エクセル・VBA

エクセルで折れ線グラフの作り方|動画解説付き

更新日:

エクセルで折れ線グラフの作り方を紹介している女性の画像

「エクセルの折れ線グラフの作り方」についてお話ししたいと思います。

グラフは、表の「データ」がもととなって作られます。

もしグラフを使わずに、表の「データ」から一番小さい数字を知りたいと思うときには、表の「データ」を1個1個確認していかなければなりません。

しかし「折れ線グラフ」の絵を使うことによって1番小さい数字をすぐに知ることもでき1番大きい数字もすぐに知ることができわかりやすく表示されます。

簡単に説明すると表の「データ」の数字を絵にしたのがグラフです

表のこの部分の「データ」をグラフにしたい場合は、この部分を「範囲選択」することによってグラフを作成します。

分かりやすい動画解説は下記をクリック

動画解説を紹介している画像

具体的操作方法

具体的な操作方法を表現している画像

※広島市の最高気温のみの折れ線グラフを作ります

【1】広島市1月から12月の最高気温の「データ」の数字のみを「範囲選択」する仕方

選択の仕方を紹介している画像

広島市1月下の数字が入った「セル」を2回クリックします。

(2回目のクリックで押したままにしてください。)

押したまま、広島市12月の最高気温の「データ」の数字のところまで引っ張って「範囲選択」します。

【2】「折れ線グラフ」の挿入の仕方

折れ線グラフの挿入を表現している画像

「リボン」→「挿入タブ」

「グラフグループ」の「折れ線/面グラフの挿入」ボタンを押します。(円グラフマークの上にある折れ線グラフマークの表示です。)

「折れ線」を選択します。(2-Dの折れ線の下に表示されています。)

今回は、「折れ線」を選択しましたが、自分の好きなグラフを挿入してください。

「エクセルシート」上に表の「データ」が「折れ線グラフ」になって挿入されますので、確認してみてください。

【「グラフ」を作るときに重要なこと】

重要なことを紹介している画像

「グラフ」は表の「データ」を「範囲選択」することで作られます。

しかし、表の「データ」の数字のみだけを「範囲選択」するとグラフに数字だけ表示されることになります。そうなると、「グラフ」の数字が何の項目を表しているのかわからない状態で表示されます。

「グラフ」は、表の「範囲選択」された「データ」が重要となりますので、必ず行や列にある「項目」を忘れないように一緒に「範囲選択」してください。

「グラフタイトル」の変え方

グラフタイトルを変えるを表現している画像

「グラフタイトル」とは、グラフの上の真ん中にある表記です。

【1】「グラフタイトル」をクリックします。

「グラフタイトル」の文字のそばでもう一度クリックします。

クリックした文字の横に縦線がついたり消えたりするので、「BACKSPACE」を押して文字を消していき自分のつけたいタイトル名を打ちこんでください。

分かりやすい動画解説は下記をクリック↓↓↓

動画解説を紹介している画像

具体的操作方

具体的操作方法を表現している画像

【1】「折れ線グラフ」を選択する仕方

折れ線グラフを選択するを表現している画像

「エクセルシート」上にある「折れ線グラフ」をクリックします。

【2】「折れ線グラフ」の追加する仕方

折れ線グラフを追加を表現している画像

 

「折れ線グラフ」をクリックするとグラフのもととなっている表に変化があります。

グラフのもととなっている表の「データ」の「セル」全体が青薄い色がかかり枠もかかる変化があります。

※「範囲選択」し忘れた部分の「セル」は変化がありません。

表の枠がかかっている一番右下の「セル」に矢印をもっていきます。

矢印が、⇔になったところクリックしたまま表のし忘れた「セル」の部分まで右斜め下に引っ張ります。

そうするとし忘れた表の「セル」にも青薄い色がかかり枠もかかる表示になります。

それと同時に自然と「折れ線グラフ」にも動き、表のし忘れていた「データ」も反映されて「折れ線グラフ」に表示されます。

↓↓↓分かりやすい動画解説は下記をクリック↓↓↓

動画解説を紹介している画像

【具体的操作方法】

具体的な操作方法を表現している画像

グラフの点の大きさや色や形の変更をする前に「グラフの変更」の仕方をお話しします。

今回は、作った「マーカー付き折れ線グラフ」が表示されている状態から「折れ線グラフ」の変更をします

【1】「マーカー付き折れ線グラフ」を選択する仕方

選択の仕方を紹介している画像

「エクセルシート」上にある「マーカー付き折れ線グラフ」をクリックします。

【2】「折れ線グラフ」に変更する仕方

変更の仕方を紹介している画像

「リボン」→「デザインタブ」

「グラフの種類の変更」ボタンを押します。(画面上右側あたりの「種類グループ」に表示されています)

「グラフの種類の変更」設定画面が表示されます。

【3】「グラフの種類の変更」の設定の仕方

設定の仕方を紹介している画像

「グラフの種類の変更」設定画面の左側の「折れ線」を押します。

折れ線のグラフの様々な種類が表示されていますので、今回は「折れ線」を押します。

「ok」を押します。

「マーカー付き折れ線グラフ」が「折れ線フラフ」に変更になって表示されましたので確認してみてください。

折れ線グラフの点の大きさや色や形の変更について

変更について紹介している画像

もう一度、上記の方法で「折れ線グラフ」を「マーカー付き折れ線グラフ」に変更してください。(「マーカー付き折れ線グラフ」での説明になります。)

【具体的操作方法】

具体的操作方法を表現している画像

【1】「マーカー付き折れ線グラフ」上の点の選択の仕方

選択の仕方を紹介している画像

「マーカー付折れ線グラフ」をクリックします。

「マーカー付き折れ線グラフ」の「データ」部分に点が表示されていますので、点をクリックします。

「データ系列の書式設定」の設定画面が右側に表示されます。

【2】「データ系列の書式設定」の設定の仕方

設定の仕方を紹介している画像

「データ系列の書式設定」の「マーカー」を押します。

「マーカーオプション」のすぐ左▽を押します。(押すと▽が▼に変わります。)

「組み込み」のすぐ左◌をクリックします。

「種類」の右枠の▼を押すと様々な形が表示されて選択することができます。

(「種類」は、「マーカー付き折れ線グラフ」上の点の部分の形を変更することができますので、好きな形を選択してください。)

「サイズ」の右枠の▲を押すと数字が大きくなり「マーカー付き折れ線グラフ」上の点の大きさが大きくなります。

「サイズ」の右枠の▼を押すと数字が小さくなり「マーカー付き折れ線グラフ」上の点の大きさが小さくなります。

「データ系書式設定」は、「マーカー付き折れ線グラフ」上のグラフをそれぞれ項目ごとに変更をすることができる機能です。

 

 

全国にあるパソコン教室パレハのサービス一覧

「オンライン」自宅で学べるパソコン教室

オンラインレッスン

オンラインレッスンの詳細はこちら

苦手な方専門パソコン教室

パソコン教室パレハの詳細はこちら

パソコン教室の運営をしませんか?

フランチャイズ

パソコン教室パレハFCの詳細はこちら

「在宅」で自由な働き方しませんか?

在宅ワーク

クラブ・パレハ在宅ワーク詳細はこちら

-エクセル・VBA
-, , , , , ,

メールはこちら

LINEはこちら

お電話はこちら

Copyright© パソコン教室パレハ , 2020 All Rights Reserved.