■ もくじ ■

求人に書いてあるMOS資格

就職・求人情報で「MOSがあれば有利」「MOS保有者」と書かれるものにはどんなものがあるのでしょうか?

パソコン資格というと「事務職」というイメージがありますよね。

実は、事務職以外にもMOSが役に立つ職種やMOS必須の業種があるんですよ!

調べてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

MOS資格とは、WordやExcelなどの利用能力を証明されるパソコンの資格

MOS資格はオフィスソフトを証明する資格

MOS資格とは、マイクロソフト社が提供する「Microsoft Office Specialist」の操作を自在に利用できることを証明する資格なんです。

MOSは世界中で活用されています。

MOSを取得したら、ワード、エクセルなどが自在に操ることができる洋になります。

MOS資格を取得することで自分の自信につながることはもちろん、ビジネスマンとしての活躍の場を広げ、さまざまな方面で活躍できる可能性を見出すこともできるはずです。

それぞれの資格に分かれます。

Word(ワード)

「文章の作成」で活用されることが多いソフトです。

自動校正機能もあり、誤字脱字を限りなく少なくすることが可能です。

プレゼンの資料の製作時など、文章の制作には欠かせないものとなっています。

また、応用すれば、チラシを作れたり、ポスターを作れたりもするすぐれものです。

一般的な評価が低いですが、かなり実力あるソフトになります。

Excel(エクセル)

「表計算ソフト」として、ビジネスで活用されているソフトです。

平均や合計などを瞬時に出すことができます。

顧客管理、統計データ、勤怠管理など社内社外のデータ問わず対応することが可能な自由度の高いソフトと言えます。

仕事上で最も使うソフトになります。

PowerPoint(パワーポイント)

プレゼンテーション用に使われることが多いです。

ビジネス会議や学生の論文発表などビジネス以外のシーンでも活用されています。

こちらも最近は利用頻度が高まっています。パンフレットや資料作成にも多く使われます。

営業マンなんかは最も使うソフトになるのではないでしょうか。

転職に資格は必須なのか?

確かに無くても良いですが・・・

資格とは、そのスキルの習熟度や許可・ライセンスを示すものです。

危険を伴う仕事やより専門的な仕事では、資格を取得してからでないとその仕事に就けない場合が多くあります。

逆にそうでない仕事の場合は、今回で言うと「オフィスワーク」でいうと、資格がないからと言って転職できないことはありません。

極端な話、何一つ資格を持っていない人で働いている人は何万人といます。

自分を示す尺度として使える

「パソコンが使える」というお話を面接でした場合「どのくらい使えるの?」といった説明が非常に難しいです。

そんな時に資格があると「そのくらいはできる」と認めてもらいやすいです。

詳しくは別記事に書きました。

ご参考になさってください

人気MOS資格は就活に有利と言える5つの理由|就職に役立つパソコン資格

就職や転職で評価されやすいといわれる理由

世界中で最も使われているビジネスソフト

全世界のビジネスで活用されているソフトです。

履歴書に資格取得の旨を記載するだけでも効果的です。

面接時には、資格について詳しく質問されることも考えられます。

その時に具体的にどのような作業を、そのくらいのスピードでこなせるかということをアピールしやすいです。

経験不足を補う事もできる

また、実務経験がなくてもエキスパートレベルまで取得していれば、経験不足を補うことも可能です。

実技試験のみで実施されているため、確かな技術の証明となり即戦力の人材であると明確に証明することができるでしょう。

そもそも、持っているということは「ある程度は使える」とみなしてもらえます。

事務職で有利といわれる3つの理由

有利といえる3つの理由

1、パソコンが使えるというフラットな証明になる

2、取得によりスキルアップできる

3、自分に自信がつく

この3つです。

まずは単純に証明になります。

人事の方から見て、「この人良いな」と思っても、パソコンが使えないと採用にはならないでしょう。

そんなときに「パソコンは使えます」と言っても「本当に使えるのかな?」という疑問が起こります。

そこで、証明書があればそれが分かるという自然な考えです。

スキルアップが出来る

また、資格をとるということなので、必然的にスキルアップします。

資格を取るというのはどんな資格でもそうですが「必要最低限のスキルを得る」ということなのです。

パソコンの事務作業でいうとそれがMOSというだけのお話しです。

自分に自信が付く

あとは自分に自信がつきます。

これが大きいと思います。

事務職に就く際の面接時に「パソコンが使えます」と大きな声で言えるでしょう。

MOSをもっているということはそれなりに学習を行っていないといけないはずです。その学習量が自信につながります。

こういった観点からMOS取得が非常に有利に働きます。

他にもあります!MOSがあれば効率アップできる職種

求人要項を見てみる

求人票や募集要項に「パソコンが使える方優遇」「パソコンで入力ができる方」「事務職経験者歓迎」といった文言が並んでいたら、MOSがあると業務効率がアップする可能性が高いです。

