ブログ

MOS資格を独学で勉強できる厳選サイト|MOS講師お勧め6選

更新日:


今回は、MOS試験を学習できるサイトを調べてみました。MOS資格の現役人気講師が、厳選した6つのサイトをご紹介します。

MOSを学習できるサイトを紹介

こんにちは!
誰よりもパソコンが苦手だったパソコン講師しかっちです!

「MOSを勉強できるサイトって、ないんですか?」

「できれば、個人ブログとかじゃなくて、企業の公式ページのようなきちんとしたところがいいんですけど…」

「MOSを独学で頑張ろう!」という方から、よく寄せられる質問です!

残念ながら、「このサイトだけで、MOSの勉強の全てを網羅している無料のサイト」というものは、ないです。

「このサイトさえやっておけば大丈夫!」というサイトではありませんが、MOSの勉強の助けになるサイトなら6つほどあります!!

今回は、その6つのサイトについてご紹介しますね!

それはこの6つのサイト

この6つのサイトがオススメです。

  • MOSの無料「スキルチェック」が出来る「アオテン」
  • 画像付き基本操作解説のモーグ「Q&A」講座
  • モーグの即効テクニックコーナー
  • FOM出版のサイト!わかりやすく人気のMOS参考書
  • 日経BP社のサイト!MOS本番に近い参考書
  • 三択式エクセル問題集

では詳しく説明していきますね。

そもそもMOS資格って何?全体像を知りたい方は下記をご覧下さい

MOS資格というのは、正式には「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト」と言います。

いわゆる、会社などで使う「エクセル」「ワード」「パワーポイント」と言ったオフィスソフトが正しく使いこなせるか?というスキルレベルを証明する為の資格試験です。

全世界で、実施が行なわれており、パソコンの資格の中で最もメジャーな資格になります。

MOS試験について詳しく知りたい方は別記事に詳しくまとめました。下記をご覧下さい。

MOS資格とは?|就職・転職に有利なMOS試験の概要を全て徹底解説

MOSの無料「スキルチェック」が出来る「アオテン」

アオテンはビジネスやパソコン系資格の教材販売サイト

アテオンは、ビジネスやパソコン系資格の教材を販売しているサイトです。MOSに関する教材も販売しているんですよ。

MOSの独学に役立つ項目は、パソコンのスキルチェックです!

スキルチェックにかかる時間は10分程度。

スキルチェックが行えるのは、「Officeソフトのチェック」「VBAの実力チェック」「パソコンの基本知識のチェック」の3項目です。

問題数が少ないのが難点

MOS試験対策には、「Officeソフトのチェック」が有効ですが、Wordで10問、Excelの基本操作で10問、関数で10問のように、問題数が少ないのが難点です。

自分のスキルをグラフで見える化してくれるのはいいのですが、これだけで「Wordでどれくらい実力があるのか」「MOSに通用するくらい使いこなせているか」を診断するには少なすぎる問題数といえるでしょう。

アオテンストアの登録が必要

また、スキルチェックのためにはアテオンストアに登録が必要です。

登録自体は無料で行うことができるのですが、自分の実力を正確に知りたいのなら、この実力診断ではなく、パソコン教室の体験学習などで診断した方がより正確な実力がわかりますよ。

サイトはこちら↓↓↓
アオテンスキルチェックサイト

画像付き基本操作解説のモーグ「Q&A」講座

モーグは、オフィスソフトの学習サイト

モーグは、MOS公式サイトを運営している(株)オデッセイコミュニケーションズが運営している、オフィスソフト学習サイトです。

Word、Excelの基本操作からWindows操作の困りごとまで、「これってどうしたらいいんだろう?」に答えてくれる「Q&Aコーナー」が充実しているのが魅力ですよ。

「Q&Aコーナー」は、モーグに無料登録している人だけが質問を投稿できます。

質問コーナーが充実

質問を投稿しなくても、過去にあった質問を検索したり、閲覧することができるので「これが知りたい!」という情報を調べることはできます!

