MOSエクセル解説動画 MOS合格のコツ ブログ

エクセル46_エラーを非表示にする方法|表示しない方法_MOS試験対策_Excel

更新日:

エクセル46_エラーを非表示にする方法|表示しない方法_MOS試験対策_Excel

エクセル動画の解説を行っております^^(動画は下記にございます^^)

実際に操作してみたい方は、ファイルを無料でご提供いたします。

下記のLINE登録の上、「エクセルファイル希望」と明記の上ご連絡ください^^

↓↓↓LINE登録の画面は一番下にございます↓↓↓

【提供ファイル】エクセル1

↓↓↓分かりやすい動画解説は下記をクリック↓↓↓

【提供ファイル】エクセル1

下記、動画の内容を文字起こししております^^

どうもどうもミスターしっかちです。
今日もパソコンの勉強をしましょう(^O^)/
【今回行うこと】
「エクセルのエラーを非表示にする方法」についてお話したいと思います。
【エラーを非表示にする理由とは】
エクセルには、「関数」というものがあります。
「関数」には設定した「セル」に文字を打ちこむことで「キーワード」を「別の表」から見つけてきて、設定した他の「セル」に表示させることができる機能があります。
表示させたい「セル」に関数を入れるとエラーが出ることがあります。
エラーは、設定した「セル」に文字を打ちこめば消えて別の表から見つけてきた「キーワード」が表示されますが、文字を打ちこむまでは「セル」にエラーが表示されたままになるので見栄えも悪いですしエクセル全体がわかりにくいですので、エラーを非表示にします。
【具体的操作方法】

【1】文字を非表示にする仕方
VLOOKUP関数を今回は使います。
VLOOKUP関数とは、先に設定した表の「キーワード」をこの関数を使うことによって、「セル」に出す機能があります。

エラーが表示されている「セル」を
選択します。

「セル」に関数が入っているのを確認します。
エラーが出ている「セル」を押すと「数式バー」に入っている関数が表示されます。
「数式バー」は「エクセルシート」すぐ上の「fx」の右枠が「数式バー」となります。
【2】「数式バー」にある「関数」の選択し切り取りの仕方
「数式バー」を確認すると「関数」が入っていますが、=から始まっていますが、=以外の部分を選択します。
=の後ろを2回クリックします。(2回目のときには、指を話さないでください)

=以外の部分をなぞると選択されます。

選択されたまま右クリックをします。

「切り取り」を
押します。(右クリックすると一番上に表示されます。)

【3】関数の挿入をします。
「fx」を
押します。(「数式バー」のすぐ左に表示されています)
「fx」には様々な「関数」を設定することができます。

「関数の挿入」の設定画面が表示されます。
関数の分類横の「▼」を押して→「すべて表示」を選択してください

「すべて表示」を選択すると「関数名」に「fx」に入っているすべての「関数」が表示されます。
「関数名」に表示されている「IFERROR」を選択してください。
「IFERROR」には、「関数」のエラー表示をどのように表示または非表示にするか設定することができます。

「関数の挿入」の設定画面の右下の「OK」ボタンを
押します。

【「関数の引数」設定画面の仕方】

【1】「OK」ボタンを押すと「関数の引数」の設定画面が表示されます。
「関数の引数」の
「値」には、「関数」が入り
「エラーの場合の値」には、「値」に式を入れたときにエラーがでた場合は、ここの枠にいれたとおりに表示してくださいという設定ができます。
「値」の枠にクリックしてください

先ほどの切り取りをした「VLOOKUP関数」の貼り付けをします。
右クリックをして「貼り付け」を選択します。
「貼り付け」をせずに直接入力をしてもいいです。

「エラーの場合の値」には、エラーがでるときにどのように表示したいのかを入力します。
「エラーの場合の値」の右枠をクリックします。

今回は非表示にするので「空白」を入れます。
「空白」を入れるには、「ダブルフォーテンション」を2回入れます。
「ダブルフォーテンション」はキーボードの数字の2の上にある記号です。
※「空白」でなくて、他の未入力など文字を入れて「エラー」が出たときに表示させることができます。

「関数の引数」設定画面の右下の「OK」を
押します。

「エクセルシート」に戻りますので、「セル」エラーが非表示になっているので確認してみてください。
【下に続いている「セル」のエラーも非表示にしたい場合の仕方】

【1】非表示に設定した「セル」をクリックします。

「セル」の枠右下に矢印を合わせてください
矢印が+になるところで2回クリックします。
※2回クリックしたら2回目で押したままにしてください

非表示にしたい「セル」のところまで+を引っ張ってください。
非表示に設定した「セル」を「コピー」することなので、非表示にしたい「セル」も
「IFERROR」関数が設定されたことになります。

「セル」エラーが非表示になっているので確認してみてください。
この方法で行ってみてください。
今日はこのぐらいで終わりにしておきましょう!
ではまたお会いしましょう!さようなら(^o^)/

 

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

広島市出身。安佐南区在住。パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。広島以外からも、問い合わせを多くもらう。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

LINEはじめました^^

パソコンに役立つ情報を
お送りしております^^
「ブログ」や「動画」を
お送りします^^
下記からご登録ください^^

↓↓↓下記をクリック↓↓↓

QRコードはこちら


-MOSエクセル解説動画, MOS合格のコツ, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.