MOSエクセル解説動画 MOS合格のコツ ブログ

エクセル17_IF関数で複数の入れ方解説_MOS試験対策_Excel

更新日:

エクセル17_IF関数で複数の入れ方解説_MOS試験対策_Excel

エクセル動画の解説を行っております^^(動画は下記にございます^^)

実際に操作してみたい方は、ファイルを無料でご提供いたします。

下記のLINE登録の上、「エクセルファイル希望」と明記の上ご連絡ください^^

↓↓↓LINE登録の画面は一番下にございます↓↓↓

 

↓↓↓分かりやすい動画解説は下記をクリック↓↓↓

【提供ファイル】エクセル4

今日はですね、エクセルのIF関数で、二つIF関数を入れたいとき、複数ですね、そのお話してみたいと思います。

こちらの画面を見てください。
まずですね、今回やりたいのが、表に「合計点」とありますよね。今回エクセルの4というファイルを使っています。この「合計点」っていうところの数字が3000より大きかったら「A」と出したい、2000より大きかった場合「B」、それ以外だったら「C」にするよ、ということを、この関数を使ってやってみたいと思います。

ここでJ7セルを選択した状態で、まず数式バーのfxというボタンを押します。複数やるときも基本的にはここから入っちゃって大丈夫です。そしたら「関数の挿入」という箱(ダイアログボックス)が出てきます。ここで「関数名」ボックスのいずれかの関数をカチっと押して下さい。

もしかしたら「関数の分類」ボックスが「最近使った関数」になっているかもしれません。そしたら探しにくいので、僕さっきIF関数を使ったんで出てきているんですけど、普通は使わないと出てこないので、ここを「すべて表示」にして下さい。「論理」とか「データベース」とか色々あるんですけど、そういうの覚えるよりも「すべて表示」にして、いずれかの関数をカチっと押しておいて、IFなのでキーボードで「I」と押したら出てきます。「I」の関数の順番でIF関数は先頭なんですが、IF関数を選択してここで「OK」ボタンを押しましょう。

そうすると「関数の引数」という箱(ダイアログボックス)が出てきます。この中に入れていきます。これね、複数でも考え方一緒です。1個ずつゆっくりやっていけばなんとかなります。頑張りましょう。まず、3000より大きかったら「A」にする、というところからやっていきます。

どこが大きかったらというと、I7セルです。ここの場所、I7セルが17に見えますけど、I7です。I7が大きいよ、何より大きいかというと3000ですね。3000より大きかったらどうするの、これです。ここで「真の場合」ボックスに移ります。「A」です。「A」にしましょう。

じゃあそれ以外だったらどうするの、と。ここがポイントです。それ以外だったらどうするの、BのことだけだったらCのこと入れられないので、ここで「偽の場合」のボックスにもう一回IF関数を入れます。

名前ボックスに今「J7」と書いてあるんですけれども、右側の▼を押すともう一度関数を選べるよ、という状態になるんですよ。表示されている中に「IF」があれば「IF」を選択して下さい。もしなければ「その他の関数」ってところから探して下さい。

これで「IF」を押したらまた新しく「関数の引数」というダイアログボックスが出てきます。さっきのダイアログボックスが消えて無くなったわけではなく、ここで数式バーに注目。本来なら数式バーは全部手書きの方が一番良いんですけれども、ちょっと今回分かりやすくするためにfxっていうのを使っています。ということで、新しく現れた「関数の引数」ダイアログボックスにどんどん追加していけば良いです。

同じように、今二つ目の話をしていますよ。なのでこの「論理式」ボックスに、今度は2000より大きかったら。何が大きかったらかというと、Iの7セルが2000より大きかったら、「B」にするので「真の場合」ボックスに「B」と入力します。それ以外だったら、今回は「偽の場合」ボックスは「C」で良いわけです。

もう既にふるいに落とされています。すでに3000より大きかったら、というのが出てきているので、それは除外されているわけです。その次にそれ以外の残った中で2000より大きいのが「B」にする、と。

ここでまた2000より大きいのは除外されます。これで条件2つ目まではクリアです。そして最後にもう一個、「C」だったら、それ以外だったら「C」にする。だから「偽の場合」ボックスは「C」にする。これで「OK」ボタンをクリックすると、J7セルは「C」になる。こういうことです。

理屈で言うとふうふうって感じですけれども、なかなか自分のものにするには時間がかかると思います。この表を使ってね、ぜひ練習をしてみて下さい。それで実際のものとかをやってみると良いと思います。

もしも実際のものをね、「こんな風なんですけど、やってみたいんですが教えて下さい」って時にはファイルを送ってもらったら、良かったらお答えさせて頂きます。ラインとかでしてもらったら結構ですので、良かったら仰って下さい。

今日はこのくらいで終わりにしておきましょう!
ではまたお会いしましょう、さようなら(^O^)/

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

広島市出身。安佐南区在住。パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。広島以外からも、問い合わせを多くもらう。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!

LINEはじめました^^

パソコンに役立つ情報を
お送りしております^^
「ブログ」や「動画」を
お送りします^^
下記からご登録ください^^

↓↓↓下記をクリック↓↓↓

QRコードはこちら


-MOSエクセル解説動画, MOS合格のコツ, ブログ

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.