MOSを取得したらどんな就職・求人があるのか

こんにちは!
誰よりもパソコンができなかったパソコン講師しかっちです!

就職・求人情報で「MOSがあれば有利」「MOS保有者」と書かれるものにはどんなものがあるのでしょう…。
パソコン資格というと「事務職」というイメージがありますよね。

実は、事務職以外にもMOSが役に立つ職種やMOS必須の業種があるんですよ!

調べてみましたので、ぜひ参考にしてくださいね。

MOSがあれば効率アップできる職種

求人票や募集要項に「パソコンが使える方優遇」「パソコンで入力ができる方」「事務職経験者歓迎」といった文言が並んでいたら、MOSがあると業務効率がアップする可能性が高いです。

具体的に、こういった文言がある職種で使われるオフィスソフトと代表的な作業は以下のようなものです。

【エクセルを使った作業】

● 日報入力
● 勤怠入力
● チラシ作成
● 顧客管理
● 顧客データ作成
● 発注書・請求書作成
● 売上管理
● 仕訳入力(パソコン知識の他に簿記の知識が必須)

【ワードを使った作業】

● 送付状作成
● チラシ作成
● 案内状作成
● 宛名作成(住所録印刷)
● 行政文書作成

【パワーポイントを使った作業】

● プレゼン資料作成
● チラシ作成
● 写真の加工

【パソコンの基本的な知識が必要な作業】

● メールチェック
● インターネットを使用した調査
● 文書などのフォルダ管理

他にも職種のよってバリエーションが増えますが、「パソコンが使える人」と大雑把に書かれた求人ではこれらを組み合わせた作業を依頼されることが多いようですね。

MOS取得がほぼ必須の求人

MOSの取得が必須の求人は、求人票に「MOS Word2013をお持ちの方」「MOSをお持ちでない場合は、入社後に取得していただきます」といった文言が書かれている場合がほとんどです。

こういった求人は、MOSを取得できるレベルの技術が最低レベル。
実際に行う作業は、MOS以上であったりオフィスソフトの機能の中でもマニアックなものを使用する場合も多くあります。

ですので、この文言が書かれていた場合「最低でもMOSを取得できるレベルのパソコンスキル」がないと、入社後に非常に苦労する可能性が高いです。

MOS取得が必須の求人には、例えばこんなものがあります。

【PCインストラクター・講師】

「そりゃそうですよね」という求人ですね(笑)
パソコン教室の講師の他にも、失業者向けの職業指導員や障害者へのパソコンインストラクターなどもMOS取得がほぼ必須です。

【アパレル・物販の店長(マネージャー)候補】

意外にもアパレルや物販の店長・マネージャー候補も「MOSレベルのパソコンが使える方」という文言が入っている場合が多いです。

店長ともなると売り上げ管理が必要になってきますし、自店舗で取扱いたい商品に関する社内プレゼンや本部への報告書作成などで、日常的にパソコンを使用するからでしょう。

【法律系事務所や税理士事務所】

官公庁に提出する書類は、パソコンで作成されます。
「フォーマットに入力すればいいだけ」「専用のソフトに入力するだけ」であったとしても、パソコン慣れしていない人は敬遠されるのでしょう。
「行政書士」「司法書士」「簿記2級以上」は「あれば尚可」「ある方優遇」となっていることが多いですが、MOSに関しては「必須」となって場合が多かったです。

【経理・総務・営業事務】

「MOS必須」とまで書かれていない求人もありますが、会社の規模が大きいほど「MOS必須」という文言を多く見かけました。

総務や営業事務の場合は、MOSにプラスして「TOEICスコア○点以上」という条件があるところも…。
経理はエクセルとアクセス、総務は全般的に、営業事務はパワーポイントの能力が求められることが多いようですよ。

その他にも、エンジニアや大学の留学生対応事務、官公庁への派遣事務などで「MOS
必須」となっている求人を見つけることができました。

新卒の正社員求人よりも、転職者向けのサイトに多かったように思いますよ。
やはり、転職者には「これまでのキャリアに見合った実力」を求める企業が多いということでしょうか…。

