エクセル・VBA

OR関数とIF関数を組み合わせて使う方法|動画解説付き

更新日:

エクセルでオア関数とイフ関数を組み合わせて使い方法を紹介している女性の画像

OR関数とIF関数を組み合わせて使う方法|動画解説付き

この記事はエクセルのOR関数とIF関数を組み合わせて使う方法について書いたものです。
エクセルのMOS試験対策で関数は欠かせないですね。
OR関数とIF関数を組み合わせて使う方法、コツについて書いているので参考にしてみてください。

続きを見る

今日は、エクセルのIF関数とORと一緒に使うやり方をやってみたいと思います。

↓↓↓分かりやすい動画解説は下記をクリック↓↓↓

エクセルOR関数|エクセル関数・もしくは|使い方を分かりやすく解説

動画の問題についてお話ししています。

スペシャリスト600より大きい もしくは エキスパート700より大きい場合は「優」それ以外は「可」 と表示させる という問題です。

数式バーのfxというボタンを押します。そうすると「関数の挿入」というダイアログボックスが出てきます。この状態で、「関数の分類」ボックスを「すべて表示」にして下さい。

IF関数なので、最初に「I」を入れて下さい。すると「I」で始まる関数がずらっと出てきます。今回は「IF」を選んでおいて「OK」ボタンを押します。

これで「関数の引数」ダイアログボックスが出てきます。次、まず「論理式」ボックスに論理式を入れましょう。

IF関数で“こういう条件だったら”というのが論理式です。

普通だったらちょろちょろと入れていけば良いんですけれども、今回はここでね、これが条件がつくので。スペシャリストが600より多い、大きい、もしくはエキスパートが700より大きいっていうのが条件になるんので、ここでもう一回もしくはという意味の論理式、”OR”を入れてあげるんですね。

そこで名前ボックスが今IFってなっているところで、▼を押すと関数の一覧が出てきますが、

ない場合は「その他の関数」っていうところを押すと「関数の挿入」ダイアログボックスが出てくるので、またここで「関数名」ボックスからORを探して下さい。

「O」を押したら今度は出てきます。少し下にスクロールして、ORを選択しておいて、「OK」ボタンを押します。

そうすると「関数の引数」ダイアログボックスが出てきました。ここに入れていきたいと思います。

スペシャリストが600より大きい、と。どこがスペシャリストかというと、(G7セル)ですよ。

いまJ7セルで計算しているので「論理式1」ボックスに「G7>600」と入力します。

次、下の「論理式2」ボックスはここ、H7セルですね。H7セルが700より大きいとなるので、「H7>600」と入力します。

そして3つ目「論理式3」のボックスがありますが、これは無視して頂いてOKです。

最後に、これで入力した結果が、画面上部の白い枠(数式バー)に出てきています。

今回は、“もしも”っていうIF関数がありますね。もう一個、ORっていうのを入れました。

今回ORが入力し終わったということなので、これで「OK」ボタンを押すと全てが入力し終わった、というようになってしまうので、ここでね、数式バーの「IF」という文字をカチっと押してみて下さい。そうするとIFの「関数の引数」ダイアログに変わるんですよ。

OR押したらORのダイアログボックス、IF押したらIFのダイアログボックスに変わります。IFって文字の真ん中くらいが良いかな、二文字なので丁度真ん中、間くらい押しましたけど、三文字だったら別にどこでも押して頂いてOKです。IFの間にカーソルがあればOKです。

ということで、今回ようやく本題です。

いま「論理式」ボックスには入っていますね。次にここ「真の場合」、言葉難しいですが、“そうだったら”ということで「優」と入力しました。「偽の場合」ボックスに移って、それ以外だったら「可」と入力します。

ここで入力した文字に、ちょんちょん(ダブル引用符“”)がついて「“優”」ってなったけど、と思われるかもしれませんが、ここではちょんちょん(ダブル引用符“”)は要るものなので放っておいて頂いて結構です。最後に「OK」ボタンを押しましょう。

数式バーを見ると、計算が出来ていますね。こういう計算を本来だったら手書きで入れたいんですが、まだ慣れないうちはfxを使って頂いて結構です。

おすすめは数式バーで手書きで全てというのが良いですけども。

そうすると、J7セルに「可」と出ましたね。これでJ7セルの右下をクリックして下にドラッグしていけば、計算がそれぞれ出来ます。この場合だったら「可」ですよ、この場合だったら「優」ですよ、っていう感じで出来ていきますね。

 

 

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-エクセル・VBA
-, , , , , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.