【MOS試験の概要】すごいですね!と言われる資格「MOSマスター」

こんにちは!
誰よりもパソコンが苦手だったパソコン講師しかっちです!

MOSについて調べている人の中には、「MOSマスター」という言葉に出会った人もいらっしゃるのではないでしょうか。

「MOSにはスペシャリストとエキスパートの2種類があるけど、マスターって??」
と感じていませんか?

今回は、地味にすごいMOSマスターについて解説していきますよ。

 

オフィスソフトの総合的なスキルの証明

MOSマスターは、マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト・マスターと読みます。
マスターという名前の通り、同じバージョンのMOSを4つ以上取得することで得られる称号なのです。

Microsoft Officeを総合的に使いこなすことができるという公式な証明になります。

MOSマスターはバージョン別に5種類ある

MOSマスターは、Officeソフトのバージョン別に5種類あります。
それぞれの取得に必要な科目を表にしましたので、見てください。

必須科目選択科目(表内の科目のいずれか1つ)
MOS2016マスターWord 2016 Expert(上級)
Excel 2016 Expert(上級)
PowerPoint 2016
Access 2016
Outlook 2016
MOS2013マスター
Wordコース
Word 2013エキスパート Part 1
Word 2013エキスパート Part 2
Excel 2013
PowerPoint 2013
Access 2013
Outlook 2013
MOS2013マスター
Excelコース
Excel 2013エキスパート Part 1
Excel 2013エキスパート Part 2
Word 2013
PowerPoint 2013
Access 2013
Outlook 2013
MOS2013マスター
エキスパートコース
Word 2013エキスパート Part 1
Word 2013エキスパート Part 2
Excel 2013エキスパート Part 1
Excel 2013エキスパート Part 2
なし
MOS2010マスターExcel 2010 エキスパート
Word 2010 エキスパート
PowerPoint 2010
Access 2010
Outlook 2010

MOS2013だけは特殊で、Word、Excelそれぞれのマスターが存在します。

どれも「MOSマスター」と呼ばれます。

MOSマスターに認定される条件

MOSマスターに認定されるために、申請は必要ありません。該当する科目に合格した時点で自動で付与されます。認定証も申請なしで送付されてくるので安心ですね。

ここで注意しておきたいのが、バージョンが違うもので合格してもマスターとして認定されないこと。

例えば、

・ワード:MOS2016
・エクセル:MOS2013
・パワーポイント:MOS2016

で取得している人がマスターの認定を受けようとすると、MOS2016マスターを目指す場合は、選択科目の他にMOS2016エクセルの試験に合格することが必要になりますし、MOS2013マスターを目指す場合は、エクセル以外の全ての科目をMOS2013で合格する必要が出てきます。

全部同じバージョンで合格が必要となります。

MOSマスター取得のメリット

MOSマスターを取得すると、そのバージョンのMicrosoft Officeのほぼ全てのソフトを使いこなすことができます。

事務系の仕事でも、ワードした使わない職場やエクセルしか使わない職場よりは、ワードで書類を作成し、ワードの書類の中にはエクセルで作成した表・グラフが挿入され、プレゼン資料の作成もお願いされるような職場の方が給与面で優遇される場合が多いです。

マルチに使える人材として、職場で好遇されることは間違い無いでしょう。

パソコンに関する複合的なスキルが就職活動でメリットになることも多いです。

もし、あなたがマスターを取れることが出来たらどうなる?

マスターの取得によって得られる自信と達成感は何者にも変え難いものです。
マスターを取得することによって、今までは諦めていたことにチャレンジできるようになった人も見てきました。

「1つの道を極めた」ことが、人生に与える影響は計り知れないものがありますよ。

また、マスターを取得したことで職場内での信頼が上がり、今まで任せてもらったことのない仕事を任せられるようになったという人もいらっしゃいます。

「なんとなく」使えることは多くても、公式資格を持っていてきちんと使える人は少数です。
信頼できる人に業務を任せたいと感じるのは、社内でも社外でも変わりませんね。

まとめ

MOSマスターについて簡単にご紹介しました。
Officeソフトのテクニックを極めるなら、ぜひ取得しておきたいMOSマスター。
マスターという響きが、プロフェッショナル感を持たせるので単体で取得しているよりも、就職活動時に通じやすいかもしれないですね。

ぜひ、取得を目指してみてください。

LINE@はじめました^^

LINE@はじめました^^
パソコンが苦手な方が
得意になれる情報をお送りします!
「ブログ」「動画」セットで届きます^^

↓↓↓ご登録は下記からお願いします^^↓↓↓

QRコードは下記からお願いします^^

【人気の高い関連ページ】

【MOS合格・独学勉強方法】

パソコン初心者でもMOSに合格できますか?
パソコン講師がオススメ!MOS独学勉強にベストな参考書
MOSを独学で勉強できるサイトを紹介!全部無料!
MOSの勉強をスマホやiPhoneで!厳選アプリを紹介
パソコン講師が語る!MOS独学取得のための勉強時間目安
5分で解決!初心者がMOS独学取得する際のパソコンの悩みベスト5

 

【MOS 2010とMOS 2013とMOS 2016の資格検定詳しい概要・違い・種類】

「マイクロソフト・オフィス」と「MOS」バージョンの関係
MOS2010(モス2010)の詳しい概要・内容
MOS2013(モス2013)の詳しい概要・内容・種類
MOS2016(モス2016)の詳しい概要・内容・種類
MOS2010、2013、2016のどれを受けるべきか

 

【MOS検定資格とはこんな試験です】

MOS資格検定とは?今さら聞けちゃう基礎知識
MOS資格検定の試験科目と難易度が気になる!
MOSを受けたい!受験資格や料金は?
MOS試験。テストはどんな感じで行われるの?
お金の無駄じゃない!明るい社会人生活のためのMOS取得

 

【MOS資格を就職活動に役立てよう】

MOSは就職に有利?就活・転職活動との関係
就職後にMOS資格取得をオススメする3つの理由
書き間違えは恥ずかしい!MOSの履歴書表記パソコン講師が教えます
MOSを取得したらどんな就職・求人があるのか?
MOS受験は求職活動になるのか?

 

【MOS試験の概要】

MOS受験者IDのアカウントの作り方!
試験日の注意点は?
MOS2016試験概要:2010・2013との違いを解説
MOSは意味ない?さて世間のうわさの真相は?
「MOSマスター」とは?
MOS世界学生大会とは?

【MOS受験の疑問解決】

MOSの受験料が高い!安く済ませる方法はないの?
MOSの受験料はどこで払う?振込方法など解説
MOS随時試験がお勧めの理由
MOS試験会場の雰囲気はどんな雰囲気?
今年のMOSの試験日程はいつ?