皆様こんにちは^^

パソコン教室キュリオステーションです。私はパソコンが苦手だったパソコン講師です^^

皆様こちらのページをご覧になられていると言う事はタイピングが苦手なのかなと思います。タイピングを何とかしたいとお思いであればこちらのページを参考にしてみてください^^

今回は「タイピング」のお話をしていると良く出てくる「疑問」を解決します^^

「タッチタイピング」と「ブラインドタッチ」はどう違うのか?

タッチタイピングとブラインドタッチの違いって分りますか?

タイピングの話をすると、よく聞かれるのがこれです。「タッチタイピング」と「ブラインドタッチ」ってどう違うのか?という事です。

結論から言うと「同じ」です^^;

ではなぜこの2つがあるかというと昔は「ブラインドタッチ」って言っていました。ですが、「ブラインド」という言葉が、「盲目」という意味なので、言葉としてひっかるんですね。障碍者を差別した言葉という意味合いとして捉えられ始めたので「タッチタイピング」という言葉が生まれました。

知らなくても大丈夫です!

世の中の大半の人はご存じないですから^^;

逆に知らない人がいたら教えて上げましょう!今は「タッチタイピング」と言います。

「かな入力」と「ローマ字入力」はどう違うのか?

これも違いが分らない方が多いです。といっても「ローマ字入力」は分る方が多いです。単純に「ローマ字」で入力すると言う事です。

「ローマ字」とは「A」のボタンを押すと「あ」と出てきたり「KA」と入力したら「か」と出てくる状況の事を言います。

それに対して「かな入力」というのは「キーボードに直接書いてあるひらかな」の事を言います。

例えば「A」の部分には良く見ると「ち」も書いてあると思います。他には「I」の部分には「に」と書いてあったりします。その直接入力する方法を「かな入力」と言います。

よく勘違いで「ローマ字で入力する事をかな入力」という方がいらっしゃいますがそれは間違いです。

「かな入力」と「ローマ字入力」のどちらがよいのか?

結論から言うと「どちらでも良い」です。

やりやすい方法で行なったらよいと思います^^ですが、一般的には「ローマ字」が9割で「かな入力」が1割です。

なぜかというと「かな入力」のほうが入力としては不向きだからです。ローマ字入力の場合は基本的には3段しか使用しません。

それに対して「かな入力」は「4段」使います。それによって、覚えるのが大変です。

よく「ローマ字入力」は「か」と入れようとすると「KA」と2つキーボードを押しますが、「かな入力」の場合は「か」だけの1つでよいです。なのでその分入力が速いと言われる事があります。

ですが、キーボードを押す機会が多いので逆に遅くなります。よってはじめて入力するのであればぜひ「ローマ字」を使ってみてください^^

マックのキーボードとウインドウズのキーボードは異なる

おっしゃるとおり異なります^^

ですが、タイピングにおいてはあまり関係ありません。基本的な配置は同じです。「シフト」や「コントロール」などのキーが異なるだけで、入力に関しては同じと考えて良いでしょう。

よくあるご質問が「マック用にタイピングを覚えなおす」といった声ですが、それは大丈夫です。

もしもあなたが今までウインドウズを使っていて今後マックを使うようになったのであれば、おそらくすぐになれるかと思います^^

突然「かな入力」になってしまった時の直し方

「A」と入力した時に「あ」と出てきて欲しいのに「ち」と出てくるときがあります。その直し方は「変換」ボタンと「ローマ字」ボタンを同時に押すと直ります。

タイピングの練習は自分でも出来るかと思いますが、どうしても入力が出来ない方は、タイピングの講座を行なっておりますのでお声かけ下さい^^

LINE@はじめました^^

LINE@はじめました^^パソコン苦手な方が得意になれる「ブログ」「動画」が届きます^^

↓↓↓ご登録は下記からお願いします^^↓↓↓

QRコードは下記からお願いします^^