下記、動画の内容を文字起こししております^^

どうもどうもミスターしかっちです。
今日もパソコンの勉強をしましょう(^o^)/

【今回行うこと】

「人にパソコンを貸す時にパソコンの中身を見せずに貸し出す方法|Windows7編」についてお話したいと思います。

【パソコンの中身を見せずに貸し出す方法とは】

誰かにパソコンを貸すことになった場合、基本パソコンの中身の情報を見られてしまうことになります。しかし、パソコンの中に入っている自分の情報を見られないようにパソコンの中の違う場所で作業をしてもらうことができます。
それはユーザーアカウントの設定を行うことによって見られないようにできますので、今回その方法についてお話したいと思います。

【具体的操作方法】

パソコンに入っている自分の情報の中身を見られないように、ユーザーアカウント設定についてお話します。
※Windows7で今回操作を行います。

【1】ユーザーアカウント設定の仕方

画面左に表示されている
「スタート」ボタンをクリックします。

「コントロールパネル」を選択します。

「ユーザーアカウントの追加または削除」を選択します。

「新しいアカウントの作成」を選択します。
※アカウントとは、同じパソコンの中に別の場所を作ることが出来るという意味合いです。


「アカウントに名前を付けて、アカウントの種類を選択します。」
の設定画面が表示されます。

【2】アカウントの作成の仕方

「アカウントに名前を付けて、アカウントの種類を選択します。」
の設定画面が表示されます。

標準ユーザー左○をクリックします。

「新しいアカウント名」の枠をクリックして
自分の付けたいアカウント名を入力します。

「アカウントの作成」ボタンをクリックします。

「コントロールパネル」→「変更するアカウントを選択してください」に作成したアカウントが表示されていますので選択するとアカウントの変更ができます。
※アカウントにパスワードをかける場合には、アカウントをクリックして「パスワードの作成」を選択するとパスワードを入れることが可能です。

この方法で行ってみてください。

今日はこのぐらいで終わりにしておきましょう!
ではまたお会いしましょう!さようなら(^o^)/

LINE@はじめました^^

LINE@はじめました^^パソコン苦手な方が得意になれる「ブログ」「動画」が届きます^^

↓↓↓ご登録は下記からお願いします^^↓↓↓

QRコードは下記からお願いします^^