起業

独立しやすい職業とは?押さえたいポイントともに徹底解説

  1. HOME >
  2. 起業 >

独立しやすい職業とは?押さえたいポイントともに徹底解説

「独立して仕事をしたいな」「独立できたらいいな」と思っていても、

  • 独立しやすくするにはどうしたらいいの?
  • 独立しやすい職業ってどんなものがあるの?

など、疑問に思っている人もいらっしゃるかもしれません。

そこで今回は、独立しやすい職業についてご紹介します。

独立を目指したい人は、3分ほどで読み終わるので、ぜひご一読ください!

独立しやすい職業の4つのポイント

それではまず、独立しやすい職業の共通点を見ていきましょう。

初期費用があまりかからない

1つ目に、初期費用があまりかからない仕事は、独立がしやすいです。

開業や起業となると、どうしても資本金や準備金が必要となります。

貯えがないと、そのお金を集めるためにも、時間がかかってしまいます。

さらには、家賃や賃料、設備費、在庫を抱えるなら保管費、オフィスの事務用品費など、開業後も様々なことで、お金が要することとなります。

こうした理由から、低予算で始められる職業のほうが、独立はしやすいでしょう。

すでにスキルが身についている

2つ目に、すでにスキルが身についている仕事のほうが、独立しやすいです。

独立後は、企業が守ってくれるわけではないので、自分で仕事を得ていかなければなりません。

スキルがないと、仕事を獲得することすらできないので、独立するためにはスキルがあることが大前提となります。

スキルがあることの証明として、資格を取得しておくことも一つの手です。

仕事をするたびに、スキルが磨かれていく仕事のほうが、独立向きの仕事でしょう。

場所を必要としない

3つ目に、場所を必要としない仕事は、独立がしやすいでしょう。

これは、初期費用がかからないことと同様ですが、場所が決まっていると、どうしても賃料や設備費がかかってきます。

自宅の一部を使っている場合は問題ありませんが、多くの場合が賃料や設備費で莫大な費用がかかります。

立地条件も、黒字へのファクターとなる以上、高い賃料を払うとなると、事業が軌道に乗るまでは赤字にならざるを得ません。

赤字が続いてしまうと、継続的な安定した事業展開が難しくなってしまいます。

このような理由のために、指定場所がなくても仕事ができる職業のほうが独立向きです。

社会にニーズがある

4つ目に、社会にニーズがあることも重要です。

社会にニーズがあれば、仕事を得やすく、新規顧客の獲得がしやすいでしょう。

反対に、ニーズがない仕事やニッチ過ぎる仕事だと、独立後に生計を立てることが難しくなります。

事前に、どれほどのニーズがあるのか調査しておくのがいいでしょう。

独立するためには、社会や時代の状況・流行を察知する力も求められます。

独立しやすい職業5つを大公開!

続いて、独立しやすい職業を見ていきましょう。

今回は、これまで説明した4つのポイントを踏まえて、5つの職業をご紹介します。

ウェブライター

1つ目は、ウェブライターです。ウェブライターは、クライアントが求める記事を作成することが仕事です。

ただし、ウェブライターは文章が書ければいいわけではありません。

記事を上位に掲載させるためのSEOに関する知識、記事を装飾する技術、クライアントが求めるものの推量など、様々なことを求められます。

ウェブライターは、他の仕事よりは、比較的始めやすい仕事です。

パソコン1台あれば、いきなり仕事を始められるからです。

始めたては、安価な仕事ばかりかもしれませんが、続けて行えば、スキルを徐々に身につけていくことができます。

最初は、場数を踏むことを意識して、1文字1円以上の仕事の獲得を目指しましょう。

スキルが身につき、実績も作れるようになれば、1文字3円以上の案件も獲得できるようになります。

ウェブライターの平均年収は、300万円ほどと言われています。

しかし実際には、ウェブライターで年収500万円以上稼いでいる人も、たくさんいらっしゃいます。

コツコツ続けていくことが大切です。

エンジニア・プログラマー

2つ目は、エンジニア・プログラマーです。

違いがわかりにくいですが、基本的にエンジニアがサービスやシステムの設計や構想を行い、プログラマーが実際に形にしていくことになります。

具体的には、アプリやサービスの開発、ホームページやサイト構築などを行います。

いずれの職業にしても、CSSやJavaなどのプログラミング言語が必要となります。

ただ、パソコン1台とスキルさえあれば、自宅で作業ができます。独立の準備にお金はかからず、家事や育児との両立も可能です。

エンジニアやプログラマーは、仕事の単価が高いため、平均年収500万ほどと高めだと言われています。

システムやサービス構築は、今後も需要が高い仕事なので、スキルがあれば安定的に仕事を得られるでしょう。

ネットショップ

3つ目が、ネットショップです。ネットショップは、実際にお店を持たずに、お店を始めることができます。

賃料が発生しないため、初期投資をおさえて、独立することができます。

ネットショップの場合は、インターネット利用者が顧客になるので、宣伝方法を工夫する必要があります。

SNSを同時に利用しつつ、認知拡大を図りましょう。

趣味で始めたハンドメイドものを販売するのもいいですし、社会や時代のニーズに合った商品を展開していくことで、独立後も高収入を狙うことができます。

ウェブデザイナー

4つ目に、ウェブデザイナーです。ウェブデザイナーは、サイトのデザインや構成、ロゴの作成、SNSのアイコン作成などが、主な仕事です。コーディングという作業を行うこともあります。

ウェブデザイナーも、エンジニアやプログラマーと同様、プログラミング言語が必要とされます。

それだけでなく、デザインセンスが求められることも多いため、自分の感性を日々磨いていくことが重要です。

ウェブデザイナーはパソコン1台とフォトショップ、イラストレーターのアプリケーションがあれば、自宅で行える仕事です。

家事や育児との両立を図りたい女性にも、人気の仕事の一つです。

在宅のウェブデザイナーとなっても、平均年収400万円ほど目指せると言われています。

ただし、それ以上に稼いでいる人もたくさんいます。

コンサルタントやカウンセラー

5つ目に、コンサルタントやカウンセラーです。

コンサルタントは、事業・プロジェクトに対して戦略・改善案を提示し、カウンセラーは患者の心の問題を解決する仕事です。

コンサルタント・カウンセラーともに、資格も資金もなく始めることができますが、資格や実績がない状態だと、独立後に生き残っていくのはかなり厳しいでしょう。

SNSなどを有効活用することで、認知拡大を狙い、自分自身を売り出していく必要があります。

また、職業柄的に、物事を分析する力や洞察する力が求められるので、日々スキルアップを狙いましょう。

まとめ:独立しやすい職業を選ぼう!

今回は、独立しやすい職業をメインにお伝えしました。

最後に要点をまとめると、次のとおりです。

  • 独立しやすくするには、初期投資が少ないほうがいい
  • スキルを活かし、場所をとらずに、ニーズを掴むことも重要
  • 独立するためには、スキルを事前に身につけておく
  • さらに、SNSなどの活用によって、認知拡大を図る

独立するためには、事前に準備しておくことが、功を奏することが多いです。

あらかじめできることを行って、独立に備えましょう!

-起業

Copyright© おうちでビジネス! , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.