トラブル対応テクニック

アプリとソフトの違いって何?|わかりやすい解説動画付き

更新日:


今回はソフトとアプリの違いについて初心者向けに解説しています。

専門家からみたら「間違っている」と言われるかもしれませんが、初心者向けの解説になります。

結論:同じ意味と考えて良いです

結論から言うと「同じ」です。

ですが、微妙に違うので説明していきますね。

ただ厳密に言うと異なります

厳密に言うと異なります。

今回は初心者向けにわかりやすくするために、若干ウソも交えてお話しています。

まずはイメージとして持ってもらえたらと思います。

詳しくは、ネット検索で

「アプリケーションとソフトウエアの違い」

で検索されてみると良いかと思います。

正式名称は「アプリケーションソフト」

いわゆるパソコンやスマホやタブレットの中にあるものを「アプリケーションソフト」って言います。

例えばパソコンで言うなら

  • ワード
  • エクセル
  • パワーポイント
  • グーグルクロム
  • 筆ぐるめ
  • イラストレーター
  • フォトショップ

他にも多数あります。

スマホで言うと

  • ライン
  • メール
  • サファリ
  • インスタグラム
  • ツイッター

こんな感じです。

アプリと言う表現が出てきたのは「タブレット」から

アプリと言う言葉が出てきたのは「タブレット」が出てきたときから聞かれ始めました。

おそらくですが、「パソコン」との差別化がしたかったんでしょう。

もしくは、雰囲気を変えたかったか。

スマホでも同様に「アプリ」と言う言葉が使われています。

ソフトと言う表現はパソコンでよく使う

パソコンでは昔から「アプリケーションソフト」のことを「ソフト」と略していました。

そのため、パソコンではいまだに「ソフト」と言われます。

パソコンでも「アプリ」といわれる傾向にあります

ですが、最近はパソコンでも「ソフト」よりも「アプリ」と言う言葉が使われるようになりました。

ソフト自体が古い言葉になりつつありますね。

まとめ

今回は「アプリ」と「ソフト」の違いについてお話しました。

基本的には同じ意味と捉えて問題ないです。

アプリと言っておけばよいでしょう。

詳しい動画解説はこちら

 

 

 

 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

おすすめ記事

-
-

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.