具体的に、こういった文言がある職種で使われるオフィスソフトと代表的な作業は以下のようなものです。

【エクセルを使った作業】

● 日報入力
● 勤怠入力
● チラシ作成
● 顧客管理
● 顧客データ作成
● 発注書・請求書作成
● 売上管理
● 仕訳入力(パソコン知識の他に簿記の知識が必須)

【ワードを使った作業】

● 送付状作成
● チラシ作成
● 案内状作成
● 宛名作成(住所録印刷)
● 行政文書作成

【パワーポイントを使った作業】

● プレゼン資料作成
● チラシ作成
● 写真の加工

【パソコンの基本的な知識が必要な作業】

● メールチェック
● インターネットを使用した調査
● 文書などのフォルダ管理

他にも職種のよってバリエーションが増えますが、「パソコンが使える人」と大雑把に書かれた求人ではこれらを組み合わせた作業を依頼されることが多いようですね。

事務以外にもMOS資格取得がほぼ必須の求人

求人票に「MOSをお持ちの方」と書いてある場合がある

MOSの取得が必須の求人は、求人票に「MOS Word2013をお持ちの方」「MOSをお持ちでない場合は、入社後に取得していただきます」といった文言が書かれている場合がほとんどです。

こういった求人は、MOSを取得できるレベルの技術が最低レベル。

実際に行う作業は、MOS以上であったりオフィスソフトの機能の中でもマニアックなものを使用する場合も多くあります。

ですので、この文言が書かれていた場合「最低でもMOSを取得できるレベルのパソコンスキル」がないと、入社後に非常に苦労する可能性が高いです。

MOS取得が必須の求人には、例えばこんなものがあります。

PCインストラクター・講師

「そりゃそうですよね」という求人ですね(笑)
パソコン教室の講師の他にも、失業者向けの職業指導員や障害者へのパソコンインストラクターなどもMOS取得がほぼ必須です。

アパレル・物販の店長(マネージャー)候補

意外にもアパレルや物販の店長・マネージャー候補も「MOSレベルのパソコンが使える方」という文言が入っている場合が多いです。

店長ともなると売り上げ管理が必要になってきますし、自店舗で取扱いたい商品に関する社内プレゼンや本部への報告書作成などで、日常的にパソコンを使用するからでしょう。

法律系事務所や税理士事務所

官公庁に提出する書類は、パソコンで作成されます。
「フォーマットに入力すればいいだけ」「専用のソフトに入力するだけ」であったとしても、パソコン慣れしていない人は敬遠されるのでしょう。
「行政書士」「司法書士」「簿記2級以上」は「あれば尚可」「ある方優遇」となっていることが多いですが、MOSに関しては「必須」となって場合が多かったです。

