、必要性を感じないスキルかもしれませんが、例えば、いざ就職・転職・復職をしようとしたとき、パソコンのスキルの前提として求められるのはタイピングですので、身につけておいて損はないスキルと言えます。

タイピングのメリット

タイピングがスムーズにできるようになるとメリットがたくさんあります。

入力の速度が速くなる

タイピングがスムーズにできるとそれだけで、入力の速度が速くなります。

単純なことですが、例えば筆記で文字を書く場合、そのスピードにはどんなに頑張っても限界があります。

しかし、タイピングであれば、その速度を早くするだけで入力できる文字数が多くなります。

入力する文字が多ければ多いほど、トータルの所要時間に差が出るので、タイピングのスキルを身につけて早く入力できることはメリットと言えます。

入力ミスや変換ミスに早く気付くことができる

タイピングに慣れていない状態で、手元を見ながら文字を入力していると、入力ミスや変換ミスに気付くのが遅くなります。

そうなると、打ち直しの時間がかかりますし、あるいは、誤字や脱字に気付かないまま・・・ということも起こります。

タイピングがスムーズにできるようになると、指も自然と動くようになり、自分の考えている文章をスムーズに入力することができます。

そうなると、手元を見る頻度もかなり減って、画面を見ながら打てるようになるので、入力ミスや変換ミスにも早く気付くことができます。

1回2回の入力ミスであれば時間は取りませんが、何回も入力ミスをしてしまうと、打ち直しだけでもかなり時間を費やしてしまうので、タイピングのスキルを身につけて入力ミスに早く気付くことができるのはメリットと言えます。

疲れにくくなる

タイピングがスムーズにできるようになると、自然と姿勢が良くなります。

これは、手元を見る頻度の違いからと言えます。

タイピングに慣れていないと、どうしても手元を見て入力をしてしまいます。

すると、目線がした落ちると同時に、姿勢も前傾姿勢になってしまいます。

パソコンでタイピングをする機会が多い人ほど、姿勢の悪い状態が長く続くと身体にも負担になってしまいますし、ストレスや眼精疲労の原因にもなります。

そういった面で考えても、タイピングのスキルを身につけて姿勢が良くなるので、心身への負担も軽減されるのはメリットと言えますね。

仕事が早く終わる

タイピングが速くなる、入力ミスや変換ミスに早く気付いて効率の良いタイピングができるということは、作業効率がアップします。

作業が速く進むということは、頼まれた仕事が速く終わるということです。これはタイピングのスキルを身につけるメリットです。

仕事を頼まれたから完了報告までの時間が速くなると、信頼度も増しますし、新たな仕事を任せられるチャンスにもつながる可能性もあります。

一般の企業ではなかなかないかもしれませんが、派遣会社の場合は、パソコンのスキルチェックの1つにタイピングのスキルを見られることも多いです。

それくらいタイピングのスキルは仕事でも必要とされているスキルなんですね。

スキルとしてアピールできる

タイピングはパソコンの立派なスキルです。タイピングの試験もあるんですよ。

周りの人よりも効率よく早くタイピングができるということはそれだけでも武器になります。

例えば、求人の応募者の中に、同じエクセルの資格を持った人が2人いたとして、一方の人にはタイピングのスキルがあり、もう一方の人にはタイピングのスキルが期待できなかったらどうでしょう。

文字が速く正確に入力できるということは、それだけで自分のスキルとしてアピールすることもできますので、タイピングのスキルを身につけるメリットと言えます。

他者に差をつけるなら、他の資格にプラスして、タイピングのスキルを磨くというのもおすすめです。

出来ないことのデメリット

タイピングが出来なくてもデメリットはないのでは?と思われるかもしれませんが、あります。

メリットはあって嬉しいですが、デメリットは自分の負担にもなってしまうので、解決できた方がよさそうですね。

作業時間がかかる

タイピングの速度が遅いとそれだけで作業の時間がかかってしまいます。

タイピングに慣れていないと、どうしても手元を見て文字を入力してしまいます。

多くの場合、画面を見るタイミングが「変換をするとき」です。

すると、この時初めて、入力していた文字に間違いがあったことに気付くわけですが、そこから入力ミスの修正をしなければならないので、必要以上に時間がかかってしまいます。

