MOS資格・パソコン資格

MOS資格は大学生のうちに取ると良い?いつ取るのがベスト?

MOSを大学時代に取っておくと就職に有利

大学時代にMOS資格を取っておくと就職に有利

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を取得する際、大学時代はかなり有利な時期になります。

その理由は、時間がたっぷりあることです。

大学生であれば、学校に通いながらでも比較的に時間が作りやすいため、しっかりと試験対策ができるでしょう。

特に、「パソコンを触ったことがない」という初心者には、大学時代の取得がおすすめです。

まったく経験がない場合、タイピングをするだけでも時間がかかってしまい、思うように学習が進まないこともあります。

タイピングスキルを上げるには練習が必要ですが、忙しい生活をしていると、なかなか時間を確保することができません。

しかし、大学時代であれば、練習に費やす時間を見つけやすくなるでしょう。

MOS資格はパソコンのスキルが高いことを証明できる資格なので、就活ではとても役立ちます。

MOS資格は認知度・知名度共に高い資格なので、面接官も知っている人が多いです。

履歴書に書くことであなたのパソコンのスキルを伝えられることは、あなたにとってもメリットですし、明確な情報を得られることは企業にとってもメリットです。

初心者向けのコースがある講座などを利用し、講師からアドバイスを受けながら勉強すれば、パソコンに不慣れな人でも、合格できるレベルまで仕上げることは可能です。

これから大学へ通う人や、すでに大学生に通っている人は、ぜひ勉強を始めてみてください。

パレハの安心MOS講座

社会に出てからでは覚える事が多すぎる

社会に出てからでは覚える事が多すぎる

MOS資格を社会人になってから取得しようとしている人は、学習時間の確保が困難になる可能性があります。

就職してしまうと、MOS以外にも覚えることがたくさんあるものです。

基本的なビジネスマナーや、会社ごとに定められているルールなどは、優先的に覚えなければいけません。

しっかり身につけておかないと、スムーズに仕事ができなくなるからです。

それらを覚えることに時間をとれられていると、MOS資格のために使う時間は、あまり残らないでしょう。

パソコン初心者であれば、タイピングの練習もすることになるため、仕事帰りや休日だけでは、十分な勉強ができなくなってしまいます。

特に、上級レベルのスペシャリストを目指す場合は要注意です。

一般レベルのエキスパートよりも難易度が高いため、学習に使う時間はより長くなります。

人によって違いはありますが、初心者は80時間、経験者でも40時間は必要な内容です。

たっぷり時間を使ってスペシャリストの対策をするなら、社会人になる前に勉強を始めましょう。

オフィスソフト画面はさほど変わってない

オフィスソフトの画面は2010年以降さほど変わっていない

MOS資格取得の際は、オフィスソフトのインターフェイスの変化について悩む人もいますが、実際にはあまり気にする必要はありません。

現在のオフィスソフトの画面は、2007年以降に変わったものです。

その後も少しずつ改良が加えられており、2010年以降は少し違いが出てきますが、基本構成はほぼ同じものとなっています。

新機能の追加も、2016年の改良以降は、ほとんど行われていません。

どのバージョンでも、同じような操作で問題なく使うことができます。

そのため、大学時代にMOS資格を取得しても、特に困ることはないでしょう。

インターフェイスがあまり変わらなければ、就職してから本格的にWordやExcelを使う際、違いに戸惑うようなことはありません。

学生時代に習得したスキルで、しっかりと文書やグラフの作成を行うことができます。

「大学卒業後にした方がよいのではなか」と考えている人も、あまり悩まず、ぜひ在学中に取得してみてください。

大学によっては単位認定になる

大学によっては単位認定になる

MOS資格を大学在学中に取得した場合は、単位に認定されるメリットがあります。

そのため、単位について悩みがある人は、ぜひ受験を検討してみてください。

MOS資格の試験を受ける大学生の中には、「単位が欲しい」という理由で申込む人もいます。

単位を取得し、同時にオフィスソフトのスキルも身につけることができるため、一石二鳥の資格として、多くの学生から注目されているのです。

