ブログ

MOS資格試験2016・2013・2010|バージョンの違いと選ぶポイント

更新日:



今回は、MOS試験を受ける際の、バージョンを選ぶ時の3つのポイントについてお話します。

こちらをご覧になられているという事は、「MOS資格を受けたい」「MOS資格を学習したい」と思われていることでしょう。でも何か、複数バージョンがある・・・。

受験に必要な資格や用意する条件はありません。

「どれを受けたら良いの?」という事で悩まれている方が多いと思います。

「持っているのはOffice 2013だからそれを受けたら良いのかな?」

「最新版のPCはどれなんだろう?」

「2010を持っているけど、古いものは自動更新されるの?」

など様々な疑問があるかと思います。

今回は、「MOS試験を受けるにあたって一番最適なバージョンを決めたい」っていう内容でお話をしていきたいと思います。

この記事に書いてある内容は...

いきなり結論!バージョンを選ぶ際の3つのポイント

  1. 理由がないなら最新版が一番お勧め
  2. 合格が最優先の為、お持ちのパソコンとあわせる
  3. 受かりやすいのはMOS2010

この辺が3つのポイントになります。

さて、どういう意味なのか?その辺を詳しくお話したいと思います。

あなたにピッタリあったMOS資格のバージョンをお話しますね。

2010・2013・2016とはマイクロソフト・オフィスのバージョンのこと

MOSには3種類ある

MOS(Microsoft Office Specialist。マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト。

通称「モス」と呼ばれています)には、2010・2013・2016の3種類があります。(Word,Excel,PowerPoint,Access,Outlookの5つにそれぞれ試験があります)

単純に「西暦2010年に発売されたので2010年版」という感じで考えてもらって良いです。

この数字はマイクロソフト・オフィスのバージョンのことで、マイクロソフト・オフィスはバージョンアップするごとに新しい機能が追加されて作業内容の幅が広がるとともに、操作方法が改良されてより使いやすくなっているのです。

旧バージョンでもあまりかわらず使える

マイクロソフト・オフィスを最新版にバージョンアップするにはアップデート版を購入する必要がありますが、旧バージョンのマイクロソフト・オフィスもしばらくは継続して使えます。

最近の中身は、殆ど変わりません。

ただし、マイクロソフト・オフィスをはじめパソコンのソフトウェアは、旧バージョンの製品になるといつかはセキュリティ対策などのサポートが打ち切られるので、どこかのタイミングでバージョンアップを行う必要があることを覚えておきましょう。

そもそもMOS資格って何?全体像を知りたい方は下記をご覧下さい

MOS資格というのは、正式には「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」と言います。

いわゆる、会社などで使う「エクセル」「ワード」「パワーポイント」と言ったオフィスソフトが正しく使いこなせるか?というスキルレベルを証明する為の資格試験です。

全世界で、実施が行なわれており、パソコンの資格の中で最もメジャーな資格になります。

MOS試験について詳しく知りたい方は別記事に詳しくまとめました。下記をご覧下さい。

MOS資格とは?|就職・転職に有利なMOS試験の概要を全て徹底解説

「オフィス」と「ウインドウズ」は全く話が異なります

勘違いが多い「ウインドウズ」と「オフィス」

よくある勘違いで「家のエクセルはウインドウズセブンです」といわれたりする方がいらっしゃいます。

あとは「マイクロソフト・オフィスのバージョンは何ですか?」と聞いたときに「10です」と答える方もいらっしゃいます。

それって本当に「オフィス2010」の意味を指されていますか?