経理・総務・営業事務

「MOS必須」とまで書かれていない求人もありますが、会社の規模が大きいほど「MOS必須」という文言を多く見かけました。

総務や営業事務の場合は、MOSにプラスして「TOEICスコア○点以上」という条件があるところもあります。

経理はエクセルとアクセス、総務は全般的に、営業事務はパワーポイントの能力が求められることが多いようですよ。

転職者向けサイトに多い

その他にも、エンジニアや大学の留学生対応事務、官公庁への派遣事務などで「MOS必須」となっている求人を見つけることができました。

新卒の正社員求人よりも、転職者向けのサイトに多かったように思いますよ。

やはり、転職者には「これまでのキャリアに見合った実力」を求める企業が多いということでしょうか…。

MOSを昇進条件の1つにしている海外企業もある

生徒様から良く伺います。

「この資格を取らないといけないので」という感じで来られます。

資格を持つ為には、それなりに学習をしなくてはいけません。

日々の業務を行なっている中で、勉強時間を確保するのは非常に大変な事です。

日常の計画の立て方も重要になってきます。

そういった意味も含まれているのかなと個人的には思います。

MOSが業務効率をあげる手段として有効であると認められている一例ですね。

「履歴書に書くのは恥ずかしい」は間違いです

履歴書に書いたほうが良い

たまに「履歴書にかける資格がないからMOSを取得したけれど、パソコンは使えて当たり前だし、履歴書に書くのは恥ずかしい」という方がいらっしゃいます。

でも、MOSは履歴書に書くのが恥ずかしい資格ではないです。

MOSは、数あるパソコン資格の中でもマイクロソフトが公認している資格です。

パソコン資格の中には、「取得が簡単すぎて、資格の名前の割に実力が伴わないもの」も多くあります。

そんな中で、企業の採用担当者に「この人のパソコン資格はこのレベルですよ」としっかり証明できるのが、MOSなのです。

パソコンの資格のスタンダードとして考える

英語が話せて当たり前の職場に応募する人は、TOEICのスコアの提示を求められますよね。

それと同じように、パソコンの実力の証明としてMOSがあると考えれば、履歴書に書くことは全然恥ずかしいことではないんです。

MOS資格はオフィスソフトを使いこなせるスタンダード考えるほうが良いでしょう。

詳しくは別記事で書きました。ご覧下さい。

MOS資格を履歴書に書くのは恥ずかしい?|先輩に言われたのですが

興味あるので学習したいけどテキストはどうしたら良いの?

ここまで書くとMOS資格を学習してみたいと思う方がいらっしゃると思います。

MOSを学習するに当たって、まずは、テキストを選ぶ事から始まります。

テキスト選びは重要です。今までの私の経験上から「このテキストが良い」というのがあります。

別記事で書いております。ご参考になさってください。

MOS試験でおすすめのテキスト・本・参考書はこれ|MOS講師公認

MOS資格独学勉強法ってどんな方法?

テキスト選定が終わったら、実際に学習が必要です。

合格する為の学習方法があります。詳しくは別記事で書きました。

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

ちなみに合格までにどのくらい期間がかかるの?

学習を始めるのは良いですが、どのくらい学習期間がかかるのでしょうか。

別記事で書いております。ご参考になさってください。

MOS資格試験の合格までの勉強の目安時間は?|必ず合格できる方法

MOS資格を一人で勉強するのがご不安な方は

ご自宅にいながら「生レッスン」を受けることができる「遠隔レッスン」という仕組みがあります。

詳しくはこちらをご覧下さい。

遠隔レッスンのご紹介はこちら

まとめ:事務職では必須ですがMOSは多いに役立つ資格

意外な仕事がMOS必須になっていたのではないでしょうか?

MOSがあれば業務効率がアップできる職種でもご紹介しましたが、事務職で使うパソコンスキルも様々です。

これから応募したい職種が具体的にどんなパソコンテクニックを必要としているのかを見極めて、MOSの受験科目を決めたいですね。

もちろん、取得に際してはご相談ののらせていただきますよ!

それでは、また!

MOSでお悩みの方の関連記事はこちら

MOS試験でおすすめのテキスト・本・参考書はこれ|MOS講師公認

https://pcacademy.jp/mosstudy/pass2

MOS資格独学勉強法|パソコン初心者が99%合格した秘密を講師が公開

https://pcacademy.jp/mosstudy/pass01

人気MOS資格は就活に有利と言える5つの理由|就職に役立つパソコン資格

https://pcacademy.jp/mosemployment/mossyuukatu1

MOS2016の難易度と合格点を詳しく解説|MOSの他バージョンとの比較

https://pcacademy.jp/overview/mos03

MOS資格を取得したい人が参考にするおすすめ人気記事まとめ

https://pcacademy.jp/mospass

ブログを書いている講師紹介(初心者の気持ちが日本で唯一わかるパソコンが苦手だった講師)

森分 然(もりわけ しかり)ミスターしかっち

パソコンが大の苦手だったところから、パソコンを覚えてきた経験を元にパソコン教室を開講。自身の経験から「専門用語を使わない」「例え話」「初心者の気持ちが唯一わかる講師」で人気。全国対応の遠隔レッスンで多くの問い合わせが殺到。初心者向けに少しでも役に立ちたいと、馴染み易いように始めた動画「ミスターしかっち式動画」が大人気。小学生が見てもわかるような動画を無料で掲載中。「ミスターしかっち」で検索!