ブログ

【ワード実践テクニック1-04】 知らないと損する「編集記号」

更新日:

こんにちは(^O^)/

 

パソコン嫌いのパソコン講師!

森分 然(もりわけ しかり)です^^

 

 

今回は「編集記号」です。

なぜこのお話をするかと言うと、

知らない方が多いからです。

 

 

ワードを開いた際の

「リボン」という上の

指示を出す部分に

「→」と「エンターのマーク」

が合体したマークがあると思います。

それを「編集記号の表示非表示」ボタン

といいます。

 

 

何をするものかと言うと

「目印」が出てきます。

作っている際に

「ここは空白を入れました」

「ここはタブを使いました」

など「何を使ってこの状態になったか?」

を指し示すものです。

 

 

ちなみに。

パソコン買ったばっかりの時には

それはついていません。

自分で意図的にボタンを押さないと

つかない仕組みです。

というのも

何もご存じない方が

「スペース」を押して「□」が出てきたら

「あれ?おかしいな」と思われるはずです。

その為、最初はついていないのです。

 

 

これを知っていると

「ワードをある程度しっている方」と

言ってもよいでしょう。

これがないと、ワードを使いこなすことは

出来ないです。

 

 

これをつけずにワードをやっていると

効率が非常に悪いです。

私のようにならないために

ワードを使いこなしてください^^

 

 

動画で詳しくお話してます^^

解説はパソコンが得意な

「ミスターしかっち」に

お任せしたいと思います^^

 

 

今回もお読み頂きありがとうございました(*^_^*)

lp%e3%81%b8%e3%81%ae%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%82%af%e7%94%a8%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b3%e3%83%b3_%e3%83%af%e3%83%bc%e3%83%89


おすすめ記事

-
-,

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.