この辺を先に知っておいたほうが絶対良いかなって思います。

ウインドウズはパソコン本体をつかさどるもの

そもそも「ウインドウズ」っていうのは、ざっくりいうと「パソコン本体の画面」のことです。

今出ているものを大きく分けると「ウインドウズ10」「ウインドウズ8」「ウインドウズ7」というように「バージョンが3つ」あります。

これはあくまでも、表示画面上の事です。

もう少し詳しくお話をすると、パソコン全体をつかさどる最も大切なソフトになります。

これらのバージョンが新しくなっていきます。「新しいウインドウズが発売された!」みたいな感じで発表されています。

オフィスは「ワード」「エクセル」などの事を言う

もう一つあるのが「オフィスソフト」。これは「エクセル」や「ワード」というように、「会社(企業)」などで主に使うソフトになります。

案内文を書こうと思ったら「ワード」を使います。計算をしようと思ったら「エクセル」を使います。

というように「会社や仕事で使う道具」が「オフィスシリーズ」になります。

なので、全く別物なんですね。話の土台がそもそも違います。

なぜこんな勘違いが起こるかというと「新しいウインドウズ」を出す際に、同時に「オフィス」も発売されるからです。

関連性が高いものでいうと

「ウインドウズ7」が発売された頃に入っているのが「オフィス2010」

「ウインドウズ8」が発売された頃に入っているのが「オフィス2013」

「ウインドウズ10」が発売された頃に入っているのが「オフィス2016」になります。

なので、言うならば「私の家のパソコンは、ウインドウズ10が入っていて、オフィスのバージョンは2016です」という感じになります。

理解できましたか?記載された内容が理解出来ない方は理解できなくても大丈夫です^^

とりあえず、バージョンさえ分れば大丈夫です。

西暦が書いてあるもので判断してください。

マイクロソフト・オフィスのバージョンアップに合わせて、MOSも試験内容がアップデートされる

MOSは3種類

マイクロソフト・オフィスのバージョンアップに併せて、MOSも試験内容が全般的にデータ更新されています。

現在、MOSには「2010」と「2013」の2種類に加えて、2017年1月に「2016」が追加されて3種類になりました。

MOSはスキルを証明できる国際資格です。

「MOS 2010」「MOS2013」「MOS2016」はそれぞれ、マイクロソフト・オフィス 2010・2013・2016で追加された機能一覧を踏まえた内容になっています。

オフィスが登場して1年後くらいにMOSが発表される

多くは、オフィスが登場してから1年後くらいに、MOS試験も発表される事が多いです。

2016年版の次は2019年版ですが、情報では2019年に発売される予定なので、2020年頃に、MOS2019の試験もいつか発表され実施される事になるかと思います。

MOSのバージョンが変わっても、試験の出題範囲には大きな違いはない

どのバージョンを受けたらよいのか?

そこで迷うのは、「2010、2013、2016、どのバージョンを取得すればいいのか?」ということです。

マイクロソフト・オフィスはバージョンアップによって新機能が追加されていますが、基本的なところを含めてほとんどの内容は旧バージョンを踏襲しています。

新しいバージョンにアップデートしても違和感なく使えるようになっています。

そのため、どのバージョンのMOSも試験の出題範囲条件は多少の差異がある程度で、ほとんど変わりません。

どのバージョンも出題範囲はあまり変わらない

よくある勘違いで言うと、「新しいバージョンになったから、新機能がたくさん増えている。

だから覚える事がまた増えた」というものです。

ですが、私の個人的な意見を言うと、オフィスに関しては「2010年版」から「2016年版」まで殆ど変わりません。

基本的な使う部分だけで言うと全く同じと言っても良いでしょう。

2013はExpertの試験をPart1,Part2に分けています。

厳密に言うと、細かい部分の違いはあります。

でも、そこまで注意してスキルを使いこなしている人を私は見たことがありません。そういう人にとっては大切な事かもしれませんが、一般的に使う分には問題ない変更です。

このくらいの変更を「大きな変更」といわれるようであれば、MOS試験を受験するのはメリットとしてちょっと遠い気がします。

MOSのバージョンごとに大きく異なるのは出題形式

出題形式はバージョンごとに異なる

MOSのバージョンごとで大きく異なるのが「出題形式」です。これが最も重要です。

これだけバージョンによって試験形式が異なるのは、現段階だけになるでしょう。

今、まさにMOS試験は大きく変化を遂げようとしている時期なのです。

というのも、「MOS2010」までは、試験形式は全く変わりませんでした。

後述しますが、試験概要は一問一答形式だったのです。

ですが、それでは、「実践力が身につきにくいだろう」ということで、変更がかかったのが「MOS2013」です。

MOS2013から変更になった

MOS2013は、「一から作り上げる形式」に変わりました。ですが、以前までの形式になれていた、MOSの受験生たちから、多くの批判を受けました。

「今までのものが良い」という感じで、反感を買ったんですね。

とはいっても、MOS2010の形式に戻すのではなく、実践力を養えるものがよいという感じで出てきたのが、「MOS2016」です。

これは、ちょうど「MOS2010」と「MOS2016」の中間どころと考えて良いでしょう。

ざっとお話をしましたが、今まさに「MOS」は変化を遂げようとしているのです。

ということで、詳しく書いていきたいと思います。

バージョン2010の場合は、一問一答形式です。

一つ一つの問題に相関関係はなく、各問題で出された操作を解答します。

例えば、Excelなら、設問1で「ワークシートの名前の変更」が指示され、設問2では「図の挿入」が指示されるという形です。

ざっくりいうと、「クイズ」です。

この形式が非常に長かったです。昔はMOSではなくて、バージョンごとに名前が変わっていました。

MOUS検定というのが2000年版。MOSというのは2003年版。その次にMCASというのがでましたが、それは2007年版。(「MOS2007試験」は2016年3月に終了しました。)

