前回の内容

【MOS 2010とMOS 2013とMOS 2016の特徴と違い その4】

MOS2016(モス2016)の詳しい概要・内容


自宅や職場で使っているマイクロソフト オフィスと同じMOSを受験しよう

ここまで、マイクロソフト オフィス2010、2013、2016と、MOS2010、2013、2016について説明してきました。そこで気になるのは「それぞれの違いは分かったけど、どれを受験すればいいの?」という疑問に対する答えでしょう。

その答えは「自分が使っているマイクロソフト オフィスと同じMOS」です。

つまり、自分が会社や自宅でマイクロソフト オフィス2010を使っていればMOS2010、2013を使っていればMOS2013を受験する、ということです。

マイクロソフト オフィスと違うMOSを受験した場合、ほとんど同じ内容、同じ操作が出題されるとはいえ、細かいところでソフトの使い方が異なります。

そのため、目的の操作方法が違う場所にあったり、機能の名前が変わったりしていて、解答に時間がかかるおそれがあるのです。時間がかかるだけならまだしも、ミスにつながってしまっては元も子もありません。

ワードとエクセルに自信があれば上級のエキスパートにチャレンジ!

文書作成ソフトのワードと表計算ソフトのエクセルには、MOS2010・2013・2016のいずれにも初級レベルの「スペシャリスト」に加えて、上級レベルの「エキスパート」も用意されています。

どちらも高度な応用機能の使い方が出題されるため、試験対策は欠かせないでしょう。

その分、エキスパートレベルの機能を使いこなせるようになれば、ワードとエクセルの作業効率は大きくアップします。ワードとエクセルを使い慣れていて、初級レベルのスペシャリストは簡単! という人は、ぜひエキスパートにチャレンジしてみてください。

出題形式が実践的なMOS2016の対策を通してソフトの使い方を学ぶのもアリ

MOS2010・2013・2016の違いは、それぞれのマイクロソフト オフィスの内容に合わせた問題が出ることの他に、出題形式も大きな違いとして挙げられます。

2010は1問1答式で個々の機能の使い方が問われるかたちです。2013は1つのファイルを完成させるという大きなルートがあり、その中で使う機能が問題として出題されます。そして2016は複数のファイルを同時に操作する過程で問題が出題されるという形式です。

これは、2010→2013→2016の順に問題の出題形式が、マイクロソフト オフィスで実際に作業する形に近くなっているのです。

「5-1:自宅や職場で使っているマイクロソフト オフィスと同じMOSを受験しよう」では、自分が使っているマイクロソフト オフィスと同じMOSを受けるのがベターと説明しました。

しかし、考え方によってはMOS2016に挑戦してみる、というのも間違いではありません。なぜならMOS2016は実践的な出題形式なので、試験対策が「合格のための勉強」だけにとどまらず、「マイクロソフト オフィスを正しく使いこなす訓練」という効果も期待できるためです。

ただし、もし自分の使っているマイクロソフト オフィスが2010か2013の場合、MOS2016の試験で多少勝手が違うところが出てくる場合がありますので、そこは注意が必要です。

キュリオステーションは受講者1人ひとりに適確なアドバイスをします

これまで5回に渡って、マイクロソフト オフィスとMOSについて詳しく解説してきました。どのMOSに挑戦するか、目標は決まったでしょうか?

どのMOSのどのソフトを受けるにしても、キュリオステーションが的確なアドバイスとサポートで、合格への道をご案内します。また何を受験するかまだ決められない人も、安心してご相談ください。あなたの目的とスキルに合った受験プランをご提案します!

 

 

LINE@はじめました^^

LINE@はじめました^^
パソコンが苦手な方が
得意になれる情報をお送りします!
「ブログ」「動画」セットで届きます^^

↓↓↓ご登録は下記からお願いします^^↓↓↓

QRコードは下記からお願いします^^