ミスが多くなる

タイピングがスムーズにできないと、手元を見て文字を入力してしまいますが、そうなると、目線が常にキーボードを見ているため、文字の入力にミスがあった場合でも気づかなくなります。

そういった場合、変換のタイミングでようやく画面を見るので、そこで初めてタイピングの間違いに気付くのですが、必ずしも100%気付けるという物でもありません。

画面を見る回数が少ないほど、入力ミスに気付きにくくなりますし、時間をかけて作成した資料が入力ミスが多いようでは、会社としても困ってしまいます。

疲れがたまる

タイピングがスムーズにできない人の場合、姿勢が悪いということが多いです。

タイピングに慣れていないと、文字を入力する際にどうしても手元を見てしまいます。

この時、視線が手元のキーボードに落ちてしまうと同時に、姿勢も前傾姿勢になってしまうため、首や腰などに負担がかかってしまうことがあります。

パソコンの作業時間が長くなればなるほど、悪い姿勢の状態が長くなってしまうので、首腰だけでなく、眼精疲労の原因にもなります。

ストレスが溜まる

タイピングが遅く、なかなか作業が進まないだけでもストレスになります。

頑張って入力したのに、入力ミスで修正する回数が多くてもストレスになりますよね。

さらに、周りの人は仕事をどんどん終えていくのに、自分だけ終われないことで焦ったりしてそれもストレスになります。

他にも日頃から、周りの人の打鍵の音の速さに焦ってしまうかもしれません。

仕事が遅い・できないと思われる

タイピングが遅くて作業時間が長い、作成した資料に誤字や脱字が多い、といった状況が続いてしまい、同じ作業をしている人よりも時間がかかってしまうため「あの人は仕事が遅い人」と思われるかもしれません。

仕事をお願いしてから完了するまでの時間が、他の人に比べて遅いことが日常的になってしまうと、割り当てられる仕事が変わったり、評価も下がってしまう可能性もあります。

文字を入力するというタイピングが遅いだけで、周りからの評価や印象に影響が出ることもあるんですね。

可能性の幅が狭まる

タイピングが遅い、スムーズではないということが、様々な可能性の幅を狭めてしまうかもしれません。

例えば、求人情報に「文字の入力が出来る人」と書いてあっても、企業は企業で最低限の入力速度というものを設定している可能性もありますよね。

いくら文字が入力できるからと言って、1本指タイピングの人だと採用は難しいでしょうし、20文字入力するのに1分かかる人と、30秒の人とではそれだけで2倍の差がありますから、30秒で20文字入力できる人の方を採用したくなるでしょう。

ビジネスでは、ワードやエクセル、パワーポイントといったOfficeソフトの使用頻度が高いことで知られていますが、これらのスキルがあってもタイピングがあまりにも遅いようでは困るので、就職や転職・復職の壁になることが考えられます。

タイピングの練習方法

パソコンを使う仕事をするなら、やはり最低限のスキルとしてタイピングがスムーズに行えないと厳しい状況になる可能性があることが分かりました。

タイピングのスキルは、練習をすることで誰でも習得をすることが可能です。

ただ、むやみやたらに練習をすればいいという物ではありません。

正しい指の動かし方を習得する

正しいタイピングをするためには、キーボードのキーの配置を体で覚える必要があります。

これは見て覚えるのではなく、指を動かしながら、感覚で身につけていくものになります。

もちろん、ひたすら入力の練習を繰り返せば、そのうち何となくキーの配置が分かってくるかもしれませんが、よほど極めないと入力ミスは多いままでしょう。

タイピングの基本は「ホームポジション」という、タイピングのスタート地点です。

全ての指を開始の位置であるホームポジションに置いて、その場所からどのように指を動かしてキーを押すのかがポイントなんです。

開始位置が決まっているので、今の指の位置をここに持っていくと、このキーがある・・・というようにキーの配置を正しく覚えることがタイピングのスキルを向上させる秘訣と言えます。