名前がバラバラなのでややこしいということで、全て「MOS」に統一実施されました。

それら全部「一問一答」形式でした。

その最後の流れを持っているのがMOS2010年版です。

基本的に勉強が行ないやすく、すべてシンプルな問題形式です。

なので、仮に「関数が難しい」と思っていたら「関数は捨てよう」という選択も出来ます。

他の問題とつながりがないので、「捨て問題」を作る事が出来るのです。

一発勝負の時にはMOS2010年版が良いかもしれません。

バージョン2013の場合は、成果物完成型です。

バージョン2010の場合は、各設問に相関関係がありませんでしたが、2013の場合は、設問に答えながら、一定の成果物を完成させます。

「成果物」というと、難しそうですが、「一から作るって感じの問題」です。

例えばWordなら、最終的に完成させたいものが「PTAの案内文」だとすると、設問1で「PTA案内文」のページの設定を行なって、設問2でそのファイルに「画像を入れる」という問題が指示されるという形です。

一問一答式と異なり、途中の設問で大幅に誤った解答をすると、目的のファイルが出来上がらないということになります。

例えば実際にあった例ですが、「グラフを作る」という問題があり、その次は「その作成したグラフの色を変える」という流れで、グラフに関して何問か続くんですね。

そうなると、最初のグラフが作成できないと、後の問題が全く出来ないという事になり、大幅に点数を落とすことになってしまいます。

だからなのかは、わかりませんが、全体的には比較的見やすい問題が多いです。

その分、大きく落とす可能性もあるので、総合力が問われます。

バージョン2016の場合は、マルチプロジェクト形式です。

また「マルチプロジェクト」とか言うと難しい感じがしますね・・・。

ですが、問題はシンプルです。

バージョン2013では、一つのファイルを完成させる形式で試験が進みましたが、2016の場合は、一回の試験の中に複数のプロジェクトがあります。プロジェクトの中には、いくつかのタスクがあり、それを解答する形です。

簡単に言うと「全部で7つの大きな問題」があります。

その問題の1つずつには「設問が7つ」あるって感じです。

例えば、プロジェクト1では、文章の挿入から形式を整えるまでの操作がタスクとして指示され、プロジェクト2では、文書に画像や図を挿入し体裁を整える操作がタスクとして指示されるといったイメージです。

ざっくり言うと、「1つのファイル」について「7問程度」出てくるって感じです。

そのファイルが7つくらい出てきます。2013年版と2010年版の間と思うと良いと思います。非常に行ないやすい試験です。

ちょうど、「MOS2010」と「MOS2013」を合体させたようなのが「MOS2016」です

取得するなら最新版が一番お勧め

さて、本題です。取得するに当たって、特に弊害がないのであれば、MOS2016が良いです。

やはり最新版のほうが良いです。あえて古いものを選ぶという理由が基本的には見つかりません。

これら、3年おきにMOS資格はリリースされます。

なので、今度はMOS2019というものが出ます。なので、取得するのであれば最新版を取っておくのがよいでしょう。

ちなみに、2018年5月の段階では、まだMOS2019というか、オフィス2019なるもの自体が出ていないので、公式サイトで確認すると「MOS2016」が最新版になります。

なので、それを取得するのが良いでしょう。

合格が最優先のため、お持ちのパソコンのバージョンとあわせる

ご家庭のバージョンは何?

