若者のパソコン離れに警鐘!「こいつ大丈夫か?」と感じる瞬間

意外と多い? 「ブラインドタッチ」ができない社会人は約6割!

パソコンが普及した当初はキーボードで入力したりマウスを使ったりと覚えることも多かったですが、今の時代は音声で文字の入力もできますので楽になりました。
しかしその反面ブラインドタッチができない社会人が多くなってしまいました 。

フリック入力は速いけど、タイピングができない新卒社員

キーボードは携帯と違って複雑です。
フリック入力は、簡単で入力にも速さがありますがパソコンのタイピングは覚えるまでが難しいので出来ないことが多いです。

スマホ世代、キーボード克服への道 会社では必要

キーボード操作を習得してから社会に出るべきではありませんが、今は出来ない人が多いので会社で研修を導入するべきかもしれません。

キーボードの前に最近の若者はパソコンが苦手

最近の若者のパソコンスキル

パソコンで何かをするより iPhone やスマホなどの電子機器が主流になっていますのでパソコンスキルというよりもパソコンをさわらない人が多いように思います。

タイピングが人差し指だけ

タイピングをするとき担当する指が決まっていますが最近は人差し指だけで入力する方もいらっしゃいます。

ダブルクリックで左右のボタンを同時押し

マウスのダブルクリック操作もパソコンが分かる人は簡単ですが、なかなか出来ない人もいます。

ワードもエクセルも入力だけ

最近はまんべんなくパソコンができる人が少なくなったように思います。一部に特化することは悪いことでありませんが、全体を把握することは大事です。

「若者=パソコンに強い」は古い

パソコンが使えない若者増加中。パソコン離れの弊害と原因

iPad やパソコン使用にもITがすすみ入力や書式設定など簡単になってきました。しかし、それが原因でパソコンの基本的操作覚える機会が減ってしまい使える人が少なくなりました。

パソコンの普及の時期

パソコンは普及している と言ってもやはり高価なものであります。
一家に一台まではいかないようです。

スマートフォンの登場

通販で買い物する時以前はパソコンが当たり前でしたがスマートフォンの登場で出番が少なくなったように思います。

若者のパソコン離れの原因

携帯があれば何でもできると言っても過言ではなくなってきました。
そのため若者のパソコン離れが加速している気がします。

スマートフォンとパソコンの操作方法の違い

若い世代は下記が理解できていない

コピーはかろうじて知っているがペーストを知らない方がいます。
パソコン用語でも深刻化しています。

キーボード

スマートフォンは小さい画面に文字入力ありますが簡単です。しかし、パソコンのキーボードはキー操作がうまくできるまでは難しいと思います。

マウス

マウスがないノートパソコンも今はありますので、マウスクリックや操作を知らない方もいらっしゃいます。

コピー&ペースト

携帯だとコピー貼り付けですがパソコン用語だと貼り付けをペーストと言いますのでちょっとした違いが厄介です。

フォルダー・階層構造

携帯やパソコンにもフォルダがありますが、パソコンの中にあるフォルダの方が様々な設定がしやすいです。

 

会社の経費でパソコンを学ばせるところが増えている

タイピングだけを学ばせるだけでも生産性が向上

タイピングだけでも身につけてから会社に来てほしいという思いが強いとは思いますが、そこを我慢して会社の経費で、人材育成のタイピングを学ばせることも生産性の向上にもつながることかと思います。

MOS試験を入社時の条件にしている企業

入社してからパソコンスキルが低いのがわかったでは遅いこともあります。
そのためMOS試験を必要とするところもあります 。

入社前にパソコン関係の資格を取らせているところも多い

パソコンスキルがある人材が欲しい場合は資格を取らせて実力を見える化する会社もあります。

入社後にパソコン教室に通わせる

パソコンスキルがあれば一番ですが入社後にパソコン教室に通わせて人材育成をするところもあります。

まとめ

パソコンスキルの多様化が求められる時代ではありますが、しかしパソコンがなかなか出来ない人についても手助けできる社会があってもいいのではないでしょうか。

パソコンスキルを身につけるために会社での研修やパソコン教室に手助けしてもらって人材育成をしてもらうことも今の時代に合っていると思います。