エクセル・VBA

エクセル|掛け算を列ごとにする方法|詳しい動画解説付き

エクセルで掛け算を列ごとにする方法を紹介している女性の画像

「エクセルの掛け算の列ごとの方法」についてお話ししたいと思います。

エクセルを使っていると、たくさん掛け算をしないといけない場合がでてきますね。

簡単に、早く、正確にたくさんの掛け算をする方法です。ぜひ参考にしてみてください。

分かりやすい動画解説

動画解説を紹介している画像

掛け算の列ごとの方法とは?

掛け算の列ごとの方法を紹介している画像

エクセルには、「掛け算」というものがあります。

「掛け算」を設定した「セル」に文字を打ちこむことで「数字」を「別の表」から見つけてきて設定した他の「セル」に「掛け算」の合計を表示させることができます。

1つの「セル」に「掛け算」をいれて、「掛け算」をその列ごとに簡単に設定する方法があります。

「掛け算」をその列ごとに簡単に設定する方法を「オートフィル」といいます。

具体的操作方法

具体的な操作方法を表現している画像

まずは、「単価」の数字が入っている「セル」と「数量」の数字が入っている「セル」の「掛け算」の設定の仕方をお話しします。

【1】「セル」に=(イコール)を入れるやり方

やり方を紹介している画像

「掛け算」の合計を入れたい「セル」を2回クリックします。

=を入力します。

計算したい数字が入っている他の「セル」をクリックします。

【2】「セル」に「掛け算」を入れるやり方

やり方を紹介している画像

計算したい数字が入っている他の「セル」をクリックすると合計したい「セル」の中で

=H5 と、このような表示がでます。

H5というのは、「セル」の番地ですので「掛け算」したい数字が入っている「セル」によって番地の表示も変わります。

「*」キーを押します。(*はアスタリスクといいます。)

「掛け算」したいもう1つの「セル」をクリックします。

※「数量」の数字が入っている「セル」選択します。

もう1つの「セル」をクリックすると

=H5*I5が合計したい「セル」に表示されます。

「Enter」キーを押します。

「エクセルシート」上の合計の「セル」には、合計の数字が入っていますが、「掛け算」の「セル」の式が「数式バー」に表示されますので確認してみてください。

列の「オートフィル」

オートフィルを紹介している画像

合計したい「セル」の設定が終わった後の作業になります。

【1】列の「オートフィル」の仕方

オートフィルの仕方を紹介している画像

「掛け算」の計算された合計が表示されている「セル」をクリックします。

クリックした「セル」の右下にマウスを合わせて+の表示になったらクリックしたまま下に引っ張ってください。

※必ず黒の+の表示になったのを確認してください。

「オートフィル」の設定した「セル」の中でその「セル」横の「単価」×「数量」の「掛け算」をした合計が表示されますので確認してみてください。

「オートフィル」の設定では、「セル」の選択だけでなく数字を入力した「掛け算」でも使用できますので確認してみてください。

エクセル掛け算のまとめ

掛け算のまとめを紹介している画像

Excel(エクセル)では金額の計算で掛け算を使う機会は多いですが、計算式のやり方が分かって頂けたと思います。

今回ご紹介した方法を使うことで、エクセルで四則演算(足し算、引き算、掛け算、割り算)の計算ができるため、ぜひ試してみてくださいね。

エクセルで割り算を計算する場合は注意が必要で、「/(割り算)」を使う方法以外に、関数(fx)を使うことで「商」や「余り」といった計算は可能です。

関数を使うにはエクセルに慣れる必要がありますので、次回ご紹介したいと思います。

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-エクセル・VBA
-, , , , , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

© 2021 パソコン教室パレハ