実は、手元を見ずに文字を入力できる「タッチタイピング」のスキルは、このホームポジションからの指の動かし方を習得することで行うことができる物なんです。

キーの配置を覚えても、毎回タイピングをする時の指の開始位置がバラバラだと入力ミスはなかなか減りません。

タイピングのスタート地点を固定させることで、正しいタイピングができるようになります。

毎日コツコツ継続して行う

タイピングを始め、どんなこともそうですが、毎日コツコツやるというのが大切になります。

1週間に1回8時間やる…というのではなく、毎日10分15分でもいいので、コツコツ継続することが感覚として慣れていくためには必要なんです。

パソコンが苦手だったり、タイピングが苦手だったとしても、毎日パソコンを開いて短い時間でも継続しましょう。

タイピングの練習はこちらのサイトを参考にするのがオススメ

手元を見ずに入力するスキルは、正しい練習方法で行えば、実は1日で習得することができます。

練習でやるべきことと、やってはいけないことさえきちんと守れば、1日で画面を見ながら打てるようになります。

下記のサイトでは、初心者の方でも1日でタッチタイピングができるようになる練習方法を公開しています。

ぜひ参考になさってください。

ブラインドタッチ練習方法|超初心者でも1日でマスターできる方法公開

タイピング練習サイト

タイピングの練習に、タイピング練習サイトを活用するのもおすすめです。

タイピング練習サイトには、基本から練習できるサイトからスピードアップのための練習まで様々です。

タイピング初心者の人は、基本から練習できるサイトがオススメです。

キーの配置をマスターした人は、指の動きを守りながらスピードアップができる練習サイトを活用すると良いですね。

マイタイピング

タイピングの練習を楽しみながら練習することができるサイトとして知られている「マイタイピング」です。

パソコン初心者からタイピングの練習をすることができ、学校の授業などでも活用されているようです。

「ひよこでも出来るタイピング練習講座」では、タッチタイピングの練習方法を図解付きで詳しく解説されています。

タイピング練習の入門にピッタリの単語の入力練習はもちろん、実践的な短文・長文の入力練習までそろっています。

ビジネスメールタイピングなど、仕事に役立つタイピング練習ができるのもおすすめポイントです。

基本のタイピング練習はもちろん、歌詞タイピングや面白タイピングなどバラエティーに富んだ練習内容が老若男女問わず人気です。

マイタイピングの公式サイトはこちら

e-typing(イータイピング)

e-typingは、タイピングが初めての方から練習ができるサイトで、入力する際にどの指を使ったらいいのかを表示してくれます。

e-typingでは「ローマ字タイピング」「英語タイピング」「かなタイピング」の3種類のタイピングの練習をすることができます。

タイピングの内容も「ビジネス」「ライフ」「スポーツ」などいろいろありますので、自分の興味のある内容で練習をすることができます。

また、「今月のタイピング」として内容が更新・追加されるため、飽きることなく練習をすることができるのも嬉しい点ですね。

練習をする際には、タイピング終了後に結果が表示されるため、自分のスキルがどのくらい向上しているのかもわかりやすくなっています。

無料会員登録をすることで、自分の成長が確認できるタイピングカルテや会員用の練習メニューを利用することもできます。

e-typing(イータイピング)の公式サイトはこちら

Playgram Typing(プレイグラムタイピング)

