ブログ

パソコン購入の時に書いてある「オフィス(Office)」って何の事?|パソコン教室講師がわかりやすく解説

更新日:


パソコンを購入する為に電気屋さんに行くと、「オフィス搭載」と書かれているものとそうじゃないものがあって、どっちを選んだらいいのか分からなくなりますよね。

そもそもオフィスって何なんでしょう?

そんな方の為に、今回は「オフィス(Office)」について分かりやすく解説します。

オフィス(Office)とは「エクセル」や「ワード」の事を言います

 

エクセルはマイクロソフトが開発・販売している表計算ソフトです。

表を作成して合計などの計算が簡単にできます。

計算した内容をもとに、グラフを作ったり、データを並べ替えたりすることもできます。

ワードはマイクロソフトが開発・販売している文書作成ソフトです。

文字を入力してさまざまな文書を作成することができます。

見栄えのする飾り文字にしたり、写真や図をいれたりすることもできます。

チラシや年賀状も作れます。

オフィス(Office)搭載って書いてあったらパソコンを購入した時にエクセルやワードが入っているという意味

 

エクセルやワードって、パソコンに入っていて当たり前と思いがちですが、入っていないものもあります。

オフィス(Office)が入っていない場合は「エクセル」や「ワード」が使えないです。

「オフィス搭載」と書かれていたら、エクセルやワードが最初からパソコンに入っているので、すぐに使うことができます。

「オフィス搭載」と書かれていなかったらソフトを購入しないとエクセルやワードは使えないので注意しましょう。

エクセルやワードが使えないと不便

エクセルやワードが無いと非常に不便です。

会社での仕事を持ち帰っても出来ないですし、練習も出来ません。

仕事以外でも、最近は大学のレポートを書くときやPTAの配布物を作るときにもワードやエクセルを使うことが多いですね。

時間がかかる作業もエクセルやワードを使えばあっという間に終えることができるので、オフィス搭載のパソコンを選ぶほうがおすすめです。

「オフィス搭載」と書いてあってもワードやエクセルではなく別メーカーの可能性がある

「最新オフィス搭載!」と書いてあっても注意が必要です。

別メーカーの可能性があります。

「キングソフトオフィス」という会社のものが入っている場合があります。

キングソフトオフィスは、マイクロソフトオフィスの互換ソフトです。

機能は近いですが、マイクロソフトオフィスとは別のものなので100%同じようには使えません。

今までマイクロソフトオフィスで作った文書や表などが開けない可能性もあります。

チラシや電気屋さんで見る場合は「マイクロソフト・オフィス」が入っているかどうかを確認する

別メーカーのオフィスだと、今まで作ったものがうまく開けなかったり、デザインが崩れたり、ちょっとした不便がでてきます。

このちょっとした不便は、日々エクセルやワードで作業するうえでストレスになります。

ストレスを感じない為にも「マイクロソフトオフィス」が入っているがどうかしっかり確認してパソコンを選びましょう。

まとめ

今回は「オフィス(Office)」について解説しました。

パソコンを購入する時はぜひ参考にしてみてください。

おすすめ記事

-ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.