MOSを昇進条件の1つにしている海外企業も

国内の企業では、MOS取得を昇進の必須条件にしている企業はあまりききませんが、海外の企業では業務効率化の観点から、昇進の必須条件の1つにMOS取得をあげている企業もあります。

 

MOSが業務効率をあげる手段として有効であると認められている一例ですね。

「履歴書に書くのは恥ずかしい」は間違い

たまに
「履歴書にかける資格がないからMOSを取得したけれど、パソコンは使えて当たり前だし、履歴書に書くのは恥ずかしい」
という方がいらっしゃいます。

でも、MOSは履歴書に書くのが恥ずかしい資格ではないですよ!

MOSは、数あるパソコン資格の中でもマイクロソフトが公認している資格です。
パソコン資格の中には、「取得が簡単すぎて、資格の名前の割に実力が伴わないもの」も多くあります。
そんな中で、企業の採用担当者に「この人のパソコン資格はこのレベルですよ」としっかり証明できるのが、MOSなのです!

英語が話せて当たり前の職場に応募する人は、TOEICのスコアの提示を求められますよね。
それと同じように、パソコンの実力の証明としてMOSがあると考えれば、履歴書に書くことは全然恥ずかしいことではないんです。

まとめ:事務職以外でもMOSは多いに役立つ資格

意外な仕事がMOS必須になっていたのではないでしょうか?
MOSがあれば業務効率がアップできる職種でもご紹介しましたが、事務職で使うパソコンスキルも様々です。

これから応募したい職種が具体的にどんなパソコンテクニックを必要としているのかを見極めて、MOSの受験科目を決めたいですね。

もちろん、取得に際してはご相談ののらせていただきますよ!

それでは、また!

LINE@はじめました^^

LINE@はじめました^^パソコン苦手な方が得意になれる「ブログ」「動画」が届きます^^

↓↓↓ご登録は下記からお願いします^^↓↓↓

QRコードは下記からお願いします^^

 

【人気の高い関連ページ】

【MOS合格・独学勉強方法】

パソコン初心者でもMOSに合格できますか?
パソコン講師がオススメ!MOS独学勉強にベストな参考書
MOSを独学で勉強できるサイトを紹介!全部無料!
MOSの勉強をスマホやiPhoneで!厳選アプリを紹介
パソコン講師が語る!MOS独学取得のための勉強時間目安
5分で解決!初心者がMOS独学取得する際のパソコンの悩みベスト5

 

【MOS 2010とMOS 2013とMOS 2016の資格検定詳しい概要・違い・種類】

「マイクロソフト・オフィス」と「MOS」バージョンの関係
MOS2010(モス2010)の詳しい概要・内容
MOS2013(モス2013)の詳しい概要・内容・種類
MOS2016(モス2016)の詳しい概要・内容・種類
MOS2010、2013、2016のどれを受けるべきか

 

【MOS検定資格とはこんな試験です】

MOS資格検定とは?今さら聞けちゃう基礎知識
MOS資格検定の試験科目と難易度が気になる!
MOSを受けたい!受験資格や料金は?
MOS試験。テストはどんな感じで行われるの?
お金の無駄じゃない!明るい社会人生活のためのMOS取得

 

【MOS資格を就職活動に役立てよう】

MOSは就職に有利?就活・転職活動との関係
就職後にMOS資格取得をオススメする3つの理由
書き間違えは恥ずかしい!MOSの履歴書表記パソコン講師が教えます
MOSを取得したらどんな就職・求人があるのか?
MOS受験は求職活動になるのか?

 

【MOS試験の概要】

MOS受験者IDのアカウントの作り方!
試験日の注意点は?
MOS2016試験概要:2010・2013との違いを解説
MOSは意味ない?さて世間のうわさの真相は?
「MOSマスター」とは?
MOS世界学生大会とは?

【MOS受験の疑問解決】

MOSの受験料が高い!安く済ませる方法はないの?
MOSの受験料はどこで払う?振込方法など解説
MOS随時試験がお勧めの理由
MOS試験会場の雰囲気はどんな雰囲気?
今年のMOSの試験日程はいつ?