Windows基本操作 コンサルタント チラシ作成

広告のチラシやフライヤー印刷代が安い!安く済ませるコツと裏技|封筒・パンフレット・カタログ

投稿日:

皆さんこんにちは!

パソコン教室キュリオステーションです。私はパソコンが苦手だったパソコン講師です^^

こちらをご覧になられていると言う事は、広告の「チラシ」や「フライヤー」の料金を安く抑えたいと思われているのかな?と思います。今回はその「コツ」と「裏技」をお話したいと思います。

自分でプリントアウトすると安くなる?

家庭用のプリンターを使うと一見安くつきそうな気がしますが、枚数によっては高くつきます。基本的に家庭用のプリンターで印刷すると高いです。そもそもインクが高いのです。

プリンターのメーカーはどこのプリンターメーカーも「プリンタ」本体を安くして「インク」で儲けると言う仕組みを取っております。よって、インク代はカートリッジが基本的には1本辺り1000円くらいかかります。

最近は安価なインクも売られていますが、それは、量を減らしているのであって、それ自体がお徳になっていると言うわけではありません。

互換インクを使えば安くなる?

互換インクをご存知でしょうか?

インクには大きく分けて2種類あります。それが

純正インク
互換インク

この2種類です。純正インクは、そのプリンターのメーカーが出したものです。例えばキャノンであればキャノンが出しているインクが純正品です。エプソンであればエプソンが出しているのが純正品です。

これに対して互換インクは、プリンターのメーカー以外の方が作っているのものをいいます。純正インクに比べて安いです。要は、インクの成分をまねて作っているのです。

日進が出したカップヌードルではなくて、イオンが出しているカップヌードルまがいのもの、みたいな感じです^^;

ピンからキリまでありますが、純正インクが1本1000円だとしたら、互換インクは、100円から800円くらいの間でしょうか。質によって値段が異なります。

「じゃあ、互換インクにすれば良いじゃん」と思われそうですが、ここに落とし穴があります。互換インクは、安いだけあって、インクの成分が悪いです。要は目詰まりを起こす可能性が非常に高いです。

私の経験ですが、お客様からプリンタ目詰まりのトラブルの依頼があり、ヘッドクリーニングを繰り返せば繰り返すほど、目が詰まっていくと言う不思議な現象を受けた事があります。

それは、互換インクを使っていたので、使えば使うほど目が詰まり、結果、プリンタが使えなくなったという状況です。なので全部が全部互換インクが悪いとは言いませんが、メーカーからの保証も受けられなくなるので、基本的には純正品を使うほうがお勧めです。

特に「大量印刷」する方であれば、なおさらです。

ここが大きなポイントです。あまり使わない方であれば、互換でも良いと思います。ですが、大量に使う方のほうが、互換で目詰まりを起こす可能性が高くなります。

よって自分で大量印刷するのはあまりお勧めしません。

スーパーやホームセンターなどのコピー機を使う

モノクロでよいのであれば、コピー機を使うと言う手もあります。50枚程度であれば、自宅のプリンターよりも安く抑えられるケースがあります。

ホームセンターやスーパーなどでは、たまに「1枚5円」など行なっているところがあります。それを活用すれば安く抑えられます。

1枚は、ご自宅のプリンターで印刷して、それを元にして、ホームセンターやスーパーでコピーを行うと言う感じです。

100枚以上のカラーコピーはどうするのか?

この場合は、業者に出すほうがお勧めです。

一見、業者に出すと「高くつく」「小部数は印刷できない」「小部数だと割高」というイメージがありますが、そんな事はありません。実店舗の地域のお店に頼むと高くつくと思います。ロットがある程度まとまらないと、引き受けてくれない場合もございます。

ですがネットを主としている業者を利用しればかなり安くつきます。100枚単位から受け付けてくれて、しかも1500円程度で行なえます。1枚辺り、15円です。

15円だと高いと思う方もいらっしゃるかもしれませんが、枚数が増えればどんどん安くなっていきます。

片面フルカラーで

●1,000枚で2,000円程度(1枚辺り2円)

●5,000枚で7,000円程度(1枚辺り1.4円)

●10,000枚で12,000円程度(1枚辺り1.2円)

となります。

仮に100枚で15円が高いとしても、家庭用のプリンターを使って、100枚を印刷してみてください。おそらくインクカートリッジをそれぞれ1回は交換しないといけないと思います。と言う事は、6色だとして6,000円です。かなり安いというのがご理解頂けると思います。

枚数に応じて、それぞれ使い分けるほうがお勧めです。

お勧めの印刷業者はどこ?

私がよく使う業者を2つご紹介いたします。基本的には、最近の業者さんは価格はある程度同じです。日常から使い慣れているところがあるのであればそれで大丈夫だと思います。

東京カラー印刷

東京カラー印刷のページに飛びます

昔からよく利用させてもらっております。知名度は低いですが、かなり良心的に行なってくれる会社さんです。個人的には一番好きな会社です。仕事も丁寧ですし、金額も安いです。

また、私が一番すきなのは、ワードやパワーポイントなどで作成した場合に、色味が若干異なるのですが、東京カラー印刷さんで注文したものは、その辺の変化が少ないです。

調べたわけではないですが、調整をされているのではないかと思います。データのアップロードでのエラーも少なく非常に使いやすいです。

プリントパック

宣伝なども行なわれており、知名度がここ数年で一気に上がりました。価格も安いです。アップロードの画面が初心者向けに分りやすく設定されているのが印象的です。

しかしながら、アップなどをする際に、エラーが起こりやすいのが難点です。おそらくアップの段階でかなり丁寧に見られているのだと思います。逆に言うと、非常に、慎重で丁寧なのだと思います。初心者の人で対応が出来れば、画面はわかりやすくて良いと思います。

まとめ

チラシやフライヤーなどの印刷代金を安くするための方法をお話しました。枚数や状況に応じて使い分けていくと、最良のコストパフォーマンスが実現できると思います。

チラシ作成でお悩みの方は、作成動画を作っているのでご参考になさってください

超簡単!パワーポイントで作るチラシの作り方とコツと注意点を動画解説

超簡単!ワードで作るチラシの作り方とコツと注意点を動画解説

超簡単!エクセルで作るチラシの作り方とコツと注意点を動画解説

LINE@はじめました^^

LINE@はじめました^^パソコン苦手な方が得意になれる「ブログ」「動画」が届きます^^

↓↓↓ご登録は下記からお願いします^^↓↓↓

QRコードは下記からお願いします^^


-Windows基本操作, コンサルタント, チラシ作成

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.