さて、とはいっても、ご自信の置かれている環境や状況があるかと思います。

受験をしようと思ったときに「家や転職した職場のバージョンが2013だった」という事はよくあることです。

もしも、MOSを勉強してから合格を目指そうと思った場合には2つ道があるかと思います。

独学なら「テキスト」を購入して行なう

後は、独学で学ばれるとしたら、書店で販売しているテキストを使って学習を行なっていくかと思います。

この書店で販売されているテキストは、ご自宅にそのバージョンと同じものが無いと基本的には学習できません。

例えばご自宅のパソコンが「2013」であれば、「MOS2016」の学習は出来ません。

比較的にているので、それを見よう見真似で出来なくもないですが、初心者の人には向きません。

なので、パソコンを新しく購入するか、パージョンをそろえるかになります。

この場合は予算にもよりますが、MOSの資格のバージョンを変えるほうが良いでしょう。

ということで「MOS2013」か「MOS2010」にされるという考えもあるでしょう。

パソコンが得意な方であれば、独学でMOS試験を勉強されるのが良いでしょう。

独学で勉強される方は、コツがあります。詳しくは別記事に書きました。下記をご覧下さい。

MOS資格を独学で初心者が一発合格する秘密学習方法|MOS講師公認

パソコン教室に通うのも一つの手段

1つは「独学」という道。もう一つは「パソコン教室」に通うというもの。この2つがあるかと思います。

あなたが、パソコン苦手だと思われるようであれば、パソコン教室に通われる事をお勧めします。

得意だと思われるようであれば、独学をオススメします。

パソコン教室であれば、最新版のMOS2016の講座で受講すれば問題ないでしょう。

逆に「MOS2016」新バージョンをお勧めしないパソコン教室はちょっと利用をやめておいたほうが良いでしょう。

非常に微妙です。他のバージョンをお勧めされたらなぜなのか理由を聞いてみると良いでしょう。

私も、MOS2013や過去のMOS2010を両方2種類を勉強してもらうようにお話をすることがありますが、それには理由が必ずあります。

後述するような状況を踏まえた上で、その方にあった最適なバージョンをご紹介しています。

特に理由もなく古いバージョンをおすすめするのは良くないですね。

パソコン教室に通った時のメリットを別記事に書きました。下記をご覧下さい。

MOS資格取得の為にパソコン教室で学んだ方がよいと言える5つの理由

受かりやすいのはMOS2010

一問一答形式なので合格しやすい

どうしても短期で基礎や応用レベルの知識をマスターして、取得したいという方に最適なのが、MOS2010です。

上記したように、MOS2010は「クイズ形式」の一問一答形式です。

なので比較的学習がしやすく、点を落としにくいです。

MOS2013の場合は、ファイル作成形式になるので、一問落としたら次にも影響を及ぼすという可能性が出てきます。なので、短期での学習には不向きです。

超短期の詰め込み方はこれ

よくあるのが「自分は履歴書に書くため、就職前に1週間で資格を取らないといけないのです」とか「大学の単位認定に使用の為に資格を取らないといけないのです」といった理由のときは「MOS2010」を紹介させてもらう事が多いです。

「MOS2016」であれば、まだ比較的「MOS2010」と比較的近いので良いでしょう。

もしも、最新版をお持ちであれば、合格最優先だとしても「MOS2016」がおすすめです。

そういった面で、合格しやすい順番で言うと「MOS2010」が一番行ないやすく、次が「MOS2016」、一番難しいのが「MOS2013」です。

MOS試験はどんな問題が出るの?

MOS試験は、どのバージョンも「実技試験」になります。

択一式の問題やマークシートの問題はありません。

よって、実力があがりやすいタイプの試験と言えるでしょう。

出題形式は、バージョンによって微妙に異なりますが、基本的に解く内容は同じ内容が多いです。

この件に関しては別記事で書きました。詳しくは下記をご覧下さい。

MOS試験内容|MOSはどんな問題が出るの?|内容と問題を徹底解説

MOS資格にはエキスパートっても存在します

MOSのワードとエクセルには「スペシャリスト」の他に、上級の「エキスパート(Expert)」というものもあります。

ワードとエクセルにしかありません。

エキスパートはMOSの最上級クラスになります。

スペシャリストよりも、高いスキルレベルが問われます。

スペシャリストに合格された後は、エキスパートを目指されると良いかなと思います。

そのことに関しては別記事で書きました。

MOSエキスパートの難易度は?|スペシャリストとの違いを徹底比較

MOS資格を全て取ると「オフィスマスター」の称号がもらえます

全部で4科目合格すると「オフィスマスター」という称号がもらえます。

複数のアプリケーションを使いこなせると言う事で価値の高いものです。

取得するものはある程度決まっています。

  • ワード・エキスパート
  • エクセル・エキスパート
  • パワーポイント
  • アウトルック or アクセス

これらの取得で、マスターの称号がもらえます。

ワードやエクセルですが、「スペシャリスト」では、マスターになれません。

また、バージョンによっても微妙に基準が異なります。

詳しくは、別記事に書きました。下記をご覧下さい。

MOSオフィスマスターのメリットとは?|就職に有利なMOS資格の最上級

まとめ

今回は、MOS(Microsoft Office Specialist)のバージョンについてお話をしました。ぜひ参考になさってください。

MOSでお悩みの方の関連記事はこちら

MOS資格取得の為にパソコン教室で学んだ方がよいと言える5つの理由

MOSを詳しく知りたい方必見「MOS資格の全体像」を徹底解説

MOS試験でおすすめのテキスト・本・参考書はこれ|MOS講師公認

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

人気MOS資格は就活に有利と言える5つの理由|就職に役立つパソコン資格

MOS2016の難易度と合格点を詳しく解説|MOSの他バージョンとの比較

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

おすすめ記事

-
-, ,

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.