プレイグラムタイピングは、小学生から始めるローマ字タイピング練習アプリとして知られており、個人だけでなく、学校向けにも提供されているサービスです。

タイピング練習モードの「ローマ字基礎練習」「特訓」「腕試し」は、金額の表示がないものについては無料で利用することが可能です。

タイピングと英語を同時に学ぶことができる「英語学習プラン」は、有料のサービスになっていますが、無料で体験をすることができます。

英語学習プランでは、語彙力とリスニングを同時に鍛えられるタイピング練習となっており、英検®準2級レベルまで対応する単語を収録し、1日10分で無理なく続けられる仕組みとなっています。

ユーザー一人ひとりに合わせて、苦手なキーを含む問題を出題してくれるため、効率よくタイピングのスキルを身につけることができます。

Playgram Typing(プレイグラムタイピング)の公式サイトはこちら

マナビジョン

マナビジョンタイピング練習サイトは、タイピング教材を無料で利用することができ、子供から大人まで幅広い世代に利用されています。

タイピングの基本を覚えることができる、ホームポジション練習から教材が用意されているので、初めての方にもおすすめです。

タイピングの練習は、日本語入力、英語入力といった基礎練習はもちろん、国語、英語、情報モラルなどの学習をしながらタイピングの練習ができるのもポイントです。

練習時間は1分~5分までを設定することができ、短時間で集中しながら練習を繰り返すことができます。

入力時には、指の置き方が分かるようにガイドも出ますし、練習後には、正タイプと誤タイプの結果も表示されるため、スキルの向上がよくわかります。

マナビジョン公式サイトはこちら

タイピングコロシアム

タイピングコロシアムは、タイピング練習サイト「タイピンガーZ」でできるタイピング練習の一つで、ゲーム感覚でできる人気のタイピング練習サイトです。

タイピングコロシアムでは、モンスターを育成しながらタイピングでバトルをすることができるので、楽しみながらタイピング練習をすることができます。

タイピングをスムーズに行うことで相手にダメージを与えることができ、技を発動したり、HPがなくなったら試合終了という、まるで本当のゲームをしているような感覚で行うことができます。

バトル終了後には、打鍵した数や正確性、平均速度なども表示されるため、自分のタイピングスキルを把握することも可能です。

サイト内には、「0から始めるタイピング」や「対人対戦」も用意されており、タイピング初心者の方から腕試しをしたい方まで幅広いスキルの人が利用することができます。

タイピングコロシアムの公式サイトはこちら

ポップタイピング

ポップタイピングは、1分間でどれだけ多くのポップコーンを召喚できるかタイピングで挑戦するゲームです。

画面に表示された文字を入力するごとに、画面でポップコーンがはじけるとともに、はじける音も楽しみながらタイピングの練習をすることができます。

タイピング練習の終了後には、画面に結果が表示され、1分間で何粒のポップコーンを召喚できたのかが表示されます。

キーを1つ押すごとに1粒のポップコーンが召喚され、召喚したポップコーンの数に応じて称号を獲得することができます。

タイピング練習としては非常にシンプルなゲームとなっていますが、称号は成績に応じて与えられるため、コンプリートを目指して練習をするのも楽しみとなっています。

ポップタイピングの公式サイトはこちら

パソコン教室パレハの「タッチタイピング講座」

独学でタイピングの練習をしたけどなかなかうまくいかない…とお悩みの方は、パソコン教室のタイピング講座を検討されるのも一つの手です。

苦手な方専門のパソコン教室パレハの「タッチタイピング講座」は、タイピングが苦手な方でも、前を向いてタイピングができるタッチタイピングをわずか1日~2日で習得することができる大人気の講座です。

パレハのタッチタイピング講座は、文字を入力できるようにするといった単純な講座ではなく、手元を見ずに画面を見て入力が出来るようになるという、本格的なタイピング講座となっています。

レッスンで使用されているタイピングのテキストは、独自の理論に基づき、タイピングをいかに効率よくできるかということを研究し、生徒さん目線で作られている教室オリジナルのテキストで、受講生の皆さんに大変好評です。

