パソコン教室開業

フランチャイズ契約でパソコン教室を開業する知識

  1. HOME >
  2. パソコン教室開業 >

フランチャイズ契約でパソコン教室を開業する知識

低資金で開業できるフランチャイズビジネスは様々な業界で注目されています。

パソコンが得意な方は、特技を活かして自宅でパソコン教室を開きたい方も多いのでは?

フランチャイズ契約してパソコン教室を始めるにはどんな準備や開業資金が必要なのでしょうか。

今回は、フランチャイズビジネスでパソコン教室を開業する知識をご紹介します。

パソコン教室のフランチャイズ契約とは?

「独立してパソコン教室を開きたいけど、経営ノウハウが分からない…」という方には、「フランチャイズ契約」という選択肢があります。

フランチャイズ契約とは、本部からの支援を受けながら事業を始めることができるビジネススタイル。

パソコン教室に必要な教材や集客手段を研修で学び、知識やノウハウを身につけることができます。

本部から経営ノウハウを教えてもらえるので、始めてビジネスを始める方も開業までスムーズに進みます。

パソコン教室開業後も本部のサポートが付くので困った時にアドバイスを受けながら運営できるのがメリットです。

パソコンを個人経営するには、準備と資金集めをするまでに時間とコストがかかってしまいます。

フランチャイズ契約ならば、迷うことなく運営に集中できるので、始めてのビジネスに最適です。

決める前に徹底比較

パソコンスキルには自信があっても、経営のノウハウは不安だらけという人の強い味方と言えるフランチャイズ経営ですが、フランチャイズゆえのデメリットは何でしょうか。

また、フランチャイズ会社によって教育課程や料金形態などは大きくことなり、運営方針もさまざまです。

自分のスタイルや考えと合った会社を見つけることで、満足のいく開業ができます。

各社の特徴について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

パソコン教室のフランチャイズ会社を徹底比較【2020年度最新版】

パソコンスキルを活かして、パソコン教室を開業したいけど、経営ノウハウが分からない…とお困りでは? パソコン教室を個人運営するならば、フランチャイズ契約して、サポートを受けながら開業することができます。 ...

続きを見る

パソコン教室開業に求められる知識

フランチャイズ契約してパソコン教室を始める前にどんな知識が必要なのか見ていきましょう。

パソコン教室を始めるにあたって、特別な資格や技能は必要ありません。

パソコンの基本操作ができて、人に教えることが好きな人であれば、教室運営は可能です。

最低限でもワード・エクセルなどのソフト、ウェブサイト制作フォトショップ・イラストレーターのスキルは求められます。

スキルが高いほど生徒に教えられる範囲が幅広くなるので、自身のスキルも高めることが大切です。

生徒の集客方法や営業ノウハウはフランチャイズ本部から学ぶことができます。

資格は不要だがスキルは必要

パソコン教室の開業に資格は必要ありませんが、教えるためにはパソコンスキルが必要です。

スキルが高ければ、教えることができる分野も広がり、中身の濃い時間になるでしょう。

やはり、知識が豊富な先生に教わりたいですよね。

資格は自分のスキルの証明です。資格があることは、集客にもプラスなのは間違いありません。

役立つ資格について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

no image
パソコン教室を開業するのに必要な資格とは?【2020年最新】

パソコン教室を開業しようと考えているけれど、必要な資格がないか気になっている方もいるでしょう。 パソコン教室は資格がなくても開業できますが、最低限のパソコンスキル・知識を証明するためにも資格の取得はお ...

続きを見る

フランチャイズ契約でパソコン教室開業するための資金は?

フランチャイズ契約して教室を開業するには、本部から手厚いサポートを受ける代わりに、加盟金、契約金、保証金などを支払う形になります。

パソコン教室から得た利益(売り上げ)の数パーセントは「ロイヤリティ」として本部に支払います。

ロイヤリティは売上額の10%~20%を設定している企業もあれば、固定ロイヤリティ3万円といったケースもあります。

自宅開業の場合は家賃は必要ありませんが、テナントを借りる場合は家賃が大きな出費になります。

その他にも、初期費用としてパソコンを数台用意したり、毎月の通信料、光熱費もかかってきます。

パソコンはフランチャイズでレンタルできる場合もあり、1台2,000円〜5,000円が相場となっています。

フランチャイズ契約してパソコン教室開業する初期費用は50万円~200万円が相場です。

ただし、テナントに教室を開く場合は、敷金・礼金・仲介手数料などが必要になります。

フランチャイズ会社によって初期費用やサポート内容が変わるので信頼できる会社選びが大切です。

フランチャイズ契約でパソコン教室開業するメリット

フランチャイズ本部から教材の提供、パソコンの用意から備品の準備までのトータルサポートが付くので安心です。

本部から決められた授業形態で進めるため、カリキュラムにも迷いがなく、指導にに集中できます。

フランチャイズ契約すると、経営ノウハウや集客方法も身につくのがメリットです。

フランチャイズ契約でパソコン教室開業するデメリット

フランチャイズ契約は、加盟金や保証金、教材費使用料、広告宣伝費、機器リース代金など出費が多くなるのがデメリットです。

個人開業の場合は、初期費用を抑えることができ、開業後も売り上げは自分の利益になります。

フランチャイズ契約すると、事業が軌道に乗ってもロイヤリティの支払いが多くなるのはデメリットといえます。

また、フランチャイズ契約のパソコン教室は授業内容や教材・テキストも決められているので自由度は
少ないです。

パソコン教室開業後の将来性は?

最近は、一人一台スマホを持つ時代となり、パソコンがなくてもスマホで充分という若者も多いです。

高齢者はスマホよりも画面が大きく、タップしやすいタブレットが使いやすいと好む方もいます。

そのような状況もあって、従来のような初心者対象のパソコン教室は需要が減っているのが現状です。

しかし、パソコンを使って仕事をしたい方やパソコンのスキルを上げたい方は増え続けています。

例えば、グラフィック系・Web系・プログラミング系は驚くほど重要が高まっています。

ウェブサイト制作やフォトショップといったフォトエディターを使用したデザイン講座も人気です。

近年は、フリーランスや自宅で仕事をする働き方も多様化しており、パソコン教室の将来性は明るいでしょう。

流れに乗って成功させる

生き残るためにはもちろん対応策が不可欠です。

今まで成功してきた方法であっても、それに固執するのは賢いやり方と言えるでしょうか。

世の中の流れに乗り、柔軟で、バラエティーに富んだものに変化させていくなら、人々の需要に合わせた経営ができます。

ニーズに合ったサービスを提供し、常に最適化し続けましょう。

詳しくはこちらの記事をご覧ください。

パソコン教室の現状と将来性は?新しい時代に生き残りできるのか

近年は、「パソコン教室の廃業が増えている」と話題になることがあります。 現在パソコン教室を運営している方も、これから開業を検討している方も、パソコン教室の将来性は気になるところです。 今回は、パソコン ...

続きを見る

まとめ

フランチャイズ契約によるパソコン教室は本部からの運営サポートが付くのが最大のメリットです。

ただし、フランチャイズ会社によって教室形態や内容が変わりますので、よく検討することが大切です。

-パソコン教室開業

© 2021 教室ビジネス 集客どっとこむ Powered by AFFINGER5