こんにちは!
誰よりもパソコンが苦手だったパソコン講師しかっちです!

MOS世界学生大会をご存知ですか?
学生のうちにMOSを取得しようと考えているなら、ぜひ目指していただきたいものの1つです!

MOS世界学生大会の概要についてと、参加資格についてご紹介しますので、学生のうちにMOS取得を目指している人は参考にしてくださいね。

就職活動のアピール材料にもなりますよ!

そもそもMOS世界学生大会とは?

MOS世界学生大会は、毎年8月に開催されているMicrosoft オフィスの技能を競う世界大会です。
2017年で15回目の開催になるんですよ。

大会に参加できるのは、学生のみ!2017年の開催では、5万人近い学生が参加をエントリー、ワード・エクセル・パワーポイントそれぞれの日本代表を目指しました。

理由1 世界規模のパソコンスキル大会

MOS世界学生大会は、世界規模のパソコンスキル大会です。
2017年の開催場所は、アメリカ。

世界各国の代表者とMicrosoft オフィスの技能を競いました。

理由2 MOSに合格するだけで参加資格が

MOS世界学生大会参加資格は、MOSに合格することで得られます。
申し込みは必要で、正式な申し込みは、オデッセイの公式サイト内の「MOS世界学生大会参加申し込み」フォームからの申し込みになります。

受験時にも「MOS世界学生大会」のエントリー画面がありますが、正式に申し込むためには、公式サイトフォームの記入が必要になるので注意しましょう。

もちろん、申し込んだだけでMOS世界学生大会に参加できるわけではありません。
申し込み締め切り後、一次選考が行われ、次に二次選考、二次選考に合格した人が日本代表になるのです。

理由3 一次選考は4月!本番は8月に実施

MOS世界学生大会に申し込みをすると、申し込んだ部門別に得点上位者が選ばれます。
申し込み期限が4月上旬なので、それまでに申し込んだ人の中から成績がいい人だけが二次選考に進めます。

一次選考は、
・大学・短期大学部門
・専門学校部門
・高等学校・高等専門学校・高等専修学校部門
の3つから入賞者が選ばれるんですよ。

二次選考へ進む連絡は、合格した人にだけいくシステムになっています。

一次選考は受験したMOSの成績で判断されましたが、二次選考は面接や小論文などの課題があります。
履歴書や成績証明書なども必要になってきますので、その人が日本代表にふさわしい人かどうか総合的に判断するのが二次選考です。

理由4 就活の実績作りに役立つ!?

一次選考はただ試験に好成績で合格すればいいだけですが、二次選考以降の経験はなかなかできるものではありません。

現地での経験や、日本代表として好成績を残すために努力したことなど、就職活動の実績作りにもなるでしょう。

もし、日本代表に選ばれなかったとしても、MOS世界学生大会を目指して努力した事実は、面接官に好印象を与えるに違いありません!

理由5 もし、あなたがMOS世界大会にいけたなら?

もし、あなたがMOS世界学生大会にいけたなら、志を同じくする世界各国の人々と触れ合ういい機会になるでしょう!

同じ目標を目指して努力している世界中の人とコミュケーションが取れる機会は、そうそうあるものではありません。

学生時代に築いた同世代の人脈は、後々の人生まで影響を及ぼすことが少なくありません。
そういった人脈を築く機会が得られるだけでも、素晴らしいことではないでしょうか。

まとめ

MOS世界学生大会について簡単にご案内しました。
学生しか参加資格がない、とても貴重な体験ですので、あなたが学生でMOS受験を考えているなら、ぜひ参加表明をしてみてはいかがでしょう!

きっと素晴らしい体験ができますよ!

MOSでお悩みの方の関連記事はこちら

MOS試験でおすすめのテキスト・本・参考書はこれ|MOS講師公認

https://pcacademy.jp/mosstudy/pass2

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

https://pcacademy.jp/mosstudy/pass01

人気MOS資格は就活に有利と言える5つの理由|就職に役立つパソコン資格

https://pcacademy.jp/mosemployment/mossyuukatu1

MOS2016の難易度と合格点を詳しく解説|MOSの他バージョンとの比較

https://pcacademy.jp/overview/mos03

MOS資格を取得したい人が参考にするおすすめ人気記事まとめ

https://pcacademy.jp/mospass