■ もくじ ■

パソコン講師が語る!MOS独学取得のための勉強時間目安

できるだけ早く取得したい

「すぐ就職したいので、できるだけ早く取得したいんです!MOSに合格するまでどれくらい勉強が必要ですか!?」

これまで事務系のお仕事をされてこなかった方が、「初めての事務職」への転職を目指しているとき、こんな質問をよく受けます。

MOS取得までにかかる時間は、「MOSを取得しよう!」と考えている人の、やる気と1日に取れる勉強時間、今持っているパソコンの実力にかなり左右されるので、一概に「何時間程度で取得できますよ!」とお約束はできないのですが…。

大体このくらいが目安

当教室からの合格者の傾向から、「だいたいこれくらいが目安」というお話はできます。

というわけで今回は、独学でMOSを取得した場合の勉強時間の目安をお伝えしますよ!

「個人ブログでは『最短2週間で合格できる!』とあるけれど、実際どうなの?」

「通信講座のHPでは、6ヶ月かかるってあるし…どの情報を信じたらいいかわからない」

という方、実例を元に詳しくお話ししますので、参考にしてくださいね。

ざっくり目安ですが最短1科目1週間~半年が目安です

期間でお話をしましたが、それぞれ「環境」「学習に確保できる時間」「持ち合わせたスキル」によって大きく異なります。

そもそも、人によって状況が異なるので「フルマラソンを完走できる用になる為には何ヶ月かかりますか?」と突然聞かれても、そもそもどのくらいの準備期間があって、マラソンの経験の有無や、体力なんかによっても変わってきます。

同じような話でその方の状況によって大きく異なります。さてあなたは下記のどれに当てはまりますか?

パソコン講師がこっそり教える具体的目安時間

MOSの勉強時間の目安は、

● 受験したい科目(WordかExcelかPowerPointか)
● 受験者のパソコンレベル

に大きく左右されます。

Excelスペシャリストだけ、例としてあげると以下の表になります。

MOS勉強時間目安(Excel Specialist)

 
パソコンレベル学習時間目安週5時間の勉強でかかる月数
全くの初心者80時間4ヶ月
学校で習った記憶がある60時間3ヶ月
会社でWordを使ったことがある40時間2ヶ月
会社でWordを使いこなしている20時間1ヶ月

経験上、パソコンを使いこなしている方ほど学習効率がよく、1日に使える学習時間が増える傾向があります。

パソコンの基本的な操作はもちろん、オフィスソフトにも慣れているのでMOSの勉強以外の操作で困ることがないことが理由のようですね。

ワードのほうが簡単というのは大きな間違い

ワードが簡単という誤解

よく「エクセルは難しそうだけどワードは簡単」とか「ワードは使える」とか言われる方が多いのですが、ワードのほうが難しいと思います。

MOSを知らない方がおっしゃる「ワードレベル」っていうのは「文字を書いて、フォントサイズを変えて、中央ぞろえ」程度がワードが出来るレベルって感じで思われている方が殆どです。

エクセルが難しいというか数学が苦手

ですが、これは本当に基礎中の基礎。エクセルのほうが難しいというのは大きな誤解です。

それは単に「計算が難しく見える」というだけで、ワードもそれなりに難しいです。というか、日常で使わない機能が多く出てくるのでワードのほうが難しいといわれます。

なので受けるときにはその辺の時間も加味したほうが良いです。

1週間でMOS4科目取得のツワモノも…!

当教室で、短期間で取得された例としては、1週間で4科目を取得された方がいらっしゃいます!

MOS受験の体験談として、インタビュー動画を撮影しましたので、その方の勉強方法などを参考にされたい方はこちらをごらんください

http://pcacademy.jp/mospass/

MOS受験目安ライン「模擬試験開始40分以内で正答率90%」

「勉強時間は○時間程度の人が多いですよ!」というお話をする前に、独学でMOS受験する場合の「模擬試験でこのレベルならMOSを受験しても大丈夫ですよ!」という受験目安ラインに付いてお話しておきますね。

本当は、シークレット情報にしておきたいところなのですが…。

MOS受験の目安ラインは、

『MOS模擬試験開始から、40分以内で正答率90%以上』

です。

どうしてこのラインがMOS受験の目安になるのかについては、後ほど詳しく解説します。

今、MOSを独学で勉強中の人は、「このラインになったら受験する」と、考えておけば合格に限りなく近づけるでしょう!

