MOS当日は身分証明書が必要!試験日の注意点は?

 

こんにちは!
誰よりもパソコンが苦手だったパソコン講師しかっちです!

最近は、MOS試験に限らず、何の試験でも、資格試験当日に「受験票」と「身分証明書」を提示しなければいけないことが増えてきましたね。

替え玉受験防止という観点から仕方のないことなのですが、当日持っていかなければならない持ち物が増えると、「あれは持ったっけ?これはいるんだっけ?」となってしまって余計な心配事も増えてしまうもの。

「受験当日は、これさえあれば大丈夫!というチェックシートがあればいいのに!」
という方もいらっしゃると思います!

そんなわけで今回は、MOS受験当日の持ち物についてと、注意点についてお話しします。MOS本番や前日に使えるチェックシート替わりにも使ってくださいね!

MOS試験当日の持ち物一覧

MOS試験当日の持ち物は、こちら!

【1】受験者ID

【2】パスワード

【3】写真付きの身分証明書

※補足です

・学生証:学生割引をうける場合のみ

・受験票:全国一斉試験の場合のみ。随時試験はいりません。

上記3つが最低限必要なものになります。服装などは何でも結構です。

【MOS試験当日持ち物チェックリスト】

1 受験者ID Check!⬜︎
2 パスワード Check!⬜︎
3 写真付きの身分証明書 Check!⬜︎
4 受験票(全国一斉試験の場合のみ) Check!⬜︎
5 学生証(学生で割引適用の場合のみ) Check!⬜︎

 

受験者ID&パスワード

受験者IDとパスワードは、試験当日に受験用のパソコンに入力しますので、写し間違えのないようにしっかり確認しましょう!
「暗記してるから大丈夫」と思っていても、本番直前は緊張するものです。
ど忘れするということもありますので、見やすい字でメモしておくのがいいですよ!

ちなみに、携帯電話やスマートフォンは、試験会場への持ち込みが禁止されています。
持ち込んだとしても試験前には電源を切らなければいけませんので、紙のメモ帳に書いてくださいね。

ちなみにメモをする時の注意点です。

冗談のような本気のお話です^^

「大文字と小文字を正しく書く」

大文字で書いたなら、必ず大文字で書き写しましょう。面倒だからと、大文字を小文字で書いたりされる方がいらっしゃいますが、試験前に緊張してどっちがどっちだか分からなくなった方がいらっしゃいました。正しく書き写しましょう。

「余計な空白や点を入れない」

紙に書くときに「わかりやすいから」と空間を入れて書いたら「試験日にパソコンで入力する際に空白を入れた」とか、書き終えた時に「終わった!」って勢いのあまり最後に余分な「点」を入れて「それを間違えて入れた」ということがあります。いらないものは書かないようにしましょう。

冗談のような話ですが本当にあったお話です。「3日後の自分は他人と思え」という言葉があります。あまり自分を過信せずに「誰が見てもその通り」に出来るように書き写しておきましょう^^

写真付き身分証明書

写真付きの身分証明書として有効なものは、6つあります。

【1】運転免許証

【2】パスポート

【3】住民基本台帳カード

【4】個人番号カード(マイナンバーカード)

【5】社員証

【6】学生証

【7】 その他(政府系機関が発行する証明書で写真付きのもの)

7つのうちのどれか1つを持っていれば大丈夫です。ただし、社員証と学生証は「写真付き」であることが必要なので注意してください。

写真付き身分証明書がない場合

写真付き身分証明書を持っていない場合は、通常身分証明書として使用される下記の内、異なるもの2点で本人確認が必要となります。

・健康保険、国民健康保険または船員保険等の被保険者証
・国民年金、厚生年金保険または船員保険等の年金証書
・国民年金手帳、年金手帳
・本人名義のクレジットカード(本人の署名があるもの)、本人名義のキャッシュカードまたは預貯金通帳
・学生証、会社の身分証明書または公共機関が発行した資格証明書
・住民基本台帳カード、マイナンバー通知カード
・住民票(3か月以内に発行されたもの)
・運転経歴証明書
・共済組合員証
・共済年金または恩給等の証書

これらの中から2点を持っていくと良いでしょう。しかしながら、中にはうっかりと「これは違った!」って言う場合もあります。

ちなみに「キャッシュカード」と「クレジットカード」では証明になりません。それらはカード類という事で日とくくりになっていますのでご注意ください。

こういった勘違いがあるので、余分にもう1~2点くらい持っておくと良いでしょう。

基本的には試験会場に「事前確認」しておくほうが良いです^^

 

身分証明書になる書類

単体で身分証明書になるもの 2枚以上必要なもの
運転免許証 健康保険の被保険者証
パスポート 年金証書・年金手帳
住民基本台帳カード 本人名義のクレジットカードや
キャッシュカード・預貯金通帳
個人番号カード
(マイナンバーカード)
学生証・社員証・公共機関発行の資格証明書
社員証(写真付き) 住民基本台帳カードマイナンバー通知カード
学生証(写真付き) 住民票(3か月以内に発行されたもの)
運転経歴証明書
共済組合員証
共済年金・恩給等の証書

 

随時試験で受験票が発行されないことが殆どです

受験票は、2種類あるMOS試験のうち「全国一斉試験」を申し込んだ場合は、受験の10日前までに郵送されます。

MOSのサイトで、その情報だけをご覧になられて「随時試験」を受けられる場合の方が良く勘違いされるのが「受験票が届かないのですが」というご質問です。基本的には随時試験会場では、受験票が発行されないことが殆どです。無くても問題ないのでご注意ください。

