新規集客

行きたくなるチラシの作り方のコツ|人気パソコンスクール経営者が秘密暴露

  1. HOME >
  2. 新規集客 >

行きたくなるチラシの作り方のコツ|人気パソコンスクール経営者が秘密暴露

こちらをご覧になられていると言う事は、新規集客に悩まれているのだと思います。

お気持ちわかります。私も集客には苦労しました。

10年以上パソコン教室を運営しておりますが、パソコンの操作方法だけを当初は教えていました。

ですが、徐々に「操作方法」ではなく「内容」に関して聞かれる事が増えてきました。

幸いにも、私はパソコン教室のインストラクターなのでパソコン操作は長けております。

また、私自身が経営者なので、集客の為に、チラシを多く作ってきました。

しかしながら、当初はうまく集客できませんでした。

その理由がなぜなのかわからなかったのですが、研究を重ねた結果、「これだ」というものが見えてきました。

それを今回お伝えしたいと思います^^

あなたのチラシで、集客ができない3つの理由

 

デザイン重視

確かにデザインは重要です。ですが、そのデザインと言うのは「集客の為のデザイン」であるべきです。

一般的な失敗しているチラシの「デザイン」は「見た目のかっこよさ」のみを追求しております。それが集客できない理由です。

大手の出すチラシは確かに「デザインもよい」ですが、その前に「チラシ作成の上で重要な内容」を重視しているのです。

ですが、一般の方はそこまで深く考えていません。

なので「デザイン」だけを見て「このデザインなら集客できると勘違いしているのです。

誰に対してのチラシなのか?

チラシって一言で言うと「手紙」なんです。

来て欲しいお客様に対して、来店なり、購買なりをしてもらう為に「メッセージ」を送っているんですね。

そのメッセージを送る相手を考えずにチラシを作ると「ピントがぼけたチラシ」になってしまいます。

多くの方が間違っているチラシで言うと

「春のキャンペーン」とか

「大幅割引」とか

そういった誰でも当てはまるような内容を大きな見出しにしている事が多いのです。

よってお客様は誰も「自分のこと」だと思わずに反応がないという結果になります。

なぜその商品が必要なのか?

あなたの商品をなぜ買わないといけないのですか?その理由が明確でないと、お客様は動きません。

厳しい事を言うようですが、似たような商品はたくさんあります。

「いや、うちの商品は他のものとは違うんですよ」

と言われても世の中の人はぴんと来ません。

例えば、私はパソコン教室を行なっておりますが、他の教室とは明らかに異なります。といってもぴんと着ていないと思います。

他にも

  • ハウスメーカーのそれぞれの特徴って言えますか?
  • 医薬品メーカーの特徴をそれぞれ言えますか?
  • 英会話教室のそれぞれの教室の特徴をいえますか?

興味がある方はいえると思いますが、全員が全員知っているわけではありません。

知っていると思っているのは運営側だけです。

その「お客様は何も知らない」という大前提に立たないと集客は無理です。

今まではたまたまあたっただけでしょう。

下手な鉄砲も数を打てば当たる事もあります。

どんなチラシが効果があるのか?

重要なのは

  1. 誰に対しての
  2. どんな悩みが解決できる商品なのか?
  3. 結果的に将来どうなるのか?

これらをチラシで提示する必要があります。

チラシ1枚で、これだけの事を伝える為には相当の技術が必要になります。

それをコンパクトにまとめるのです。

チラシは1秒が勝負です。

その1秒で目を引いて、来店につなげる必要があります。

チラシを自分で作る為にはどうしたら良いのか?

 

【1】ターゲットを決める

漠然としてはダメです。あなたの商品は誰に売りたいのですか?その人を思い浮かべてください。

それを考えるのが難しいようであれば、お客様の中で具体的な人をあげると良いでしょう。

「この人が理想なんだけどな」

という人を思い浮かべてください。その人に対してチラシを作るんだと思ってください。

他の人は関係なくその人だけを思い浮かべるのがポイントです。

【2】その人の悩みを考える

その人の悩みはどんな事ですか?なぜ悩んでいるのでしょうか?

なぜその悩みを解決しないといけないのでしょうか?

人は悩みを抱えます。その悩みは出来ればないほうが良いと思っています。

でも、どうやって解決したらよいかわからないのです。そんな時にあなたの商品の出番です。

あなたのそのすばらしい商品でお客様の悩みを解決して上げるのです。

その悩みを考えておくと、お客様に対する見出しが思い浮かびます。

【3】将来どうなるかを伝える

悩みがなくなったらどうなるのでしょうか?

その具体的な将来像を教えて上げるとイメージが分りやすくなります。

今回でいうと「新規集客で悩んでいるあなたは、チラシが作れるようになると、新規集客で悩まなくてよくなります。

その結果、仕事に集中できます。新規集客に悩まなくてよいということは、売上に悩まなくてよくなるということです。

そうすれば、お金の心配もなくなります。お金の心配がなくなれば、生活が自由に出来ます。

家に帰っても、明るいお父さんやお母さんでいることが出来るのです。

今までは、不安に思いながら日常も過ごされていたと思います。

その悩みから開放されると空気がかわります。家族関係もよくなるでしょう。

と言うように、具体的な将来像を伝える事が大切です。

具体的なチラシ作成テクニック

実際に集客を行なっているチラシを元にして解説していきます。

【1】ヘッドライン

一番上の見出しの事をヘッドラインと言います。チラシは1秒が命です。まずは「読んでもらう」ことを意識してください。

呼んでもらうためには「ヘッドライン」と呼ばれる「見出し」が命になります。この見出しに「あ、自分の事だ」と思える文章が書いてあれば人は読んでくれます。

人間と言うのは不思議なもので、ぼんやり日常を過ごしているように見えて「自分に関係ある」と思うものにはアンテナが張ってあるものです。ここで「あなたへのメッセージですよ」というアピールをしていくとその後につながります。

