トラブル対応テクニック

パソコンのウイルスを初心者向けに解説|詳しい動画付き

更新日:

詳しい動画解説 その1

ウイルスって説明できますか?

聞いたことはある。

でも結局何なのか?

説明は出来ない。

よく分からないから怖い

結局どうなるの?

どうなったらかかったことになるの?

という感じではないでしょうか?

ご不安な気持ちわかります^^

ざっくり説明します。

ウイルスって言うのは

「人が作り出したソフト」です。

「ワード」や「エクセル」と同じように何かをするための道具です。

「それを誰が作るの?」と思いますが、それは悪いことをしようとする人たちです。

いわゆる「泥棒」とかそういうことですね。

そのソフトを使って「悪いこと」をします。

悪いことというのは「パソコンを壊す」「個人情報を盗み出す」といったことをします。

まずはそんなイメージを持ってください^^

詳しい動画解説 その2

初心者のためにざっくりと説明します。

専門家から見ると語弊のある言い方をしますが

今回の目的はあくまでも「イメージ」です^^

大きく分けて2つあります。

  1. パソコンを壊すもの
  2. 情報を抜き取るもの

この2つですね。

パソコンを壊すタイプはパソコンの中に入ってきてパソコンが通常通り動かなくなることを言います。

注意としたらメールやインターネットです。

メールを受け取るだけなら良いのですがメールについているファイルを開くといったことをすると危険です。

知らない人からのものは開かないようにしましょう。

後はインターネット。

例えば無料のソフトなどをインストールするときなどです。

無料だからと何でもいれないようにしましょう!

情報を抜き取るタイプのものはパソコンの中にあるものをとっていくという感じではないです。

どちらかというと自分で入力した結果「情報が抜き取られていた」というものが多いです。

これも、メールに書いてあるパソコンのアドレスからいく場合におこります。

メールは特に注意が必要です。

詳しい動画解説 その3

初心者のためにざっくりと説明します。

専門家から見ると語弊のある言い方をしますが初心者の方向けのお話です^^

情報を抜き取るタイプのウイルスのお話です。

よく勘違いされるのは例えばエクセルなどに入れておいた「住所録」を勝手に盗まれてしまうのが不安といったお話です。

その可能性は無くはないですが基本的には考えなくて良いです。

ではどういうケースを考えたほうが良いかというとインターネット上での買い物などです。

その際にクレジットカード番号などを入力した際に、とられるというものです。

しかしながら、大手のサイトであればその心配は少ないです。

一番危険なのは「メール」です。

「メール」で届いた中身に書いてある「ホームページのアドレス」をクリックして出てきたページです。

いかにも、その大手を装ってメールを送りつけます。

例えば

「個人情報が流出しました。非常に危険な状態なのでこちらのホームページのアドレスをクリックして住所などを変更してください」という感じの文章で届きます。

あせってそこをクリックして入力などをするとアウトです。

そのこと自体が嘘なので情報だけ抜き取られます。

こういうのを「フィッシング詐欺」と言います。

慣れれば簡単に見分けが付くのですが分からないうちは急いで個人情報などを入力することを促すメールなどはいったん専門家の方に見てもらってから行うほうが無難です。

基本的に個人情報が流出しても大手の会社であればその会社が全部なんとかしてくれます。

おすすめ記事

-
-

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.