マック基本操作|USBメモリの安全な使い方&安全な差し込み方|mac

今回は、マックを使った時の「USBメモリ」の使い方をお話したいと思います。

基本的にはウインドウズと同じと考えて良い

マックには、マック専用のUSBメモリがあるのではないか?

と思われる方もいらっしゃるのですが、基本的には、ウインドウズと同様に使えます。

ウインドウズで使えるものをそのままマックに突き刺してもらえれば中身が見れます。

しかしながら、ハードディスクの場合、仕組みが異なるので、表示されない場合もございます。

USBメモリであれば大丈夫です。

詳しい解説動画をご覧下さい

下記、動画の内容を文字起こししております^^

【今回行うこと】

「マック基本操作|USBメモリの差し込み方使い方」についてお話したいと思います。

【具体的操作方法】

※USBメモリの用意をお願いいたします。

【1】USBメモリの差し込み方

パソコン横にある差込口にUSBメモリを差し込んでください。

【2】USBメモリが差し込まれたか確認の仕方

画面下に表示されている「Finder」をクリックします。

デバイス下に表示されている「~USB」と表示されていますのでクリックします。

※今回は生徒様USBと表示されています。

USBメモリに保存することができます。

【3】差し込んだUSBメモリの保存の仕方

今回エクセルのファイルを保存します。エクセルの画面上に表示されている「ファイル」をクリックします。

「名前を付けて保存」を選択します。

「場所」の右横∨をクリックして~USBを選択します。

※今回は生徒様USBと表示されています。

「保存」を選択します。

~USBの保存されましたので確認をしてみてください。

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!