受験票が必要かどうかは、受験する試験が全国一斉試験か随時試験かによることになります。
随時試験でMOSを受験する場合は申込み時に試験会場に確認しましましょう。

MOS試験当日持ち込み禁止物一覧

MOS試験当日に会場に持ち込めないものはこちらです。

【1】携帯電話・スマートフォン
【2】問題集や参考書
【3】試験内容を複写できるツール(カメラ、ビデオ、テープレコーダー、メモ帳)
【4】飲食物

持ち込み禁止物は、他の資格試験と大差ないかと思います。
MOS試験は、試験内容も正答も非公開なので、試験内容を複写できるツールの持ち込みは厳禁です!
受験者IDをメモ帳に書いておくようにアドバイスしましたが、そういったメモ帳は大丈夫。
といっても、メモ帳の役目が終了したらカバンにしまってもらうことになりますが…。

よく「ガムやアメなどを食べながらしても良いですか?落ち着くので」とか言われますがそれは不可です。お気持ちはわかりますが、やめておきましょう^^

テキストの持込は基本的には出来ないです。試験開始前に、控え室で軽く見るくらい良いですが、基本的には、その段階で見るくらいご不安なようであれば、もっと学習をしておきましょう^^試験前に見てもあまり効果はありません。

 

試験当日のトラブルと注意点

試験当日の一番の注意点は、忘れ物をしないことと持ち込み禁止物を持っていかないことですが…。

他にもこんな注意点がありますよ!

【1】受験料はどんな理由があっても返金されない

例えば、試験当日に交通機関が遅延してしまった場合。
試験時間に間に合わないのが確定した時点で(できる限り早い段階で)試験会場に連絡をしなければいけません。
連絡を一切せずに遅刻した場合は、欠席したとみなされるので受験料などは返金されませんし、振替試験も行ってもらえないです。

【2】マシントラブルが起こった時は試験官に申告をしてください

あってはならないことなのですが、試験中に使用しているパソコンがトラブルになってしまった場合。
この場合は、速やかに試験官に申告してください。試験終了後に「実はこの操作のときにマウスが動かなくて…」と事後報告されても対応することは出来かねます。

その段階で申告すれば、対処してもらえます。マシントラブルが深刻で、試験の実施が困難だと判断された場合は再試験を受験することも可能です。必ずその段階で申告しましょう。

【3】入力方式の変更は試験前に申し出る

MOS試験は「かな入力方式」でも受験することができます。もちろん通常の「ローマ字入力」も可能です。ででも、試験が始まってしまってからの変更はできないんですね。「かな入力方式」で試験を受験したい場合は、試験開始前に申し出るようにしましょう!

トラブルを予防するためには、試験について気になることは事前に聞くことが大切ですよ。
些細なことでも大丈夫なので「あれ?これは…?」と感じることがあったら、試験官に尋ねるようにしましょう!
問題の回答や操作方法でなければ、答えてくれます。

まとめ

MOS試験当日の持ち物と注意点についてお話ししてきました。
持ち物の一覧表は、当日の朝の忘れ物防止に使ってくださいね。
繰り返しになりますが、何かトラブルになった場合はすぐに試験会場か試験官に連絡するのが大切なポイントですよ!
試験会場に到着する前に交通機関のトラブルなどが発生しないとも限らないので、試験会場の連絡先はメモしておいた方がいいですね。スマホが繋がらないって場合もあるかもしれませんし^^

それではまた、次回お会いしましょう!

それではまた!

LINE@はじめました^^

LINE@はじめました^^
パソコンが苦手な方が
得意になれる情報をお送りします!
「ブログ」「動画」セットで届きます^^

↓↓↓ご登録は下記からお願いします^^↓↓↓

QRコードは下記からお願いします^^

【人気の高い関連ページ】

【MOS合格・独学勉強方法】

パソコン初心者でもMOSに合格できますか?
パソコン講師がオススメ!MOS独学勉強にベストな参考書
MOSを独学で勉強できるサイトを紹介!全部無料!
MOSの勉強をスマホやiPhoneで!厳選アプリを紹介
パソコン講師が語る!MOS独学取得のための勉強時間目安
5分で解決!初心者がMOS独学取得する際のパソコンの悩みベスト5

 

【MOS 2010とMOS 2013とMOS 2016の資格検定詳しい概要・違い・種類】

「マイクロソフト・オフィス」と「MOS」バージョンの関係
MOS2010(モス2010)の詳しい概要・内容
MOS2013(モス2013)の詳しい概要・内容・種類
MOS2016(モス2016)の詳しい概要・内容・種類
MOS2010、2013、2016のどれを受けるべきか

 

【MOS検定資格とはこんな試験です】

MOS資格検定とは?今さら聞けちゃう基礎知識
MOS資格検定の試験科目と難易度が気になる!
MOSを受けたい!受験資格や料金は?
MOS試験。テストはどんな感じで行われるの?
お金の無駄じゃない!明るい社会人生活のためのMOS取得

 

【MOS資格を就職活動に役立てよう】

MOSは就職に有利?就活・転職活動との関係
就職後にMOS資格取得をオススメする3つの理由
書き間違えは恥ずかしい!MOSの履歴書表記パソコン講師が教えます
MOSを取得したらどんな就職・求人があるのか?
MOS受験は求職活動になるのか?

 

【MOS試験の概要】

MOS受験者IDのアカウントの作り方!
試験日の注意点は?
MOS2016試験概要:2010・2013との違いを解説
MOSは意味ない?さて世間のうわさの真相は?
「MOSマスター」とは?
MOS世界学生大会とは?