ブログ

エクセルで大量コピーする方法|オートフィル方法|動画解説付き

更新日:

今回は、エクセルを大量に連続コピーする方法についてお話します。

数式を大量にコピーする技はオートフィルと言います

数式を大量コピーする方法はオートフィルと言います。

大量コピーの動画解説「オートフィル」は下記をクリック

【数式を大量にコピーする方法とは】

エクセルには、「数式」を入れることができます。

1つの「セル」に「数式」を入れた後に他の複数の「セル」に「数式」を大量にコピーしたいときに簡単に設定する方法をお話します。

【具体的操作方法】

今回は、「金額」+「消費税」を「消費税込」の「セル」に入力して、他の複数の「セル」にコピーをする設定をお話します。

【1】「金額」+「消費税」の「数式」を「セル」に設定する仕方

「数式」を入れたい「セル」を2回クリックします。

=を入れます。(「=」はイコールといいます。)

「金額」の数字が入っている「セル」をクリックします。

+ を入力します。

「消費税」の数字が入っている「セル」をクリックします。

=J5+K5の「数式」が表示されています。

「Enter」キーを押します。

「数式」が表示されていたのが計算されて数字の表示に変わりますので確認してみてください。

【2】「数式」が入っている「セル」のコピーの仕方

「数式」が入っている「セル」を1回クリックします。

クリックした「セル」の右下にマウスをあてると白の十字が黒の十字に変わりますので押したまま

コピーしたい複数の「セル」に移動します。

移動した複数の「セル」に「数式」がコピーされて数字が表示されていますので確認してみてください。

クリックした「セル」の右下にマウスをあて白の十字が黒の十字に変わったところで素早く2回クリックするとコピーすることもできます。

※縦の列の「セル」をコピーするときには、使うことができますが横の「セル」にコピーするときには、素早く2回クリックのコピーは使用することができませんので気をつけてください。

オートフィルに関しての補足動画 その1

計算式を入れた後は計算式を入れたところをクリック。

次にクリックした部分のセル右下にマウスを持っていくと「黒色の+」に表示が変わると思います。

その後に下まで引っ張ってください。

オートフィルに関しての補足動画 その2

エクセルで計算式を入れます。

その後「ドラッグ」すれば計算ができる!と思われている方が多いかと思います。

しかしながらそれは少し違います。

うまくいくケースもありますがそれはたまたまと思いましょう!

エクセルの仕組みを知ることが重要です。

エクセルで計算をする際に「セル」を使います。

その「セル」は自動的にずれてくれます。

この「ずれ」はパソコンが計算が成り立つように自動的に考えてしてくれているわけではなくどんな状況であれ勝手にずれます。

計算がなりたたなくてもずれるのです。

なので、自分で考える必要があります。

オートフィルの応用編「曜日」を連続でコピーする方法

 

例えば「日」と入れてそのまま引っ張ると

「月」

「火」

「水」

「木」

「金」

「土」

「日」

と出てきます。

これは元々エクセルの中に設定がしてあります。

「エクセルのオプション」

「ユーザー設定リストの編集」の中に元々設定がしてあります。

なので「日」と入れて引っ張ると曜日が並びます。

そこに無いもので自分自身がほしい連続物があれば自分で入れることができます。

例えば

「中居」

「木村」

「稲垣」

「草なぎ」

「香取」

などと入れていけば順番どおりに出てきます^^

 

 

 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

 

おすすめ記事

-

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.