MOS・パソコン資格のノウハウ

MOS資格を勉強するのに最適なパソコンの選び方をパソコン講師が解説

更新日:


今回は、パソコン初心者の方がMOSを勉強するのにどんなパソコンを買ったらよいのかについて書きました。

独学の勉強方法に関しては別記事に書きました。

MOS資格を独学で合格できる秘密の方法を人気パソコン教室が公開中

また、パソコンが無くても勉強したい場合の記事も別にまとめました。下記をご覧ください。

MOS資格を取りたいけどパソコンが無い場合の対処法

結論:マイクロソフトのエクセルなどが入っているものであれば基本的には何でも良い

基本的に「エクセル」や「ワード」といった「オフィスソフト」が入っているものであれば問題ないです。

中には「エクセル」や「ワード」が入っていないものもあります。

また、マイクロソフトではない「オフィスソフト」もあるので注意が必要です。

このあたり詳しく見ていきます。

マイクロソフトの「Office(オフィス)」が入っているものを購入する

「このパソコン安いな」と思ったら「エクセル」や「ワード」といった「Office」が入っていない場合があります。

入っているものを購入する必要があります。

後から買うと2万~3万くらいはします。

入っているものを購入した方が良いです。

最新版Office搭載と書いてあっても「マイクロソフトのOffice」でない場合があるので注意が必要

「Kingsoft社」の「WPS Office」と言うものになります。

それが悪いわけではありません。

マイクロソフトと非常に似ており使いやすいものです。

ですが、基本的には他社メーカーなので、MOSの勉強はしにくいものになります。

マイクロソフトの「Office」が入っているものを購入するのが良いです。

ちなみに、マイクロソフトが入っているものであれば「エクセル」とか「ワード」という表記があるはずです。

「Kingsoft社」の「WPS Office」であれば「Writer(ライター)」「Spredsheets(スプレッドシート)」と書いてあります。

試験会場のパソコンは「デスクトップ型」ですが「ノートパソコンを購入」でOK

残念ながら、MOS受験はノートパソコンではできません。

試験会場に備え付けられているデスクトップ型のパソコンで受験することになります。

基本的に、ノートパソコンもデスクトップでも画面は一緒です。

特に大きな心配はいらないです。

キーボードに関しても同じで考えて問題ないです。

メーカーが違ってもWindowsの画面やエクセルの画面は変わりません

メーカーごとに画面が大きく変わると思われている方がいらっしゃいますが、基本的には同じ画面です。

メーカーの大きな特徴で言うと

  • 日本製は比較的高め
  • 外国製は比較的安め

このような違いがあります。

特にメーカーにこだわらないのであれば外国製が安いです。

中古よりは新品が良い

初心者の人がご自身で選ぶ中古パソコンはあまり良くないです。

プロの方に見ていただいた上で購入することをおススメします。

ちょっとパソコンに詳しい近所の人の意見も危ないです・・・。

中古で安ければ何でも良いというものでは無いのでご注意ください。

MOSの会場にパソコンを持ち込めません

自分のパソコンを会場に持ち込んで、そのパソコンで受験することはできません。

MOSは、試験会場にあるパソコンに試験に関するアプリをインストールしております。

この設定には非常に時間がかかり、繊細なものです。なので、試験会場にある指定されたパソコンでしか受験することができません。

また、一度試験を受ければ、基本的には試験マシンが分かるかと思います。

なので、「エクセル」を受験し、その次も受けるのであれば、同じ会場を指定するほうが、慣れたマシンになるので安心です。

試験会場と自宅のパソコンの機種が違っても問題ないです

試験会場と自宅のパソコンの機種は違っても大丈夫です。

どのメーカーのパソコンで受験しても、試験の内容は変わりません。

パソコンのメーカーよりも、受験したい科目のバージョンを間違わないことの方が大切です。

バージョンというのは「2019」「2016」「2013」といったものです。

もう一つ大切なのが「メーカーの違い」よりも「解像度の違い」を注意したほうが良いかもしれません。モニターが小さいと「ボタン」が短縮され、ご自宅のものと表示が異なる場合があります。「ボタン」で覚えるよりも「どの辺にあったのか?」を注意して覚えておくほうが大切です。その辺りは注意しておいたほうが良いかもしれません。

Mac(マック)で受験や学習はできますか?

MOSはマックは対応していません。

マックにも「ワード」や「エクセル」が入っていますが、それはウインドウズに入っているものとは全く異なるものになります。

おおよその雰囲気で学習することは出来ますが、基本的には出来ません。

また、FOM出版や日経BPなどで出されている模擬テストも動きません。

MOSのMAC版はありません|MacユーザーがMOSを取得する方法公開

まとめ

今回はMOSを勉強するためにパソコンを購入する方法について書きました。

参考になさってください。

 

 

 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

おすすめ記事

-MOS・パソコン資格のノウハウ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.