あくまでもここでもポイントは「まず読んでもらう」事が目的になります。それだけに注力して下さい。

【2】悩みを書き出す

悩みを10個程度書き出してください。ここで「うん、うん、そういうことで悩んでいるの」という共感を得ましょう。

出来れば、悩みは30個から50個程度書き出せれば最高です。その中から選んだ10個を書いておくとより効果が得られるでしょう

【3】お客様の声

いくら、自分で「うちの商品はよいのです」といっても「本当かな?」と思いませんか?実際、今あなたがこちらの文章を読まれながら「本当かな?」と思われていると思います。

人間は「失敗したくない」生き物です。「買いたい」という気持ちはあるのですが「失敗したらどうしよう」という防御反応が働きます。そこで、「大丈夫ですよ」というのを「自分」ではなく「他人」に語ってもらうのです。

例えば、ケーキ屋さんが「うちのケーキはめっちゃうまいですよ」というよりも、あなたの親友が「あのケーキめっちゃおいしかったよ」と言うのをどちらを信用しますか?

他人からのオススメと言うのは、自然と「高評価」につながります。よって、自薦ではなく他薦をするようにあなたのお客様に、あなたのお店を語ってもらってください。

【4】信憑性

ここでも自薦ではなく他薦を掲載してください。

あくまでも「事実」を載せます。

「テレビに取材された」「雑誌に載った」といった事実がありませんか?

そういった事実を載せます。

それが信頼につながります。

よく「いやーなんか自慢をしているみたいで」といわれる方がいらっしゃいますが、自慢ではなく「事実」なんです。

それを着飾らずに「載りました」だけ伝えればよいです。

すごいでしょ?

ではなく「掲載されました」それだけ良いのです。それによって、信頼度がアップします。

【5】今いかないといけない理由

なぜ今行かないといけないのか?

今行きたくなるような提案をしましょう。

これを「オファー」と言います。

今だけ「無料キャンペーンをやっています」「先着順です」というように「手に入れたい」と思ってもらうことが大切です。

【6】誰でもわかる連絡先

この話をすると笑う方が多いのですが、連絡先は「小学生が見てもわかるようにしておく」というのが鉄則です。

よく言われるのが「他の事を載せたいから連絡先は小さくてよいよ」とか「探せばわかるから」とか。

これはご覧になられている方に対して失礼な話です。問い合わせたいにもかかわらず問い合わせの仕方がわからないというチラシが本当に多いのです。

電話番号を書いていても「かけてよいのかどうかわからない」と言う方もいらっしゃるのです。

ご年配の方は特に気を使われます。

冗談のような真剣な話です。

誰でも「こうやって問い合わせたらよい」という内容を書いておく必要があります。

パソコン教室を成功させるコツ

行きたくなる、効果的なチラシ作りの前に考えることは、経営を成功させるために事前に考えておくべきこととの類似点が多くあります。

個人経営も、チラシも、目的は「集客」です。

集客できなければ経営は成り立たず、集客につながらないならチラシ配布も無意味に終わります。

すべては「集客」のため、客側の立場になって考えることが重要です。

成功のコツについて、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

パソコン教室の個人経営を成功させる5つのコツ

起業するならば、得意なパソコンスキルを活かしてパソコン教室を開きたいと思っていませんか? しかし、パソコン教室を個人経営して生活が成り立つのか不安な方も多いでしょう。 結論から言えば、パソコン教室で独 ...

続きを見る

講座を受講する

チラシ作成のポイントやコツについてお話ししましたが、実際に自分で作るのは難しいという方には『チラシ作成講座』をおすすめします。

実際に自分も悩み、学び、実験を繰り返し、最終的にたどり着いた実績のあるチラシ作成を「ひな形」として教えています。

ただのチラシではありません。

「集客できるチラシ作成」について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

パソコン教室チラシ作成講座|配るたびに集客できるチラシ公開

あなたはこんな事で悩んでいませんか? ・新規集客で悩んでいる ・良いお客さんが来ない ・チラシを撒いたけど反応がなかった ・ポスティングをしたけど反応がなかった ・チラシではもう集客できない ・自分で ...

続きを見る

起業に必要なこと

経営に欠かせない「集客」ですが、起業にあたり集客以外にも必要なことがあります。

個人が起業で必要なことを一覧で解説しています。

不安がある場合には、フランチャイズでの開業も検討してみてはいかがでしょうか。

サポートもありノウハウを学ぶこともできます。

自分に合った起業の方法を選び、仕事への満足度を高めましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

no image
個人で起業するには何が必要?必要な8つのこと

日本政策金融公庫の「起業と起業意識に関する調査」によれば起業家の約7割が仕事に満足している一方、非起業家のうち仕事に満足している方は4割を切ります。 起業を検討している方は実際に起業することで、仕事へ ...

続きを見る

まとめ

いかがだったでしょうか?チラシ作成のポイントをこれでもか!というくらい書いてみました。このチラシは実際に配布してそれなりに反応のあったものです。まねして出せばある程度反応はあります。あなたのお店に置き換えて行なってみてください^^

これには裏面もありますが、それはまたの機会にお伝えさせてもらいます^^

もしも、チラシの作り方でお悩みであれば、作成のページを用意しておりますのでご参考にしてください

超簡単!パワーポイントで作るチラシの作り方とコツと注意点を動画解説

超簡単!ワードで作るチラシの作り方とコツと注意点を動画解説

超簡単!エクセルで作るチラシの作り方とコツと注意点を動画解説

 

 

 

 

 

 

 

-新規集客

© 2021 教室ビジネス 集客どっとこむ Powered by AFFINGER5