過去に「似たような内容で困った人」がいれば、それがそのまま自分への回答になるかもしれないですね。

ただ、この質問コーナーには弱点があるんです。

Yahoo!知恵袋のような形式の質問コーナーになっているので、「質問の回答が締め切られた後に誰かが検索しても見やすく・わかりやすい」形式にはなっていないんですね。

探すのが大変

質問の回答も、質問した人がわかってしまえばどんなに中途半端な回答でも締め切られてしまうので、「探すだけ探したけれど自分の悩み事は解決しなかった」ということもあります。

とはいえ、同じ悩みをもつ仲間がいれば安心しますし、思わぬお宝テクニックに出会える可能性もありますので、知っておいて損はないでしょう!

サイトはこちら↓↓↓
モーグQ&Aサイト

モーグの即効テクニックコーナー

テクニックがなんと2,500以上

Officeの一般機能からVBAまで、即座に活かせるテクニックが2,500以上!のサイトです。

アプリケーション別、機能別に分類されていますので目的に応じたテクニックを探すことができます。

実践向けのサイトになります。幅広い意味でのMOSの参考サイトになります。

どちらかというと「MOSをとる前」よりも「取得した後」にみるとよいサイトかもしれません。

ですが、これらの知識が分っていれば、MOSの問題も解けると考えて良いでしょう。ぜひ実践で使ってみてください。

サイトはこちら↓↓↓
即効テクニックコーナー

FOM出版のサイト!わかりやすく人気のMOS参考書

人気のMOSテキスト

FOM出版は、「よくわかるマスター」シリーズで有名な出版社。公式サイトでは、各参考書の正誤表や購入者特典をダウンロードすることができます。

それだけではなく「ダウンロード」コーナーでは、MOS対策参考書用の「対策テキストと問題集」をダウンロードすることもできてしまうんです!ダウンロードは、書籍を購入していなくても可能です。

データダウンロードだけは出来る

ただし、こちらのダウンロード内容には、解説や操作方法が書いてあるわけではありません。参考書が丸ごとダウンロードできるわけではないので、ご注意を。

テキスト学習時の復習などに使用すると便利ですね。

サイトは下記をクリック↓↓↓

FOM出版の「ダウンロードコーナー」

日経BP社のサイト!MOS本番に近い参考書

日経BPは、「MOS対策問題集」で有名な出版社。FOM出版と同じく、公式サイトでは各参考書の正誤表などをダウンロードすることができます。

日経BPの「ダウンロード」コーナーでは、各参考書の「実習用ダウンロードデータ」をダウンロードすることができます。

実習用データのサポートは行なっていないようですが、ダウンロード方法などは難しくありませんので、活用しましょう!

サイトはこちら↓↓↓
日経BPの「ダウンロード」コーナー

三択式エクセル問題集

エクセル限定ですが、エクセルの基本から学ぶことが出来ます。

三択式ですので入口としては行ないやすいと思います。

ですが、実際は、三択式ではなく、自分で行なう「実戦形式」なので注意が必要です。基礎の基礎を覚えたいか他派には最適です。

三択式エクセル問題集 「3Q」

そもそもオフィスソフトはお持ちですか?

オフィス・オンラインはNG

ちなみに、Microsoft Office自体をお持ちでない方に、「Office OnlineでもMOS対策できますか?」と、質問いただくことがあるのですが、それはNGです。

Office Onlineは、機能制限が多いのでMOSの試験対策には使用できません。

ある程度の機能は使用できるのですが、参考書に付属している模擬試験も対応していないですし、そもそも参考書に書いてある操作自体ができない場合も多いです。

オフィス365がオススメ

どうしても、Microsoft Officeを購入したくない人は、Office Onlineを利用するのではなく「ofifice365 soro」を利用しましょう。

「ofifice365 soro」はOfficeソフトの全機能を1ヶ月単位で利用できる購入システム。「ofifice365 soro」ならかかる費用は、1ヶ月あたりたったの1,274円です!勉強に半年かかったとしても、7,000円適度の出費ですみます。

詳しくは、Microsoftの公式サイトをのぞいてみてください。

サイトはこちら↓↓↓
office 365soroの購入ページ

自宅でできる!解説動画をご用意

MOSを独学で勉強できるサイトをご紹介しました!

