エクセル・VBA

エクセルで今日の日付をいれるToday関数|動画解説付き

更新日:

今日の日付を出すToday関数を解説_MOS試験対策_Excel

エクセルで今日の日付を入れる「Today関数」の使い方を解説しています。

文書を作成する時に、いちいち日付を入力しなおす必要がなくなりますよ。

エクセル動画の解説を行っております^^(動画は下記にございます^^)

↓↓↓分かりやすい動画解説は下記をクリック↓↓↓

どうもどうもミスターしかっちです。
今日もパソコンの勉強をしましょう(^o^)/

【今回行うこと】

「エクセルの今日の日付を出すToday関数」についてお話したいと思います。

【今日の日付を出すToday関数とは】

エクセルには「Today関数」というものがあります。
毎日同じ書類を作成するときに日付だけは、その日の日付に自動的にしたいという場合があります。そこで「Today関数」を使うと自動的にその日の日付に設定することができます。

【具体的操作方法】

【1】関数の挿入の仕方

日付を設定したい「セル」を1回クリックします。

「fx」を
押します。(「数式バー」のすぐ左に表示されています。)
「fx」には様々な「関数」を設定することができます。

「関数の挿入」の設定画面が表示されます。
関数の分類横の∨を押して→「すべて表示」を選択してください。

「すべて表示」を選択すると「関数名」に「fx」に入っているすべての「関数」が表示されます。
「関数名」に表示されている「TODAY」を選択してください。
「TODAY」には、選択した「セル」に自動的にその日の日付を設定して表示することができます。

「関数の挿入」の設定画面の右下の「OK」ボタンを押します。

「関数の引数」の設定画面が表示されます。

【2】「関数の引数」設定画面の仕方

「関数の引数」の設定画面が表示されますので
「OK」ボタンを押します。

選択した「セル」に今日の日付が設定されていますので確認してみてください。

【「TODAY関数」を設定するときに注意すること】

「TODAY関数」は、毎日の今日の日付に自動的に設定されます。
しかし、自動的に日付の変更をしたくない場合、「TODAY関数」は不向きとなりますので注意してください。
自動的に変更したくない場合は、 / (スラッシュ)で日付をいれてください。
この方法で行ってみてください。

今日はこのぐらいで終わりにしておきましょう!
ではまたお会いしましょう!さようなら(^o^)/

 

全国55カ所 パソコン教室キュリオステーションのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

トップページへ

キュリオステーションの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

キュリオステーションFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・ザ・キュリオ在宅ワーク詳細はこちら

-エクセル・VBA
-, , , , , ,

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved.