2010・2013・2016とはマイクロソフト・オフィスのバージョンのこと

MOS(Microsoft Office Specialist。マイクロソフトオフィス。通称モス)には、2010・2013・2016の3種類があります。

この数字はマイクロソフト・オフィスのバージョンのことで、マイクロソフト・オフィスはバージョンアップするごとに新しい機能が追加されて作業内容の幅が広がるとともに、操作方法が改良されてより使いやすくなっているのです。

マイクロソフト・オフィスを最新版にバージョンアップするにはアップデート版を購入する必要がありますが、旧バージョンのマイクロソフト・オフィスもしばらくは継続して使えます

ただし、マイクロソフト・オフィスをはじめパソコンのソフトウェアは、旧バージョンになるといつかはセキュリティ対策などのサポートが打ち切られるので、どこかのタイミングでバージョンアップを行う必要があることを覚えておきましょう。

マイクロソフト・オフィスのバージョンアップに合わせて、MOSも試験内容がアップデートされる

マイクロソフト・オフィスのバージョンアップに併せて、MOSも試験内容が更新されています。現在、MOSには「2010」と「2013」の2種類に加えて、2017年1月に「2016」が追加されて3種類になりました。

MOS 2010・2013・2016はそれぞれ、マイクロソフト・オフィス 2010・2013・2016で追加された機能を踏まえた内容になっています。

MOSのバージョンが変わっても、試験の出題範囲には大きな違いはない

そこで迷うのは、「2010、2013、2016、どのバージョンを取得すればいいのか?」ということです。

マイクロソフト・オフィスはバージョンアップによって新機能が追加されていますが、基本的なところを含めてほとんどの内容は旧バージョンを踏襲しており、新しいバージョンにアップデートしても違和感なく使えるようになっています。

そのため、どのバージョンのMOSも試験の出題範囲は多少の差異がある程度で、ほとんど変わりません。

MOSのバージョンごとに大きく異なるのは出題形式

MOSのバージョンごとで大きく異なるのが「出題形式」です。

MOSの公式サイトではMOSの各バージョンの出題形式を、2010はクイズに解答するような「一問一答」形式、2013は1つのファイルを完成させる「ファイル完成型」、2016は2013の「ファイル完成型」をさらに発展させた「マルチプロジェクト」としています。

いずれのバージョンも「マイクロソフト・オフィスの操作能力をはかる」というコンセプトは同じですが、2010よりも2013、さらに2016になるにつれて、実践的な作業スキルを求められる出題形式のため、試験の難易度が高いと言えます。

MOS試験を勉強しようとしている方は下記をご覧下さい

 

おススメのバージョンは?

次回以降で詳細をお話しております。

 

LINE@はじめました^^

LINE@はじめました^^
パソコンが苦手な方が
得意になれる情報をお送りします!
「ブログ」「動画」セットで届きます^^

↓↓↓ご登録は下記からお願いします^^↓↓↓

QRコードは下記からお願いします^^