コラム パソコン教室選びのコツ ブログ

パソコン教室を選ぶ時のポイント その1|パソコンを独学で覚えることについて

更新日:

【1-1】「パソコンで何をしたいのか」をハッキリ見定めることが出発点

パソコンは仕事から趣味まで、いろいろなことに活用できる便利な道具です。そのため、ただ何となく「パソコンを使いたい」と思っているだけでは、何から始めるべきか分からないでしょう。そこで、まず「自分はパソコンを使って何がしたいのか」をハッキリさせましょう。

そこが明らかになれば、覚える操作方法や使うソフトの種類、さらにはパソコンに繋いで使う周辺機器の必要性なども決まってきます。なお、そうしたことは後から少しずつ調べたり教えてもらったりすればいいので、何よりもまず「自分がパソコンを使いたい理由」をしっかりと見定めることから始めてください。

【1-2】独学でパソコンを学ぶことのメリットは「低コスト」

パソコンでやりたいことがハッキリと決まったら、さっそくパソコンの使い方を学び始めるわけですが、その方法は「自分で調べる」か「詳しい人に教えてもらうか」の2通りがあります。

もちろん誰かに教えてもらう方が効率がよく、例えばキュリオステーションのようなパソコン教室に通うことがいちばんの近道と言えます。ただし、それには資金が必要。仮に身近な友人がパソコンに詳しかったとしても、何らかの謝礼を用意するのがマナーです。

その点、独学でパソコンを学ぼうとすれば、いわゆる授業料にあたるコストは必要なくなります。コストが発生するとしたら、使いたいソフトなどの参考書籍などでしょう。とにかく節約したいというなら、独学もひとつの手段です。

【1-3】独学でパソコンを学ぶことのデメリットは「時間がかかる」こと

パソコン教室に通うなど、詳しい人に教えてもらえばパソコンを効率よく学ぶことができます。それに対して独学の場合、自分で試行錯誤しながらの学習となるので、どうしても時間がかかってしまいます。知りたいことについて自分の理解が及ばなかったり、正しい答えを探すのに手間取ったりしていると、教室に通っている人の数倍も学習に時間がかかってしまうことも。

趣味のために自分のペースで学習できるならともかく、仕事のためなどあまりのんびり学んでいられない場合は、時間がかかるというデメリットは、教室に通うなどして解決したほうがいいかもしれません。

【1-4】独学でパソコンを学んでいるとほどなく限界点を迎える

パソコンを独学で学ぶ場合、時間がかかりがちなことに加えて、「自分のイメージ以上の使い方を想像できない」というデメリットもあります。つまり、パソコンを学ぶ出発点となる「パソコンでやりたいこと」を達成できた場合、そこで自分の成長が止まってしまうおそれがある、という訳です。

これが独学で学ぶことの限界点で、その限界を超えるためには、パソコンでやりたいことを新しく見つけるか、もっと高度な使い方を調べるなどして、自分のイメージをさらに広げる必要があります。

その点、パソコン教室に通えば、講師がどんどん新しい知識や使い方を教えてくれるので、自分のイメージが自然とどんどん広がっていく環境に身を置くことができます。もしあなたが独学でパソコンを学んでいて伸び悩みを感じたら、それはパソコン教室に通い始めるタイミングと言えます!

【次のブログ】

パソコン教室を選ぶ時のポイント その2

パソコン教室とはどんなところか


-コラム, パソコン教室選びのコツ, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.