ブログ

MOS試験内容をパソコン教室が徹底解説|2020年最新保存版

更新日:


今回は、MOSの試験は実際に何をどんな形で行われるのかについてお話しします。

世界的に通用するマイクロソフト社オフィスソフトの資格試験である「MOS試験」ですが、一体どんな問題が出るのでしょうか?
気になる試験内容をお話してみます。

どんな出題形式なのか不安に思っている方もいらっしゃると思いますので、参考にしてくださいね。

この記事に書いてある内容は...

実は非公表なので類似問題を見るのが良い

MOS試験問題は非公表になっています。

なので、正式な問題を見る事は実際に試験を受ける以外方法はありません。

ですが、非常に似ている類似問題の掲載された「テキスト」が発売されています。

その問題を見ると「どんな問題か?」が具体的にわかります。

FOM出版というところと、日経BPというところが出しているテキストがオススメです。

実際にどんな問題かは書店などで見る事が出来ます。

おススメテキストに関しては別記事に書きました。

MOS試験でおすすめのテキスト・本・参考書はこれ|MOS講師公認

MOSはマークシート方式ではない!パソコンの実技試験です

MOSは実技試験

MOS試験は、マイクロソフト(Microsoft) オフィス(Office) スペシャリスト(Specialist)の頭文字をとってMOSと呼び、実際にパソコンを操作する実技試験です。

ちなみに、バージョンが

  • MOS2016
  • MOS2013
  • MOS2010

と分かれております。

その中で更に

  • Word(ワード)
  • Excel(エクセル)
  • PowerPoint(パワーポイント)
  • Access(アクセス)
  • Outlook(アウトルック)

というように分かれます。

試験は、アプリケーション毎に行われます。

例えば、ワードとエクセルが同時に出題されるということはありません。

ワードだけ。

エクセルだけ。

という試験形式になります。

MOS試験の科目について詳しくはこちらの記事をご覧ください。
MOS資格試験の科目はいくつあるのか?徹底解説

筆記試験や、チェック形式の問題ではなく、試験会場で指定された試験用パソコンで受験します。

パソコンに自分の受検者番号などを入力したら、試験問題が表示されるので、受験する科目のソフトを操作して試験に解答していきます。

他にもパソコンの試験が多数ありますが、MOS試験に関して言うと実技のみの試験になります。

エクセルやワード、パワーポイントのスペシャリスト資格を取得した後は、より上級の資格を目指してエキスパートレベルにチャレンジすることもできます。

実際の「エクセル」や「ワード」などの操作を行う

エクセル(Excel)やワード(Word)、パワーポイント(PowerPoint)といったマイクロソフトオフィス製品を実践的に扱うスキルがあるかを証明するための試験です。

また、全国一斉試験の場合も随時試験の場合も、会場に試験監督がいます。

万が一、パソコンのトラブルなどがあった場合は、試験官に知らせて対処してもらいます。

試験に関してのトラブルは心配しなくても大丈夫です。

MOS2016・2013・2010によって出題形式は異なります

MOSは、2018年10月の段階で3バージョン受験の受験が可能です。

  • MOS2019
  • MOS2016
  • MOS2013

と3つに分かれます。

そのバージョンによって、試験の出題形式が異なります。

詳しく説明していきますね。

MOS2019とMOS2016の場合は、マルチプロジェクト形式です

バージョン2013では、一つのファイルを完成させる形式で試験が進みましたが、2016の場合は、一回の試験の中に複数のプロジェクトがあります。

プロジェクトの中には、いくつかのタスクがあり、それを解答する形です。

プロジェクトやタスクと言うと難しい感じがしますが、仕組みは簡単です。

大きな問題が1つあって、その中に7つくらいの問題があるって感じです。

その大きな問題が7つくらいある感じですね。

例えば、プロジェクト1では、文章の挿入から形式を整えるまでの操作がタスクとして指示され、プロジェクト2では、文書に画像や図を挿入し体裁を整える操作がタスクとして指示されるといったイメージです。

ざっくり言うと、「1つのファイル」について「7問程度」出てくるって感じです。

そのファイルが7つくらい出てきます。2013年版と2010年版の間と思うと良いと思います。非常に行ないやすい試験です。

詳しくはこちらに別記事を書きました。下記をご覧下さい。
MOS2016の合格点と難易度を詳しく解説|MOS他バージョンとの比較

MOS2019試験はいつから開始されるの?内容はどうなる?

