MOS試験

MOS・Word2013エキスパートの難易度・合格率・合格点を人気講師が解説

更新日:


今回は、MOS2013ワードエキスパートの難易度や合格率や合格点を調べてみました。

MOS2016に関しては別記事に書きましたので下記をご覧下さい。

MOS・Word2016エキスパートの難易度・合格率・合格点を人気講師が解説

MOS Word2013 エキスパート試験の概要

MOSはマイクロソフト・オフィス・スペシャリストの頭文字で、Word2013はこの製品の利用スキルを証明する資格のことです。

文書作成ソフトでお馴染みのWordを対象としているのが特徴で、エキスパートはその上級にあたる試験です。

エキスパートの試験はPart1とPart2に分かれており、一般向けのスペシャリストレベルよりも、試験内容量と難易度がアップしています。

高度な書式設定にスタイルのカスタマイズを始めとして、校閲やユーザー設定のテンプレート作成など、Wordに関する高度な機能の理解が求められます。

MOS Word2013 エキスパートの難易度は?

エキスパートは上級者向けに用意された試験なので、難易度は通常よりも高くなっています。

一般向けのスペシャリストレベルは、初心者でも覚えて受けられる程度ですが、エキスパートは生産性を高める機能の使い方が問われます。

より効率的にWordを使いこなす、そのスキルが評価されるわけですから、難易度は高めで覚える内容も多いです。

出題範囲の広さも相まって、Word2013エキスパートは付け焼き刃では合格が難しい位の難易度だといえるでしょう。

合格率は約6割ですから、1000点満点の内、800点あたりを狙うつもりで挑戦すると合格しやすくなります。

MOS Word2013 エキスパート試験の内容は?

MOSにおけるWord2013エキスパート試験の内容は、文書の不備をチェックする校閲用の準備に始まり、文字の幅や間隔といった高度な書式設定へと続きます。

また、宛先リストの管理などの高度な参考資料作成や、文書のパーツと見やすくする為のスタイルセット作成もあります。

パーツとはよく使う内容を登録する機能のことで、見やすさの設定と合わせてスタイルセットを作成することになります。

他にも、複数の文書管理と他言語やユーザー補助機能を使用した文書の準備など、出題範囲が広めとなっています。

MOS Word2013 エキスパート試験の出題数は?

Word2013エキスパート試験の出題数は、全部で30問あたりといったところです。

問題の数自体はやや多めですが、1つずつ的確に答えていくことで、十分に時間内に多くの正解を獲得することが可能です。

試験の挑戦経験がなかったり、初心者からしてみるとハードルを高く感じがちですが、実は程よい内容で挑戦しがいと歯ごたえがあります。

このエキスパート試験では、広く適度に深くWordの知識が試されますから、難易度はそこそこで出題数が多めの傾向です。

MOS Word2013エキスパート と Word2016エキスパートの違いは?

MOSのWord2013エキスパートと、Word2016エキスパートの出題範囲は、実はそれほど大きな違いはないです。

MOS・Word2016エキスパートと2013エキスパートは何が違うかと言えば、基本的に問題の出題範囲は違いませんが出題傾向が異なっています。

2013の場合には、ファイルを作る問題が5問から7問程度出題されているだけです。

これに対して2016の場合には、50問程度出題されている傾向があるわけです。

このように考えると、難易度が高くなったように感じるかもしれませんが、問題数がばらけただけで1問にかかる時間が短くなったと考えてよいでしょう。

しかし出題形式が変わっており、前者は1つのファイル完成を目指すのに対し、後者はマルチプロジェクトという形を取っています。

小さなプロジェクトの集まりがマルチプロジェクトで、プロジェクトには更にタスクと呼ばれる問題が設定されます。

Word2016エキスパートの難易度はWord2013エキスパート以上で、より現実的な内容となっているのが大きな違いです。

スペシャリストレベルは、1科目の試験で良いですが、MOS2013エキスパートは「2つの試験」がありそれぞれに合格しないとエキスパートレベルとして認定されません。

このあたりは要注意です。

どのバージョンのMOSを受けるべき? お勧めのバージョンは?

さて、新しいバージョンMOS2016が開始しても、職場ではまだまだOffice2010や2013がたくさん使われています。

家のパソコンには、2010が入っている、という方もよく伺います。そんな中で、どのバージョンを受験するか、迷うところだと思います。

詳しくは別のページで書きました。下記をご覧ください。

MOSどれを受けるべきか?あなたにピッタリのMOS資格バージョンは?

MOS資格が学習したいけど、どんな方法がある?

サイトを紹介してきましたが、基本的には「本」を使っての学習か、パソコン教室での学習で無いとMOS試験に合格するのは難しいです。

あなたのパソコンスキルがどのくらいあるのか?によって、お勧めは変わります。

パソコンが比較的得意だと思われる方は独学が良いでしょう。

合格する為の学習方法があります。詳しくは別記事で書きました。

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

あなたが、

パソコンは苦手だと思われるようであれば、パソコン教室に通われるほうが良いでしょう。

実は、本当のオススメは独学よりも、パソコン教室に通うことです。

確かに独学でも勉強すれば合格できるのですが、あくまでも合格できるという結果しか残りません。

本来の資格取得の目的は何でしょうか?

「履歴書に書ける」というのも一つの目的かもしれませんが、最も大切なのは「使いこなす」という事ではないでしょうか?その為にMOS資格を取得されるかと思います。

本当の意味でMOS資格の習得を目指したい方は、別記事に書きましたので下記をご覧下さい。

MOS資格取得の為にパソコン教室で学んだ方がよいと言える5つの理由

MOSでお悩みの方の関連記事はこちら

MOS資格取得の為にパソコン教室で学んだ方がよいと言える5つの理由

MOSを詳しく知りたい方必見「MOS資格の全体像」を徹底解説

MOS試験でおすすめのテキスト・本・参考書はこれ|MOS講師公認

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

人気MOS資格は就活に有利と言える5つの理由|就職に役立つパソコン資格

MOS2016の難易度と合格点を詳しく解説|MOSの他バージョンとの比較

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

 


-MOS試験

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.