MOS資格・パソコン資格

MOS資格公式サイトの重要項目をまとめました|ガイド一覧

MOS資格の受験方法

マイクロソフトオフィススペシャリスト(MOS)には、以下のような2種類の受験方法があります。

  • 全国一斉試験
  • 随時試験

それぞれ申込み方法は異なりますが、受験料や試験内容、合格認定証などは基本的に同じです。

どちらか自分に合った方を選択し、余裕をもって申込みをしましょう。

受験方法の違いは以下のとおりです。

【全国一斉試験】

  • 毎月1~2回実施
  • 全国にある一斉試験会場から選択して受験
  • 試験日の1ヶ月~1ヶ月半前にインターネットで申込み

【随時試験】

  • ほぼ毎日実施
  • 全国の1700の会場から選択して受験
  • 試験会場に直接申込み

受験資格は特にないため、何歳でも申し込み可能です。

国籍に関する制限もないため、海外出身の人でも問題はありません。

ただし、未成年者のみ、「保護者の同意を得ること」というルールが設けられているので、学生の人は注意してください。

同じ科目を再度受験する際には、以下のような時間のルールもチェックしておきましょう。

  • 2回目は24時間経過していないと受験できない
  • 3回目以降は48時間経過していないと受験できない

さらに詳しい情報は、公式サイトで確認してください。

MOS資格を受験する方法

MOS資格の対策方法

MOS資格の対策には、2つの方法があります。

  • 独学
  • 対策講座での学習

対策教材を購入し、自分のペースで学習を進めたい人には独学がおすすめです。

独学で勉強する場合は、3つのバージョンから対策教材を選択できるようになっています。

  • MOS365&2019
  • MOS2016
  • MOS2013

それぞれのバージョンで、ワード(Word)やエクセル(Excel)、パワーポイント(PowerPoint)、アクセス(Access)、アウトルック(Outlook)などの教材が用意されているので、必要なものを選びましょう。

他にも、アプリケーションや試験レベルなどで絞り込む詳細検索が可能なので、うまく利用しながら、自分に合った対策教材を見つけてみてください。

自分だけで勉強することに不安がある人には、講座の受講が適しています。

講師に質問や相談ができるため、独学では難易度が高い部分も、深く理解することができるのです。

対策講座を実施している会場はバージョンごとに検索できるようになっているので、住所や実施日などをよく見て、自分に合った講座を見つけましょう。

詳しくは公式サイトで確認してください。

MOS資格対策方法

独学で学習される方のいらっしゃいます。

独学に関しては別記事にまとめました。

MOS資格は独学で取得できる?|パターン別4つの具体策公開

この記事はMOS資格を独学で合格できる秘密の方法について書いたものです。
MOS資格を取りたいがどのように勉強していけばよいかわからないと多くの方に言われます。
「MOS資格を独学で合格できる秘密の方法」を書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

当教室のような講座を受けるのも対策方法の1つです。

MOS資格対策講座
パソコン教室パレハのあんしんMOS資格合格コース|初心者でも安心

あなたはこんなことでお困りではないですか? 職場の人にパソコンの事を聞きにくい 教えてもらっても意味がわからない 身近に気軽に聞ける人がいない 独学で学んだけどうまくいかない インターネットや文字入力 ...

続きを見る

MOS資格を生かす方法

MOS資格公式サイトでは、資格取得後のさまざまな活用方法を紹介しています。

まず注目したいのは、実際に試験を受けて合格した人たちの声です。

合格者のコメントは、以下の4つに分類されています。

  • 学生時代に合格
  • スキルアップに成功!
  • 就職・転職に活用
  • 頑張る!中高年

幅広い年代の合格者の話が集められており、MOS資格を取得しようと思ったきっかけや、実際に行った勉強法、取得後の状況などを知ることができます。

「興味はあるけどまだ迷っている」という人は、合格者の声を参考にしながら、じっくり検討してみてください。

申込みを躊躇している場合には、MOS資格の必要性を知ることも大切です。

公式サイトでは、MOS資格を取得してから就職した人のリアルな意見や、普段からExcelを活用している会社の話もチェックできます。

MOS資格を取得した場合のメリットなどが詳しく紹介されているので、合格者の声とあわせて読み、自分に必要かどうか考えてみましょう。

他にも、MOSをいかした就活の漫画やMOS世界学生大会など、MOS資格の活用に関連したコンテンツが豊富に揃っているので、興味がある人はぜひ公式サイトへアクセスしてみてください。

MOS資格の良くある質問

これからMOS資格を受験する人は、事前によくある質問を読んでおくことも大切です。

公式サイトでは多くのQ&Aを読むことができるので、初めて試験に臨む人は、不安な部分を調べておきましょう。

良くある質問は、以下のような8項目に分かれています。

  • 試験全般
  • 試験対策
  • 受験者ID・デジタル認定証
  • 申込み手続き
  • 試験当日
  • 合格後・合格認定証
  • マイクロソフト オフィス マスター
  • 試験名称変更

試験の概要や受験資格、パソコンの環境といった準備に役立つ情報から、履歴書の記載方法や合格認定証といった受験後の情報まで、幅広くカバーされています。

当日の持ち物や注意点なども記載されているので、細かく読んでおけば、試験の緊張感や不安を和らげることができるでしょう。

8つの項目に知りたいことがない場合は、お問い合わせフォームを利用がおすすめです。

質問を送信すると受付メールが届き、カスタマーサービスから回答が送られてきます。

詳しくは公式サイトで確認してください。

MOS資格を生かす方法

MOS資格ではWordとExcelどちらを選択するべきか?

企業などで良く使われているオフィス製品は、Excelです。

Wordよりも活躍する機会が多く、国内トップクラスの大手企業などでも、日常的に使われています。

Excelの方が人気の理由は、幅広い作業に使うことができるからです。

請求書や見積書、名刺、パンフレットなどの作成は、WordでもExcelでも可能となっています。

文書の作成などはWordでないとできないと思われがちですが、実際にはExcelだけでも事足りるのです。

さらに、Excelには集計業務やデータ分析に適しているという強みがあります。

Wordは集計や分析には向いていませんが、Excelがあれば問題はありません。

こうした汎用性の高さから、Excelは多く人から重宝されています。

したがって、MOS資格でもExcelの方が注目されやすくなっていますが、これから取得する人は、Wordの方も取得しておくことをおすすめします。

これは、ExcelとWordはセットで考えられることが多いからです。

どちらか一方だけ選択していると、不自然な印象を与えることがあります。

先に学ぶのはExcelでも構いませんが、そのあとでWordのスキルも身につけておくことが大切です。

MOS資格の全体像を知りたい方は別記事にまとめております。下記をご覧ください。

mos試験を調べているを表現している画像
MOS資格とは?|パソコンの人気資格を徹底的に調べてみた

今回の記事は「MOS資格とは?|パソコンの人気資格」について書いております。
そもそもMOS資格って何?という方が多いと思います。
人気パソコン資格MOSについて詳しく解説してみました。

続きを見る

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-MOS資格・パソコン資格

メールフォーム

メールフォーム

LINEはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

お電話はこちら

© 2021 パソコン教室パレハ