MOS2013の場合は、成果物完成型です

バージョン2010の場合は、各設問に相関関係がありませんでしたが、2013の場合は、設問に答えながら、一定の成果物を完成させます。

成果物というと、難しそうですが、「一から作るって感じの問題」です。

例えばWordなら、最終的に完成させたいものが「PTAの案内文」だとすると、設問1で「PTA案内文」のページの設定を行なって、設問2でそのファイルに「画像を入れる」という問題が指示されるという形です。

一問一答式と異なり、途中の設問で大幅に誤った解答をすると、目的のファイルが出来上がらないということになります。

MOS2013について詳しくは、こちらをご覧ください。
MOS2013の難易度はどのくらい?MOS現役講師が徹底解説

試験時間は50分間です

どのバージョンも50分

試験形式はバージョンごとに異なりますが、試験時間はどのバージョンも共通で50分間です。

また、試験時には、パソコンの画面に「リセットボタン」があります(2010、2013の場合)ので、問題の解答を最初からやり直したい場合は、リセットボタンで解答をやり直すことができます

50分の間で、試験を完成させればOKです。

内容はバージョンによって異なりますが、試験開始から問題を解き終わる時間は共通の50分のテストになっています。

50分は長い?短い?

50分を「長いと感じるか」「短いと感じるか」は勉強量やスキル度合いによって異なります。

勉強をしっかりとされた方は、試験時間よりかなり早く終わってしまったという感想を持つ人も多いです。

試験用の勉強をしたことがない方は50分では短く感じるでしょう。MOS試験の趣旨は「早く」「正確に」と言うのを求めています。

時間をかければ問題が解けると言うレベルでは合格は厳しい制限時間です。

MOSを学習される際には、実際の試験の際に余裕が持てるように学習されるのが良いですね。

いかに正しい操作をしたかが問われる

いかに正しい操作をしたかを問う問題

解答の正誤は、それぞれ『正しい操作をしたかどうか』が問われます。

例えば、1つの設問に答えるときに、正答と思われるいくつかの操作方法があったとしても、全ての操作が「正答」として扱われるわけではないという場合もあります。

結果を問われる事は間違いないのですが、自己流の方法だと間違った解答を導いてしまう可能性があるのでご注意下さい。

パソコン教室で指導を受ける場合は、MOS対策講座で講師から試験の実施の際に必要な操作を教えてもらうことができますが、独学の場合はそうはいきません

もしも、独学で学習されるのであれば、そういったリスクが潜みますので、リサーチなどしておくと良いでしょう。

問題内容をしっかりと読む

参考書に書かれている場合もあるので、しっかりと内容は見てください。パソコンが苦手だと言う方は、絶対プロの指導を受けておいた方が無難です。

独学で行なう方は、自己流の動きになっている方が多いので、その辺を注意されないと、後一歩で不合格になるケースが多く見受けられます。

パソコンが得意だと言う方は、独学で勉強されても良いでしょう。

パソコンが苦手だと思われている方は、パソコン教室に通われるほうが賢明です。

苦手な方が独学で行なうと、時間ばかりかかります。

また、不安が付きまとい、集中も出来ません。

詳しくは別記事で書きました。

MOS資格取得の為にパソコン教室で学んだ方がよいと言える5つの理由

パソコンが得意だと言う方で、一人で本を読んで学習できる方は、独学が良いでしょう。

ですが、独学にはコツがあります。

一人で学習というのは、自分でのペース作りが非常に難しいのです。

そのペースがつかめれば学習は可能です。

あくまでも、パソコンが得意な方というお話です。

独学を目指している方はこちらに別記事を書きましたのでご覧下さい。

MOS資格を独学で初心者が一発合格する秘密学習方法|MOS講師公認

試験終了後すぐに合否が出ます

MOS試験のいいところが、すべての問題が解けて試験が終了した後すぐに合否の判定がされることです。

試験が終了したら、試験を受けていたパソコンの画面に、自分の正答率や合否が表示されます。デジタル認定証がその場で発行されるのです。

合格認定証が届くまでは、受験後1ヶ月程度かかりますが合否の判定がすぐにわかりデジタル認定証が発行されるのは嬉しいですよね。

デジタル認定証は、印刷すれば、仮の証書としても通用します。

急ぎの方はこちらで代用できます。基本的には、試験会場で、デジタル認定証を印刷してもらえます。

バージョンで形式が異なる(MOS2019・MOS2016・MOS2013)

MOS2019、2016、2013の試験形式を比較していきますね。

よく言われているのでご存知かもしれませんが、この3つの試験形式には、下記のような違いがあります。

試験形式比較

試験形式を比較してみます。

  • MOS2019(マルチプロジェクト形式)
  • MOS2016(マルチプロジェクト形式)
  • MOS2013(ファイル完成型)

こうなります。

MOS2019とMOS2016とMOS2013はどう違うの?