大学卒業や就職、転職の際には、とても役立つ資格になるでしょう。

ただし、取得すれば必ず単位がとれるわけではないので、少し注意が必要です。

MOS資格が単位認定されるかどうかは、大学によって異なります。

単位の取得が重要な目的になっている人は、事前に大学の情報を調べて、本当に単位認定されるか確かめた上で申込みましょう。

きちんと確認しておけば、取得後にがっかりすることはありません。

単位認定されない場合でも、WordやExcel、PowerPointなどのスキルを習得できることは確かなので、就職や転職では大きなメリットになるでしょう。

大学入学までにチャレンジするのも良い

大学受験合格後から大学入学までにチャレンジするのも良い

MOS資格を取得するタイミングとしては、大学に入学する前もおすすめです。

受験に合格してから入学するまでの間に、試験を受けてみてください。

入学前に取得した際のメリットは、入試に合格しやすくなることです。

MOS試験を取得していることをアピールすれば、他の受験者よりも一歩前に出ることができます。

誰もが取得している資格ではないため、高く評価されることが多いのです。

大学進学前に資格取得の余裕がありそうな場合は、少し早めに学習を始めていきましょう。

MOS資格を取得してから大学に入ると、クオリティの高いレポート作成ができることもメリットです。

オフィスソフトのさまざまな機能を駆使することで、より見やすいレポートに仕上がるため、他の生徒に差をつけられます。

単に文字を並べるだけのレポートよりも、評価されやすくなるでしょう。

課題作成がスムーズにできるようになると、学習を楽しめるようになり、授業でのストレスも軽減できます。

充実したキャンパスライフを送るためにも、MOS資格を取得してみてください。

MOS資格の全体像を知りたい方は別記事にまとめております。下記をご覧ください。

MOS試験とは|パソコン人気資格を徹底的に調べてみた

どうやって勉強する?

09_オススメ勉強方法

MOSはテキストを購入して、きちんと学習すれば独学でも勉強が可能です。

おすすめの勉強法については下記記事をご覧ください。

MOS資格対策|独学で取得可能?学習時間目安と合格率が上がる勉強方法

大事なのは使いこなせるようになること

使いこなせることが大事

資格を取得することは自分のスキルも高まりますし、就職活動などの場面においてスキルの証明になります。

言葉で「パソコンが使えます」という場合と、資格を提示する場合とでは説得力に差が出ますよね。

でも、大事なのはここからです。

アピール材料として資格の証明をしたわけですから、もちろん、企業もパソコンが使える人材として期待をします。

いざ、入社してから「あれ?」と思われないためには、資格を取得したあとも継続的にパソコンに触れ、感覚や操作方法、機能の使い方を忘れないようにすることが大事です。

mosメモ

MOS(microsoft office specialist)は、マイクロソフト社が認定するパソコンの中でも知名度・人気共にトップで、世界共通の国際資格で、さまざまな国の教育の場面でも活用されています。

日本でも企業全体で、業務におけるパソコンの使用は年々増加していますので、事務の方以外にも社会人はもちろん学生のうちから取得される人が多いです。

MOSはOffice(オフィス)製品のスキルを証明できるので、Word(ワード)、Excel(エクセル)、PowerPoint(パワーポイント)、Access(アクセス)、Outlook(アウトルック)の5科目があり、2013、2016、2019といったバージョンごとに一般と上級レベルがあり、試験当日に合格発表もあります。

初心者の人でも、基礎から学習し実務レベルまでスキルアップも可能なので、キャリアアップにもおすすめですし、就職や転職のアピールにもいいでしょう。

普段からパソコンが使い慣れた人でも模擬試験付きのテキスト教材を活用し、出題内容や操作方法を把握しておくことをおすすめします。

全国のパソコン教室で試験が実施されている受験しやすい試験なので、ぜひチャレンジしてみてください。

パソコン教室パレハのライン登録

メールの画像

メールはこちら

ラインの画像

LINEはこちら

電話の画像

お電話はこちら