エクセル(Excel)計算で掛け算の方法を解説|パソコンで掛け算

更新日:


今回は「エクセルの計算で掛け算」についてお話したいと思います。

エクセルの計算で掛け算をするには

エクセルには、「関数」というものがあります。

「関数」には設定した「セル」に文字を打ちこむことで「キーワード」を「別の表」から見つけてきて、設定した他の「セル」に表示させることができる機能があります。

今回は、「掛け算」の計算をしますが「セル」に直接入力の設定についてお話します。

【具体的操作方法】

今回は、「単価」×「数量」の計算をします。

【1】「セル」に(イコール)を入れる仕方

「掛け算」の計算を入れたい「セル」を2回クリックします。

=を入力します。

計算したい数字が入っている「セル」をクリックします。
今回は、「単価」が入っているF19の「セル」をクリックします。

【2】「セル」に「掛け算」を入れる仕方

計算したい数字が入っている他の「セル」クリックすると合計したい「セル」の中で
=F19と、このような表示がでます。

F19というのは「セル」の番地ですので「掛け算」したい数字が入っている「セル」によって、番地の表示も変わります。

「*」キーを押します。(「*」はアスタリスクといいます。)

「掛け算」したいもう1つの「セル」をクリックします。

「数量」が入っているG19の「セル」をクリックします。

=F19*G19と表示されています。

「Enter」キーを押します。

=F19*G19と表示されていたのが計算された数字が入っております。

「エクセルシート」上の合計の「セル」には、数字が入っていますが「掛け算」の式が

「数式バー」に表示されますので確認してみてください。

【消費税の計算方法について】

消費税の関数っていうのはないんですね。

なので直接入力をして計算をします。

今回は、「小計」×「消費税8%」の計算をします。

【具体的操作方法】

【1】「セル」に(イコール)を入れる仕方

「掛け算」の計算を入れたい「セル」を2回クリックします。

=を入力します。

計算したい数字が入っている「セル」をクリックします。

今回は、「小計」が入っているH30の「セル」をクリックします。

【2】「セル」に「掛け算」を入れる仕方

計算したい数字が入っている他の「セル」をクリックすると合計したい「セル」の中で

=H30と、このような表示がでます。

H30というのは「セル」の番地ですので「掛け算」したい数字が入っている「セル」によって、番地の

表示も変わります。

「*」キーを押します。

「8%」を入力します。(0.08か8%のどちらかを入力してください。)

(%が出ない場合には、「shift」キーを押したまま「%」が表示されているキーを押します。)

「Enter」キーを押します。

=H30*8%と表示されていたのが計算された数字が入っております。

「エクセルシート」上の合計の「セル」には、数字が入っていますが「掛け算」の式が「数式バー」に表示されますので確認してみてください。

分かりやすい動画解説は下記をクリック

掛け算をもっと活用!掛け算と足し算を組み合わせる方法

エクセルには、「掛け算」というものがあります。

「掛け算」を設定した「セル」に文字を打ちこむことで「数字」を「別の表」から見つけてきて設定した他の「セル」に「掛け算」の合計を表示させることができます。

他にエクセルには、「足し算」というものがあり1つの「セル」に「掛け算」と「足し算」を入れ計算をして合計を表示させることができます。

その方法についてお話します。

【具体的操作方法】

今回は、「単価」×「数量」+「金額」×「消費税」の計算の合計を「消費税込」の「セル」に設定します。

【1】「セル」に=(イコール)を入れる仕方

「掛け算」と「足し算」の合計を入れたい「セル」を2回クリックします。

=を入力します。

計算したい「単価」の数字が入っている「セル」をクリックすると合計したい「セル」の中で、 =H5と、このような表示がでます。

H5というのは、「セル」の番地ですので「掛け算」したい数字が入っている「セル」によって番地の表示も変わります。

「*」キーを押します。(*はアスタリスクといいます。)

「掛け算」したいもう一つの「数量」の数字が入っている「セル」をクリックします。

もう1つの「セル」をクリックすると=H5*I5が合計したい「セル」に表示されます。

【2】「足し算」の入力の仕方

=H5*I5から続けて「足し算」の入力をします。
I5の横に「+」を入力します。

「金額」の数字が入っている「セル」をクリックします。

【3】続けて「掛け算」の入力の仕方

=H5*I5+J5から続けて「掛け算」の入力をします。
「*」キーを押します。

「消費税」横の数字が入っている「セル」をクリックします。
=H5*I5+J5*K3

「Enter」キーを押します。

計算された数字が「セル」に表示されますので確認してみてください。

【「セル」に「掛け算」と「足し算」が混在する場合に気を付けること】

「セル」の中で「掛け算」と「足し算」を混在して計算するときには、必ず「掛け算」を先にして入力してください。

もし表示がわかりにくい時には、( )をつけて表示するとわかりやすくなります。

=H5*I5+J5*K3 →  =(H5*I5)+(J5*K3) というふうに表示します。

この方法で行ってみてください。

分かりやすい動画解説は下記をクリック

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!


おすすめ記事

-

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.