「MOSノー勉で受かる」のは極少数

ノー勉は夢物語

この記事を読んでいる方の中には、MOS保持者から

「MOSなんて、基本事項しかやらないよ!俺なんて勉強しないで受かったよ?」

という意見を聞いた方もいらっしゃいますよね。

確かに、勉強をしないでMOS合格を勝ち取る方もいらっしゃいます。

いらっしゃるのですが…私の経験上、そのような方は極少数だと言わせていただきたいです。

ごくごく少数の方です

学校の授業でも、「全然勉強しないのに、常に成績上位の誰か」がいたと思うのですが、クラスの中に1人か2人程度でしたよね?ノー勉でMOSに合格される方は、そういう方です。

当教室の門を叩かれる方の中にも、MOSノー勉合格組の話を真に受けて受験するも失敗。

その後、独学でチャレンジするも失敗…。

自力での合格を諦めた状態でいらっしゃる方も…。

勉強したいならMOS試験でおすすめのテキスト・本・参考書はこれ

MOS資格に合格する為には、勉強方法があります。

FOM出版と日経BP社が出しているテキストがオススメなのですが、別記事に書きました。

MOS試験でおすすめのテキスト・本・参考書はこれ

MOS資格独学勉強法ってどんな方法?

テキスト選定が終わったら、実際に学習が必要です。

合格する為の学習方法があります。詳しくは別記事で書きました。

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

実務とMOSは別物と認識して勉強を

「パソコン使いこなせてます!」という人ほど、実力を過信しがちです。

日常業務でパソコンを使用している方ほど、ノー勉で挑むことが多いようですが、先ほどお伝えした「開始40分で正答率90%」になっているかどうかくらいはチェックして受験した方がいいでしょう。

実務とMOSの勉強は別物と認識することが大切ですね。

MOS合格には「問題を見てすぐに解けるが必須」

MOS受験の目安は『MOS模擬試験開始から、40分以内で正答率90%以上』とお伝えしています。

MOS本番の試験時間は50分。

問題の正答が公開されていないので、参考書の通りに回答したはずなのに誤答になるということもしばしば…。

MOS合格には、問題が表示されたらすぐに解答を始めることができて、やり直しをしなくてもいいように1つ1つの操作をキレイに、正確に完了させることが必要です。

「早く・キレイに・正確に」

これを実現しながら、万が一難問か誤答になったとしても合格ラインに達することができるラインが

『MOS模擬試験開始から、40分以内で正答率90%以上』

なんですね。

まとめ

シークレット情報も交えつつ、独学でMOSを取得するために必要な勉強時間の目安についてお話ししました。本人のやる気と勉強時間、元々持っているパソコンのスキルにかなり左右されますが、

  • パソコン初心者:80時間程度
  • 学校で習った程度の方:60時間程度
  • 業務で使ったことがあるくらいの方:40時間程度
  • 業務でバリバリ使いこなしている方:20時間程度

が目安です。(MOS Wordスペシャリストの場合)

また、MOSを受験する目安は『MOS模擬試験開始から、40分以内で正答率90%以上』でした。ノー勉で合格できる方は極少数ですので、業務でバリバリ使いこなしている方も、参考書くらいは購入して模擬試験を受験した方がいいでしょう!

参考書は、模擬試験の問題付きで2000円程度です。

オススメの参考書については、こちらの記事に書かせていただきましたので、参考にしてくださいね!

MOSでお悩みの方の関連記事はこちら

MOS試験でおすすめのテキスト・本・参考書はこれ|MOS講師公認

https://pcacademy.jp/mosstudy/pass2

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

https://pcacademy.jp/mosstudy/pass01

人気MOS資格は就活に有利と言える5つの理由|就職に役立つパソコン資格

https://pcacademy.jp/mosemployment/mossyuukatu1

MOS2016の難易度と合格点を詳しく解説|MOSの他バージョンとの比較

https://pcacademy.jp/overview/mos03

MOS資格を取得したい人が参考にするおすすめ人気記事まとめ

https://pcacademy.jp/mospass

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!