今のMOSの主流は「MOS2016」もしくは「MOS2013」になります。

特に理由がない限りは、最新版を受験する方が賢明です。

MOS2016とMOS2013は試験形式が大きく異なります。

MOS2013は「1つのファイルを作り上げていく」と言う形式です。

それに対して、MOS2016は、ある程度作られているものに対して追加すると言う形式になります。

上記に書いてきましたが、より詳しい記事は別記事に書きました。下記をご覧下さい。

MOSどれを受けるべきか?|MOS2013とMOS2016どっちを受ける?

MOS2016はマルチプロジェクト方式

マルチプロジェクト形式です。

「プロジェクト」っていうのは、ざっくり言うと「一つの問題のくくり」です。

大きな設問があって、その設問のファイルの中に、いくつかの問題がある感じです。

いくつかある小さなプロジェクトをタスクに従って完成させていきます。

プロジェクトを完成させるためのタスク同士は関連性があるので、1つのプロジェクト内でわからないタスクがあると、そのプロジェクト全体に影響が出る可能性があります。

「タスク」と言うのは簡単に言うと「設問」です。

でも、プロジェクト同士には関連性がないので、次のプロジェクトの解答に影響が出ることはありません。

MOS2013は、途中の問題でわからない部分があると全体の解答に影響が出る恐れがありましたが、MOS2016ではわからない設問があったプロジェクトにのみ悪影響が出る可能性があるのが特徴です。

ざっくりまとめると

例えば「全部で7つの大きな問題があり、その中に更に小さな問題が7つくらいある。」というようなイメージです。

詳しくはこちらに別記事を書きました。下記をご覧下さい。
MOS2016の合格点と難易度を詳しく解説|MOS他バージョンとの比較

MOS2019試験はいつから開始されるの?内容はどうなる?

MOS2013は成果物作成方式

ファイル完成型の試験形式です。

問題を解くことで、未完成のファイルを一から作成し、完成させていく形式です。

前の問題が解けないことで、次の問題が解けないこともあり、操作の意味がわかっていなければ、操作があっているかどうかさえもわからない可能性がありました。

よって、大きく点数を落としてしまい、不合格になると言うケースも出てくる形式です。

その為か、1問1問は比較的簡単な印象を受けます。

MOS2013について詳しくは、こちらをご覧ください。
MOS2013の難易度はどのくらい?MOS現役講師が徹底解説

試験範囲は、どのバージョンも大きく変わりません

各試験の試験範囲をまとめの比較を作ってみたので、ご覧ください。

MOS2016と比較して違う部分は、赤字にしてあります。MOS2016と2013は比較しやすいのですが、2010は違う部分が多すぎて真っ赤になってしまうので、あえて黒字にしました。

この辺が理解できていないと合格は厳しいです。

ワードの各バージョンごとの出題範囲の比較

ワードの出題範囲を比較してみます。

  • MOS2019
  • MOS2016
  • MOS2013

の出題範囲と内容を書いていきます。

MOS Word2016の出題範囲

  • 文書の作成と管理
  • 文書を作成する
  • 文書内を移動する
  • 文書の書式を設定する
  • 文書のオプションと表示をカスタマイズする
  • 文書を印刷する、保存する
  • 文字、段落、セクションの書式設定
  • 文字列や段落を挿入する
  • 文字列や段落の書式を設定する
  • 文字列や段落を並べ替える、グループ化する
  • 表やリストの作成
  • 表を作成する
  • 表を変更する
  • リストを作成する、変更する
  • 参考資料の作成と管理
  • 参照のための情報や記号を作成する、管理する
  • 標準の参考資料を作成する、管理する
  • グラフィック要素の挿入と書式設定
  • グラフィック要素を挿入する
  • グラフィック要素を書式設定する
  • SmartArt を挿入する、書式設定する

MOS Word2013の出題範囲

  • 文書の作成と管理
  • 文書を作成する
  • 文書内を移動する
  • 文書を書式設定する
  • 文書のオプションと表示をカスタマイズする
  • 印刷または保存するために文書を設定する
  • 文字、段落、セクションの書式設定
  • 文字列や段落を挿入する
  • 文字列や段落を書式設定する
  • 文字列や段落を並べ替える、グループ化する
  • 表やリストの作成
  • 表を作成する
  • 表を変更する
  • リストを作成する、変更する"
  • 参考資料の適用
  • 文末脚注、脚注、引用文献を作成する
  • 図表番号を作成する
  • オブジェクトの挿入と書式設定
  • 文書パーツを挿入する、書式設定する
  • 図形やSmartArtを挿入する、書式設定する
  • 画像を挿入する、書式設定する

エクセル比較

エクセルの出題範囲を比較してみます。

  • MOS2019
  • MOS2016
  • MOS2013

の出題範囲と内容を書いていきます。

MOS Excel2016の出題範囲

  • ワークシートやブックの作成と管理
  • ワークシートやブックを作成する
  • ワークシートやブック内を移動する
  • ワークシートやブックの書式を設定する
  • ワークシートやブックのオプションと表示をカスタマイズする
  • 配布するためにワークシートやブックを設定する
  • セルやセル範囲のデータの管理
  • セルやセル範囲にデータを挿入する
  • セルやセル範囲の書式を設定する
  • データをまとめる、整理する
  • テーブルの作成
  • テーブルを作成する、管理する
  • テーブルのスタイルと設定オプションを管理する
  • テーブルをフィルターする、並べ替える
  • 数式や関数を使用した演算の実行
  • 関数を使用してデータを集計する
  • 関数を使用して条件付きの計算を実行する
  • 関数を使用して書式を設定する、文字列を変更する
  • グラフやオブジェクトの作成
  • グラフを作成する
  • グラフを書式設定する
  • オブジェクトを挿入する、書式設定する

MOS Excel2013の出題範囲

  • ワークシートやブックの作成と管理
  • ワークシートやブックを作成する
  • ワークシートやブック内を移動する
  • ワークシートやブックの書式を設定する
  • ワークシートやブックのオプションと表示をカスタマイズする
  • 印刷または保存するためにワークシートやブックを設定する
  • セルやセル範囲の作成
  • セルやセル範囲にデータを挿入する
  • セルやセル範囲の書式を設定する
  • セルやセル範囲を並べ替える、グループ化する
  • テーブルの作成
  • テーブルを作成する
  • テーブルを変更する
  • テーブルをフィルターする、並べ替える
  • 数式や関数の適用
  • 数式や関数の適用
  • 数式や関数にセル範囲やセル参照を使用する
  • 関数を使用してデータを集計する
  • 関数で条件付き論理を使用する
  • 文字列操作関数を使用して書式を・設定する、文字列を変更する
  • グラフやオブジェクトの作成
  • グラフを作成する
  • グラフを書式設定する
  • オブジェクトを挿入する、書式を設定する

ワードとエクセルにはエキスパートクラスがあります

ちなみに、今までお話しをしたのは「スペシャリスト」レベルのお話になります。

更に上には「エキスパート」レベルの試験が用意されています。

これは「ワード」と「エクセル」限定になります。

詳しくは別記事にまとめました。下記をご覧下さい。

MOS試験|いきなりエキスパートは大丈夫?スペシャリストとの違いは?

MOS資格を勉強したいけど、どんな方法がある?

就職に役立つというお話をしてきました。

実際に取得するにはどうしたら良いのでしょうか?

基本的には「本」を使っての独学か、パソコン教室での学習を行なうのが良いでしょう。

あなたのパソコンスキルがどのくらいあるのか?によって、オススメは変わります。

パソコンが比較的得意だと思われる方は独学が良いでしょう。

合格する為の学習方法があります。詳しくは別記事で書きました。

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

あなたが、パソコンは苦手だと思われるようであれば、パソコン教室に通われるほうが良いでしょう。

実は、本当のオススメは独学よりも、パソコン教室に通うことです。

確かに独学でも勉強すれば合格できるのですが、あくまでも合格できるという結果しか残りません。

本来の資格取得の目的は何でしょうか?

履歴書に書ける」というのも一つの目的かもしれませんが、最も大切なのは「使いこなす」という事ではないでしょうか?その為にMOS資格を取得されるかと思います。

本当の意味でMOS資格の習得を目指したい方は、別記事に書きましたので下記をご覧下さい。

MOS資格取得の為にパソコン教室で学んだ方がよいと言える5つの理由

まとめ

今回は「MOS試験の内容」についてお話してきました。

バージョンによって出題形式が大きく異なります

出題範囲はそこまで大きく変わらないようですね。

どのバージョンを受けるかしっかり検討してみてください。

MOS資格試験2016・2013・2010|バージョンの違いと選ぶポイント

 

 

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

おすすめ記事

-
-, ,

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.