パレハのタッチタイピング講座は、教室だけでなくオンラインでも受講できる講座となっており、講師が生徒さんのタイピング状況を見守りながら行う生レッスンとなっているので、自宅でも教室と同じレッスンを受けることができます。

パソコンが苦手な方にもオンラインレッスンが受講できるよう、無料接続サポートもあるので安心して始めることができます。

タッチタイピング講座では、生徒さん一人ひとりのタイピングの癖を見て個別にアドバイスを行うため、効率よくタッチタイピングを習得することができます。

また、タッチタイピングをしながら、指が上手く動かないなどの悩みもレッスンで講師に直接質問をすることができる講座です。

タイピングが苦手な方でも習得できるカリキュラムが用意されており、たくさんの方が受講されています。

パソコン教室パレハのタッチタイピング講座の詳細は下記をご覧ください。

ブラインドタッチ講座

ブラインドタッチ講座の詳細はコチラ

自分で習得するのが難しい方は「本格的なタイピング講座」を学ぶという手もあります

タイピングはコツコツと練習していくことが必要です。

「タイピング」は、基本的には反復練習で、自分一人で練習時間を設けて訓練していくことが必要です。

根気が必要なのですが、自分で時間をとってコツコツとするのは難しいです。

そういう時には、弊社のようなタイピングの講座を利用するのも一つの手です。

自分でやるとだらけてしまいますが、講座だと、決まった時間に定期的に実施する事が出来ます。

費用は掛かりますが、効率よく短期間で習得することも可能です。

タイピングがマスターしたいけどうまくいかない方のために「パソコン教室パレハ」では「本格的なタイピングの講座」を設けております。

オンラインでタイピングを習得する事が出来ます。

オンラインというと「動画を見るだけ」とか「オンラインなんてやったことがない」というご不安があるかと思います。

ですが「苦手な方専門のパソコン教室パレハ」の「オンラインレッスン」は、動画ではなく、直接講師と繋げて質問なども出来る生レッスンです。

生レッスンでありながらリーズナブルに習得できるのが人気の秘密です。

タイピングが苦手な方でも習得できるカリキュラムがあります。

詳細は下記をご覧ください。

ブラインドタッチ講座

本格タイピング講座の詳細はコチラ

ココがおすすめ

パソコン教室パレハ直営校

パソコン教室パレハ直営校

■ パソコン教室パソコン教室パレハ広島市安佐南区緑井校

■ パソコン教室パソコン教室パレハ広島市中区本通り校

■ パソコン教室パレハ 静岡市駿河区南町校

ココがおすすめ

パソコン教室パレハグループ加盟校

自信をもってご紹介できるパソコン教室

下記はパレハグループ加盟校となります。

料金体制などは異なりますが、パソコン教室パレハが自信をもってご紹介できるパソコン教室です。

■ 岩出市のパソコン教室キュリオステーション

■ 岩出市にあるパソコン教室 「キュリオステーション 岩出店」の公式サイトはこちら

■ 愛知県名古屋市緑区にある有松パソコン教室

■ 愛知県名古屋市緑区にあるパソコン教室 「有松パソコン教室」の公式サイトはこちら

■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)

■ 宮崎市にあるパソコン教室Cosmarp(コスマープ)の公式サイトはこちら

全国加盟校一覧

全国のパソコン教室一覧(実店舗&オンライン)|パレハ直営校&グループ加盟校

ココがおすすめ

オンライン形式をご希望の方はこちら

オンライン形式をご希望の方はこちら

東京・名古屋・大阪・福岡・札幌・横浜・仙台・埼玉・千葉・沖縄などで受講したい方はオンラインレッスン(Googleミートを使ったオンライン個別レッスンです)をお選びください。

オンラインパソコン教室|オンラインなのに生レッスン

ココがおすすめ

パソコン教室講座一覧はこちら

パソコン教室講座一覧はこちら

他にもパソコンの講座は多数ございます。

詳しくは下記をご覧ください。

パソコン教室の受講コース案内(講座のご紹介)

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら