Excel(エクセル)のコツ エクセル チラシ作成 ブログ

パソコン教室|本格チラシ作成・作り方無料動画講座|エクセル編

更新日:


エクセルで本格チラシ作成する方法を無料で公開します

皆さんこんにちは!

パソコン教室キュリオステーションです。私はパソコンが苦手だったパソコン講師です^^

こちらをご覧になっていると言う事は、自分でチラシを作ってみたいなと思われている方かと思います。

今回、これだけ覚えておけば応用がきくという動画を多数用意しました。

こちらを見て実際に作成をしてみてください^^

ですが、その前に、エクセルで作るうえで知っておいたほうがよい注意点を書いておきます。

参考になさってください。

本来はイラストレーターやフォトショップと言うソフトを使用する

プロは「イラストレーター」や「フォトショップ」は高額

多くのプロの方は「イラストレーター」や「フォトショップ」を使用して作ります。

この方が本格的に作れます。細かい設定や細部にわたって作りこむ事が出来ます。

ですがそれを使いこなそうとするとかなり高額になります。

ソフト自体を単体で購入すると1本辺り7万円くらいは最低でもかかります。

また最近は月額制の仕組みもありますが毎月使用料として5千円程度かかります。

「イラストレーター」や「フォトショップ」を覚えるのに時間がかかる

また、購入したとしても、それを覚える必要があります。

「イラストレーター」や「フォトショップ」を学ぶ為に授業料も必要になります。

「イラストレーター」や「フォトショップ」は覚えるのに相当な時間がかかります。

独学で学べばその分は浮きますが、いきなり独学で学ぶのは難しいと思います。

なので、一般の方や、小規模経営者の方が使うにはハードルが少し高いように思います。

もしも、本格的なものをご希望なのであればプロの方に任せたほうが良いと思います。

自分で作るのにオススメな方はこちら

ですが、

業者に依頼すると時間がかかるので自分で作りたい

自分で作って予算を抑えたい

マーケティングを学んでいるので反応などを見ながらやりたい

デザイン面よりも、実際の反応を優先したい

アイデアが浮かんだらすぐに作りたい

という考えをお持ちの経営者の方にはパワーポイントやエクセルやワードがお勧めです。

そういった方向けにこちらのブログを書きました。

エクセルである程度かっこいいものができます

よく言われるのが「デザインがかっこいいのが作れない」という意見ですが、そんな事はありません。

エクセルでも良いものは十分作れます。

エクセルは昔のものと比べてかなり進化を遂げました。

2003年版を使用されていたらちょっとしんどいですが、2007年版以降のエクセルをご利用なのであれば、本格的なものが作成できます。

エクセルは色味が異なります

「イラストレータ」や「フォトショップ」で作成したときの一番大きなポイントは「色味」です。

もともと、「印刷の時の色」と「モニターなどの画面上で見るときの色」は大きく異なります。

仕組みがそもそも違うのです。

印刷の時は「CMYK」という仕組みを使用します。

モニターの際は「RGB」という仕組みを使用します。

これによって、画面で見ていたときと、印刷をした時の色が若干異なるのです。

そこだけ注意すれば、後はある程度のものが作る事ができます。

ポイントは「ワードアート」「写真」「図形」の3つです

この3つを主に利用して作ります。

ワードアート・・・文字を入力する箱のことです。

ワードの場合、直接文字を入力すると移動が大変です。

そこで、このボックスに入れておけば、後から用意に動かす事ができるようになります。

写真・・・その名のとおり写真です

スマホやデジカメなどで撮影した写真をワードに入れる事が出来ます。

その時にちょっとしたコツがあるのでそこを詳しく解説します。

図形・・・オートシェイプとも言います

いわゆる「四角」とか「丸」といった図形です。

それらを組み合わせて、文字の背景に持ってきたりして形を整えます。

デザインのコツは良いものを参考にする

デザインを一から想像しようと思うと非常に大変です。

なのでお勧めは「デザインの真似」をすることです。

「良いな」と思うチラシを用意してその通りに作っていきます。

デザインと言うのは「バランス」が主になってきますので、その場所に違う言葉で入れれば、似たデザインになって行きます。

よって、日常から好みのデザインのチラシを探しておくと良いでしょう。

パワーポイントをお持ちなら絶対にパワーポイントがお勧めです

ワードやエクセルと異なり、パワーポイントはチラシ作成に非常に向いているソフトです。

ワードやエクセルでも出来なくはないですが、操作が格段に行ないやすいのがパワーポイントです。

もしもパワーポイントを触った事がなくてもご安心ください。

チラシを作るだけであれば大丈夫です。ぜひパワーポイントで行なってみてください

パワーポイントの作成方法はこちらのページ

ワードで作り方はこちらをご覧下さい

パワーポイントが無くて、エクセルが苦手だという方は「ワード」が良いでしょう。

ワードの作り方も書きました。

下記をご覧下さい。

パソコン教室|本格チラシ作成・作り方無料動画講座|ワード編

下記の要領を見ながら行なってみてください

用紙サイズ設定方法

用紙サイズが重要です。

A4のサイズに設定することから始まります。

ワードアートの挿入と移動方法

ワードアート言うのは「文字をかっこよくするもの」です。

単純に文字を書くのではなく、文字を入れて、かっこよくできて、尚且つ簡単に動かす事ができます。

これを覚えれば、文字入力が自由自在に使えます。

ワードアートの字体・大きさ・色変更方法

ワードアートの良いところは「自由自在に動かす事が出来る」という点です。

動かし方のコツがあります。

写真・画像・イラストを入れる方法

写真や画像があると雰囲気が大きく異なります。

その行ない方をお伝えしています。

図形の入れ方

図形を入れると、アクセントになります。

その方法をお伝えしています。

超簡単なコピー方法

コピーの技を覚えると作業が非常に楽になります。

そのコツをお話しています。

写真や図形の順序を変更する方法

写真や図形などを入れていくと、「これを前に持って来たい」という事が出てきます。

その順序変更を行なう方法をお伝えしています。

QRコードを作ろう

チラシにQRコードがあると問い合わせにつながります。

その方法をお伝えしています。

PDF変換方法

チラシの業者に発注する為には、PDFに変換する必要があります。

その方法を詳しくお伝えしています。

まとめ

今回はチラシ作成の方法をお話しました。これらの方法を行なえばチラシが作成できます。

 


-Excel(エクセル)のコツ, エクセル, チラシ作成, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.