「このサイトさえ見ておけば、MOS対策はバッチリ!」というサイトはないのですが、知っていれば便利なサイトです。

まずは一度のぞいて見て、気に入ったサイトはチェックしてみてはいかがでしょう。自宅でMOSを勉強するという意味では、キュリオステーションのMOS遠隔レッスンも便利ですよ!

当教室のレッスンを自宅で受けていただく形になるので、独学にはなりませんが「パソコン教室は、通学するのが面倒くさい」という方や「通学している時間がない」という方にオススメです。

興味のある方は、お気軽にお問い合わせください!また、キュリオステーションでも、MOS対策にもなる動画をYouTubeで公開しています。

どの動画も2分程度で終了しますので、参考書の復習に使ってみてください!

ワード実践シリーズ1

ワード実践シリーズ2

エクセル実践シリーズ

エクセル実践シリーズ2

パワーポイント実践シリーズ

エクセルMOS対策シリーズ

どのバージョンのMOSを受けるべき? お勧めのバージョンは?

さて、新しいバージョンMOS2016が開始しても、職場ではまだまだOffice2010や2013がたくさん使われています。

家のパソコンには、2010が入っている、という方もよく伺います。そんな中で、どのバージョンを受験するか、迷うところだと思います。

詳しくは別のページで書きました。下記をご覧ください。

MOSどれを受けるべきか?あなたにピッタリのMOS資格バージョンは?

MOS資格が学習したいけど、どんな方法がある?

サイトを紹介してきましたが、基本的には「本」を使っての学習か、パソコン教室での学習で無いとMOS試験に合格するのは難しいです。

あなたのパソコンスキルがどのくらいあるのか?によって、お勧めは変わります。

パソコンが比較的得意だと思われる方は独学が良いでしょう。

合格する為の学習方法があります。詳しくは別記事で書きました。

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

あなたが、

パソコンは苦手だと思われるようであれば、パソコン教室に通われるほうが良いでしょう。

実は、本当のオススメは独学よりも、パソコン教室に通うことです。

確かに独学でも勉強すれば合格できるのですが、あくまでも合格できるという結果しか残りません。

本来の資格取得の目的は何でしょうか?

「履歴書に書ける」というのも一つの目的かもしれませんが、最も大切なのは「使いこなす」という事ではないでしょうか?その為にMOS資格を取得されるかと思います。

本当の意味でMOS資格の習得を目指したい方は、別記事に書きましたので下記をご覧下さい。

MOS資格取得の為にパソコン教室で学んだ方がよいと言える5つの理由

まとめ

今回は、MOS資格を一人で学習するに当たってのサイトをご紹介しました。

多くありましたが、やはり一番のオススメは、「スキルの無い方」は「パソコン教室に通われる」スキルのある方は「テキストを購入されて勉強する」というのが良いかなと思います。

下記に別の記事を書いています。

MOSでお悩みの方の関連記事はこちら

MOS資格取得の為にパソコン教室で学んだ方がよいと言える5つの理由

MOSを詳しく知りたい方必見「MOS資格の全体像」を徹底解説

MOS試験でおすすめのテキスト・本・参考書はこれ|MOS講師公認

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

人気MOS資格は就活に有利と言える5つの理由|就職に役立つパソコン資格

MOS2016の難易度と合格点を詳しく解説|MOSの他バージョンとの比較

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!


-

Copyright© パソコン教室キュリオステーション , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.