エクセル21_IF関数を使って文字の色を赤色にする方法_MOS試験対策_Excel

エクセル動画の解説を行っております^^(動画は下記にございます^^)

実際に操作してみたい方は、ファイルを無料でご提供いたします。

下記のLINE登録の上、「エクセルファイル希望」と明記の上ご連絡ください^^

↓↓↓LINE登録の画面は一番下にございます↓↓↓

【提供ファイル】エクセル4

↓↓↓分かりやすい動画解説は下記をクリック↓↓↓

下記、動画の内容を文字起こししております^^

【提供ファイル】エクセル4

今日はですね、IF関数を使って文字の色を赤色にする、というようなお話をしてみたいと思います。

こちらの画面を見てみてください。
2000以下の時は文字を赤色にする、と。実は今IF関数を使って、とは言ったのですが、正直できません。衝撃的事実です。よく質問を受けるんです、IF関数を使って文字を赤色にできないんですか、と。非常にこの方よく勉強されています。IF関数を使って条件を使ってるということは、よく分かっていらっしゃいます。色をつけたい、という話ですが、関数で色の指定はできません。

じゃあどうするか、タイトルに偽りがありますよね。実は違う方法があるので、そちらの方法をご説明したいと思います。

結論から言うと、「ホーム」タブにある「スタイル」グループの「条件付き書式」を使います。まず最初に色を出したい場所を全部選択してください。今回はI列の合計点が入力されているセル全てです。選んでおいて、その場所に条件を入れていくために、「ホーム」タブにある「スタイル」グループの「条件付き書式」をクリックして、「新しいルール」をクリックします。

そしたら「新しい書式ルール」ダイアログボックスが出てきます。ここで、ダイアログボックスの上側にあるルールの種類を「指定の値を含むセルだけを書式設定」を選択します。簡単に言うと、今選んだセルをどうこうしましょうね、という感じです。ではダイアログボックスの下側にある、ルールの内容について、その分の「セルの値」だけが「次の値以下」、今回なら2000以下の場合です。最後のボックスが自分で自由に入れられるので「2000」と入力します。2000以下だったら、どうするかの書式も自由に決められます。今回は文字を赤色にしたいので、「セルの書式設定」ダイアログボックスの「フォント」タブで「色」ボックスを選択し、赤色を選びます。これで「塗りつぶし」タブを使ってバックを黄色にすることも出来ます。今回は赤色の文字にしたいので、「色」ボックスだけを変更します。これで「OK」ボックスをクリックすると、「新しい書式ルール」ダイアログボックスに戻ってくるので、また「OK」ボタンをクリックします。そうしたら赤色になりました。

という技を使ってやります。IF関数は一度も出てきません。条件と言っても、IF関数を使うばかりではなくて、色を変えたい時には「条件付き書式」を使ってみて下さい。

今日はこのくらいで終わりにしておきましょう!
ではまたお会いしましょう、さようなら(^O^)/

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

広島市出身。安佐南区在住。パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。広島以外からも、問い合わせを多くもらう。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

LINEはじめました^^

パソコンに役立つ情報を
お送りしております^^
「ブログ」や「動画」を
お送りします^^
下記からご登録ください^^

↓↓↓下記をクリック↓↓↓

QRコードはこちら