パソコン教室コラム

パソコン教室でクーリングオフや返金は?中途解約やトラブル対応まとめ

「パソコン教室に通いたいけれど、急な転勤が多くて通い続けられるか分からない。」「授業のレベルが自分に合っているか分からない。」等の理由で、パソコン教室でクーリングオフができるのか気になる方も多いのではないでしょうか?

本記事では、パソコン教室でクーリングオフができるのか、中途解約するにはどうすれば良いのかを解説します。

事前に情報を確認しておくことで、不利益を被ることのないようにしましょう。

オンラインでパソコン学べます

そもそもパソコン教室はクーリングオフできるのか?

そもそもパソコン教室はクーリングオフできるのか?

パソコン教室が提供するサービスが、特定商取引法上の「特定継続的役務提供」に該当する場合、クーリングオフの対象となります。

特定継続的役務とは、「サービスの提供によって知識・技術の向上等の目的達成を目指すが、その実現が確実ではない」という特徴を持つ有償のサービスの事を指します。

特定商取引法とは、商品の購入者が受ける可能性のある損害を防止し、消費者の利益を守ることを目的とする法律です。

例えば、「パソコン教室に長期の契約で入会したけれど、授業の内容が自分の求めているスキルに結びつかないので解約したい。」と思った場合に、中途解約できないと消費者にとって大きな不利益になってしまいます。

特定商取引法では、特定継続的役務提供を含むトラブルが起こりやすい商取引について、クーリングオフや中途解約を認め、事業者による法外な損害賠償請求を制限するなどのルールを定めています。

いわゆるパソコン教室は、政令によって特定継続的役務に指定されています。政令が定める期間・金額を超えて、継続的にサービスが提供される契約である場合はクーリングオフすることが可能です。

参照元:特定商取引法ガイド|消費者庁

パソコン教室は入会前に十分な注意を払う事が必要

パソコン教室は入会前に十分な注意を払う事が必要

パソコン教室入会後のトラブルは少なくありません。

入会する前に、講座内容や契約時に渡される書面の内容を十分に確認しましょう。

パソコン教室によっては、受講者にとって必要以上の講座を熱心に勧めてくるケースがあります。

あらかじめ自分が習得したいスキルを確認して、講座内容の妥当性を検討しましょう。また、講座の内容に不満があった場合に中途解約を申し出ても、それらしい理由をつけて返金を拒まれる事例もあります。

特定商取引法は、特定継続的役務提供について契約する場合に、締結前に契約内容を記載した書面をパソコン教室側が受講者側に渡さなくてはならないと定めています。

書面には「クーリングオフに関する事項」及び「中途解約に関する事項」を含めて、契約の概要を記載することが定められているので、入会前に必ず契約書を確認しましょう。

パソコン教室のクーリングオフの条件

クーリングオフの条件

パソコン教室との契約で、クーリングオフ制度を利用するにはいくつかの条件があります。

  • 契約の期間が2ヵ月を超えるもの
  • 料金の総額が5万円を超えるもの

いわゆるパソコン教室が提供するサービスのうち、上記の2つを満たすものが、特定商取引法上の特定継続的役務提供に該当し、クーリングオフの対象となります。

そのため、月謝制の教室である場合はクーリングオフの対象になりません。

なお、料金の条件は「総額」なので、講座のコース料金が5万円以下であっても、入会時の費用と合算して5万円を超えれば対象となります。

パソコン教室のクーリングオフの方法ですが、契約書を受け取った日を含めて8日以内に解約の通知を発送しましょう。

あくまで8日以内に発送を終えれば良いので、期間内に相手に届いている必要はありません。ただし、発送日を証明できないと後にトラブルを招く可能性があるため、発送には内容証明郵便等を利用すると良いでしょう。

パソコン教室が解約に応じてくれなかった場合

解約に応じてくれなかった場合

クーリングオフを利用できる期間が過ぎてしまっても、特定継続的役務提供に該当する契約である場合は、契約の中途解約が可能です。

もし、パソコン教室に解約を拒まれた場合は、消費者のための公的な相談窓口や弁護士に相談してみましょう。

消費者ホットライン「188」は、最寄りの消費生活センター等につながる全国共通の電話番号です。パソコン教室との契約トラブルを含めて、あらゆる消費生活関連の相談が可能です。

電話すると、相談員が内容を聞き取り、トラブル解決のための助言やトラブル相手との交渉、弁護士等の専門の相談機関への相談が適しているケースであれば適切な窓口を相談してくれます。

