MOS資格・パソコン資格

MOS資格は大学時代に取ると良い?必須資格をいつ取るのが良い?

大学時代にMOS資格を取っておくと就職に有利

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)の資格を取得する際、大学時代はかなり有利な時期になります。

その理由は、時間がたっぷりあることです。

大学生であれば、学校に通いながらでも比較的に時間が作りやすいため、しっかりと試験対策ができるでしょう。

特に、「パソコンを触ったことがない」という初心者には、大学時代の取得がおすすめです。

まったく経験がない場合、タイピングをするだけでも時間がかかってしまい、思うように学習が進まないこともあります。

タイピングスキルを上げるには練習が必要ですが、忙しい生活をしていると、なかなか時間を確保することができません。

しかし、大学時代であれば、練習に費やす時間を見つけやすくなるでしょう。

MOS資格はパソコンのスキルが高いことを証明できる資格なので、就活ではとても役立ちます。

初心者向けのコースがある講座などを利用し、講師からアドバイスを受けながら勉強すれば、パソコンに不慣れな人でも、合格できるレベルまで仕上げることは可能です。

これから大学へ通う人や、すでに大学生に通っている人は、ぜひ勉強を始めてみてください。

社会に出てからでは覚える事が多すぎる

MOS資格を社会人になってから取得しようとしている人は、学習時間の確保が困難になる可能性があります。

就職してしまうと、MOS以外にも覚えることがたくさんあるものです。

基本的なビジネスマナーや、会社ごとに定められているルールなどは、優先的に覚えなければいけません。

しっかり身につけておかないと、スムーズに仕事ができなくなるからです。

それらを覚えることに時間をとれられていると、MOS資格のために使う時間は、あまり残らないでしょう。

パソコン初心者であれば、タイピングの練習もすることになるため、仕事帰りや休日だけでは、十分な勉強ができなくなってしまいます。

特に、上級レベルのスペシャリストを目指す場合は要注意です。

一般レベルのエキスパートよりも難易度が高いため、学習に使う時間はより長くなります。

人によって違いはありますが、初心者は80時間、経験者でも40時間は必要な内容です。

たっぷり時間を使ってスペシャリストの対策をするなら、社会人になる前に勉強を始めましょう。

オフィスソフトの画面は2010年以降さほど変わっていない

MOS資格取得の際は、オフィスソフトのインターフェイスの変化について悩む人もいますが、実際にはあまり気にする必要はありません。

現在のオフィスソフトの画面は、2007年以降に変わったものです。

その後も少しずつ改良が加えられており、2010年以降は少し違いが出てきますが、基本構成はほぼ同じものとなっています。

新機能の追加も、2016年の改良以降は、ほとんど行われていません。

どのバージョンでも、同じような操作で問題なく使うことができます。

そのため、大学時代にMOS資格を取得しても、特に困ることはないでしょう。

インターフェイスがあまり変わらなければ、就職してから本格的にWordやExcelを使う際、違いに戸惑うようなことはありません。

学生時代に習得したスキルで、しっかりと文書やグラフの作成を行うことができます。

「大学卒業後にした方がよいのではなか」と考えている人も、あまり悩まず、ぜひ在学中に取得してみてください。

大学によっては単位認定になる

MOS資格を大学在学中に取得した場合は、単位に認定されるメリットがあります。

そのため、単位について悩みがある人は、ぜひ受験を検討してみてください。

MOS資格の試験を受ける大学生の中には、「単位が欲しい」という理由で申込む人もいます。

単位を取得し、同時にオフィスソフトのスキルも身につけることができるため、一石二鳥の資格として、多くの学生から注目されているのです。

大学卒業や就職、転職の際には、とても役立つ資格になるでしょう。

ただし、取得すれば必ず単位がとれるわけではないので、少し注意が必要です。

MOS資格が単位認定されるかどうかは、大学によって異なります。

単位の取得が重要な目的になっている人は、事前に大学の情報を調べて、本当に単位認定されるか確かめた上で申込みましょう。

きちんと確認しておけば、取得後にがっかりすることはありません。

単位認定されない場合でも、WordやExcel、PowerPointなどのスキルを習得できることは確かなので、就職や転職では大きなメリットになるでしょう。

大学受験合格後から大学入学までにチャレンジするのも良い

MOS資格を取得するタイミングとしては、大学に入学する前もおすすめです。

受験に合格してから入学するまでの間に、試験を受けてみてください。

入学前に取得した際のメリットは、入試に合格しやすくなることです。

MOS試験を取得していることをアピールすれば、他の受験者よりも一歩前に出ることができます。

誰もが取得している資格ではないため、高く評価されることが多いのです。

大学進学前に資格取得の余裕がありそうな場合は、少し早めに学習を始めていきましょう。

MOS資格を取得してから大学に入ると、クオリティの高いレポート作成ができることもメリットです。

オフィスソフトのさまざまな機能を駆使することで、より見やすいレポートに仕上がるため、他の生徒に差をつけられます。

単に文字を並べるだけのレポートよりも、評価されやすくなるでしょう。

課題作成がスムーズにできるようになると、学習を楽しめるようになり、授業でのストレスも軽減できます。

充実したキャンパスライフを送るためにも、MOS資格を取得してみてください。

MOS資格の全体像を知りたい方は別記事にまとめております。下記をご覧ください。

mos試験を調べているを表現している画像
MOS資格とは?|パソコンの人気資格を徹底的に調べてみた

今回の記事は「MOS資格とは?|パソコンの人気資格」について書いております。
そもそもMOS資格って何?という方が多いと思います。
人気パソコン資格MOSについて詳しく解説してみました。

続きを見る

もっと詳しく

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

パソコン教室パレハのオンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハトップページヘ

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハのフランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

パソコン教室パレハの在宅ワーク

パソコン教室パレハの在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-MOS資格・パソコン資格

メールフォーム

メールフォーム

LINEはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

お電話はこちら

© 2021 パソコン教室パレハ