また、費用はかかってしまいますが、弁護士に相談するのも有効です。

費用がかかる分、依頼者の利益の保護を最優先に対応してくれます。

初回の相談が無料の弁護士事務所もあるので、お困りの際には参考にしてみてください。

クーリングオフを検討しているなら入会しない方が無難

クーリングオフを検討しているなら入会しない方が無難

急な引っ越しの可能性がある場合や入会前に講座内容に不安がある場合は、入会しない方が無難です。

パソコン教室との契約が、特定継続的役務提供に該当する場合にはクーリングオフや中途解約ができるとはいえ、クーリングオフの手続きには多少の手間がかかります。

また、クーリングオフの期限を過ぎてしまって中途解約をする場合、1回も講座を受講していない場合であっても、事業者は1万5千円の損害賠償請求をすることが可能です。

パソコン教室関連のトラブルのなかでも、解約に関する事例は少なくありませんので、早期に解約することを前提としての入会はおすすめしません。

パソコン教室でクーリングオフが発生する原因

クーリングオフが発生する原因

パソコン教室でクーリングオフが発生する原因がいくつがありますが、中には入会前の対策次第でそのような状況にならずに済むこともあります。

元々はパソコンの勉強がしたくて教室に通おうと思われたわけですから、あなた自身も嫌な思いや疲れる手続きなどはしたくないと思います。

クーリングオフが発生する状況を回避するための方法について解説します。

【原因】料金が高かった

料金が高かった

パソコン教室の受講の契約をして、代金を支払ったはいいもののよくよく考えると

  • 代金そのものが高過ぎる気がしてきた
  • 他にもっと安く学べる教室があった
  • 毎月の費用としてはちょっと厳しい気がしてきた

など、帰宅してから冷静に考えると、「予算的に厳しいかもしれない」「他にもっと安い所があった」などで、「やっぱり辞めたい」という方も少なくありません。

こういった「受講料金が高い」場合に発生するクーリングオフを回避する方法は以下の通りです。

自分が出せる予算を決めておく

自分が出せる予算を決めておく

まず第一に自分でいくらなら払えるのかという予算を決めておくことが重要です。

全てのパソコン教室、全ての講座が一律で同じ金額ということはあり得ません。

似たような金額であっても、例えば自宅から徒歩圏内の教室なのか、交通機関を利用して交通費が発生する距離なのかという所も考えましょう。

予算の目安としては、習い事なので、毎月1万円くらいは見ておいた方が良いです。

教室によっても講座のみの代金なのか、パソコンの使用料やその他の費用も毎月必要なのかなど異なります。

テキストも購入する必要があるところ、貸し出しでテキスト代がかからない所と様々です。

ご自身の収入、毎月の支出を計算した上で毎月どれくらいなら出せるのかを決めた上で、教室を探しましょう。

不明な点は入会までに質問して解決しておく

不明な点は入会までに質問して解決しておく

予算内で通えそうなパソコン教室を見つけたら、入会前にしっかりと説明を受けるようにしましょう。

  • 初期費用でいくらかかるのか
  • 毎月何にお金がかかるのか
  • 休学時はどうなるのか
  • 支払方法
  • 退会する場合はどのタイミングで申し出なければならないのか

など、お金に関することはたくさんあります。

事前に確認できることはきちんと確認し、その中で不明な点がある場合は必ず全て解消後、納得をした上で入会するようにしましょう。

いくつかのパソコン教室を候補にしておく

いくつかのパソコン教室を候補にしておく

パソコン教室を探す際は、1つの所に絞る必要はありません。

予算内で通えそうな教室が複数あれば、候補になっているパソコン教室全てから説明を受けて、その中からご自身が一番いいと思う教室に通われるといいです。

説明を受けたその日でなければ入会できないパソコン教室なんてありませんから、いくつかの教室を候補にして、費用面など細かい部分を比較して、一番いいと思うものを選びましょう。

【原因】教室の雰囲気や講師と合わなかった

教室の雰囲気や講師と合わなかった

入会してみたはいいけど、実際に教室に通ってみると…

  • 1~2回受けてみたけど教室の雰囲気自体が合わない
  • 教師が何を言っているのかサッパリわからない
  • 自分のレベルに合っていない教室だった

など、実際に通ってみると「自分に合わない」ということが意外と多いです。

こういった「通ってみた結果合わなかった」という場合に発生するクーリングオフを回避する方法は以下の通りです。

自分が通いたい教室なのか

自分が通いたい教室なのか

まずはホームページなどを見て、そこがどういった教室なのかを確認しましょう。

口コミを見てみたり、もし身近に通われたことがある方がいれば感想を聞いてみるのも良いですね。

ホームページ内に生徒さんのコメントなどがあればそれも確認しましょう。

ただ、この場合は、「ページ内に打ち込まれた文字でのコメント」より、「手書きのアンケート」や「動画のインタビュー」など信頼できるものを参考にしましょう。

大まかな教室の方向性や雰囲気が把握できると思います。

自分のやりたいことが学べるのか

やりたいことが学べるのか

パソコン教室には、「個別指導」「一斉授業」「個人レッスン」といった3つの形態が多いです。

どれを選んでも自分のやりたいことが学べれば良いですが、「一斉授業」は学校と同じように、全員が同じことをする形式なので、よく確認しましょう。

どのようにレッスンを進めていくのかは事前に確認しましょう。

Excelのピボットテーブルを学びたかったのに、「Wordからと言われた」「テキストの順番でしか進められないと言われた」などが無いようにしましょう。

無料体験を利用する

無料体験を利用する

一番いいのは、「無料体験」を利用することです。

体験レッスンを行うのは、その教室で実際にレッスンをしている講師です。

口頭での説明以上に、教室の雰囲気や、講師のレッスンがわかりやすいのか、質問しやすいのかなど多くのことを確認できます。

特に、パソコンを学ぶ上で一番重要なのは「講師との相性」です。

自分の質問意図を汲み取ってくれない、自分にわかるように説明してくれないというのは、相性が悪いです。

パソコン教室に通う際は、できる限り「無料体験レッスン」を受けてから入会するのかを決めましょう。

【原因】引っ越しや転勤になった

引っ越しや転勤になった

これは状況によっては難しい場合もあると思いますが、例えばご自身がお勤めの会社である程度人事異動の時期などが決まっている場合は、その時期を避けて、全体の異動の通達が出てから通われるといいですね。

しかし、予想外の引っ越しや転勤もあり得ることですから、その場合はクーリングオフを利用しましょう。

こちらもぜひご覧ください

通い放題(定額制)のパソコン教室のメリットとデメリット|徹底的に調べてみました

ハローワークのパソコン教室|職業訓練のメリットとデメリットを解説

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら